houko.com 

港湾労働法施行令

【目次】
  昭和六三年一二月一三日政令第三三五号==
改正平成 四年一二月一一日政令第三七六号--
改正平成 八年 七月一九日政令第二二二号--
改正平成一二年 六月 七日政令第三〇九号--(施行=平13年1月6日)
改正平成一二年 八月一一日政令第四〇六号--
改正平成一三年 八月一〇日政令第二七二号--
改正平成一三年一一月 七日政令第三四六号--
改正平成一三年一一月一六日政令第三五二号--
改正平成一三年一二月二八日政令第四三四号--
改正平成一七年 九月三〇日政令第三一四号--
改正平成一九年一一月二八日政令第三四五号--(施行=平19年12月1日)
改正平成二〇年 四月二五日政令第一五一号--(施行=平20年7月1日)
改正平成二四年 八月一〇日政令第二一一号--(施行=平24年10月1日)
改正平成二八年 三月三一日政令第一四〇号--(施行=平28年3月31日)
(法第二条第一号の港湾及びその水域)
第一条 港湾労働法(以下「法」という。)第二条第一号の政令で指定する港湾は、別表の上欄に掲げる港湾とし、当該港湾に係る同号の政令で定める区域は、それぞれ同表の下欄に掲げる区域とする。
(法第二条第二号ロの政令で定める行為)
第二条 法第二条第二号ロの政令で定める行為は、他人の需要に応じて行う次に掲げる行為とする。
一 船舶に積み込まれた貨物の位置の固定若しくは積載場所の区画又は船積貨物の荷造り若しくは荷直し
二 法第二条第二号イに規定する行為に先行し、又は後続する船倉の清掃
三 船舶若しくははしけにより若しくはいかだに組んで運送された貨物の別表の上欄に掲げる港湾の水域の沿岸からおおむね五百メートル(東京及び大阪の港湾にあつては二百メートル)の範囲内において厚生労働大臣が指定した区域内にある倉庫(船舶若しくははしけにより又はいかだに組んでする運送に係る貨物以外の貨物のみを通常取り扱うものを除く。以下「港湾倉庫」という。)への搬入(上屋その他の荷さばき場から搬出された貨物の搬入であつて、港湾運送事業法(昭和二十六年法律第百六十一号)第二条第三項に規定する港湾運送関連事業のうち同項第一号に掲げる行為に係るもの若しくは同法第三条第一号から第四号までに掲げる事業又は倉庫業法(昭和三十一年法律第百二十一号)第二条第二項に規定する倉庫業のうち港湾倉庫に係るものを営む者(以下「港湾運送関係事業者」という。)以外の者が行うものを除く。)、船舶若しくははしけにより若しくはいかだに組んで運送されるべき貨物の港湾倉庫からの搬出(上屋その他の荷さばき場に搬入すべき貨物の搬出であつて、港湾運送関係事業者以外の者が行うものを除く。)又は貨物の港湾倉庫における荷さばき。ただし、冷蔵倉庫の場合にあつては、貨物の当該倉庫に附属する荷さばき場から冷蔵室への搬入、冷蔵室から当該倉庫に附属する荷さばき場への搬出及び冷蔵室における荷さばきを除く。
四 道路運送車両法(昭和二十六年法律第百八十五号)第二条第一項に規定する道路運送車両若しくは鉄道(軌道を含む。)(以下「車両等」という。)により運送された貨物の港湾倉庫若しくは上屋その他の荷さばき場への搬入(港湾運送関係事業者以外の者が行う当該貨物の搬入を除く。)又は車両等により運送されるべき貨物の港湾倉庫若しくは上屋その他の荷さばき場からの搬出(港湾運送関係事業者以外の者が行う当該貨物の搬出を除く。)。ただし、冷蔵倉庫の場合にあつては、貨物の当該倉庫に附属する荷さばき場から冷蔵室への搬入及び冷蔵室から当該倉庫に附属する荷さばき場への搬出を除く。
(法第十三条第一号の政令で定める労働に関する法律の規定)
第三条 法第十三条第一号(法第十七条第五項及び第十八条第二項において準用する場合を含む。)の労働に関する法律の規定であつて政令で定めるものは、次のとおりとする。
一 労働基準法(昭和二十二年法律第四十九号)第百十七条第百十八条第一項(同法第六条及び第五十六条に係る部分に限る。)、第百十九条(同法第十六条第十七条第十八条第一項及び第三十七条に係る部分に限る。)及び第百二十条(同法第十八条第七項及び第二十三条から第二十七条までに係る部分に限る。)の規定並びにこれらの規定に係る同法第百二十一条の規定(これらの規定が労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律(昭和六十年法律第八十八号。第九号において「労働者派遣法」という。)第四十四条(第四項を除く。)の規定により適用される場合を含む。)
二 職業安定法(昭和二十二年法律第百四十一号)第六十三条第六十四条第六十五条(第一号を除く。)及び第六十六条の規定並びにこれらの規定に係る同法第六十七条の規定
三 最低賃金法(昭和三十四年法律第百三十七号)第四十条の規定及び同条の規定に係る同法第四十二条の規定
四 建設労働者の雇用の改善等に関する法律(昭和五十一年法律第三十三号)第四十九条、第五十条及び第五十一条(第二号及び第三号を除く。)の規定並びにこれらの規定に係る同法第五十二条の規定
五 賃金の支払の確保等に関する法律(昭和五十一年法律第三十四号)第十八条の規定及び同条の規定に係る同法第二十条の規定
六 中小企業における労働力の確保及び良好な雇用の機会の創出のための雇用管理の改善の促進に関する法律(平成三年法律第五十七号)第十九条第二十条及び第二十一条(第一号に係る部分に限る。)の規定並びにこれらの規定に係る同法第二十二条の規定
七 育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律(平成三年法律第七十六号)第六十二条から第六十五条までの規定
八 林業労働力の確保の促進に関する法律(平成八年法律第四十五号)第三十二条第三十三条及び第三十四条(第一号に係る部分に限る。)の規定並びにこれらの規定に係る同法第三十五条の規定
九 労働者派遣法第四十四条第四項の規定により適用される労働基準法第百十八条第百十九条及び第百二十一条の規定並びに労働者派遣法第四十五条第七項の規定により適用される労働安全衛生法(昭和四十七年法律第五十七号)第百十九条及び第百二十二条の規定
《改正》平13政352
《改正》平17政314
《改正》平20政151
《改正》平24政211
《改正》平28政140
附 則
(施行期日)
第一条 この政令は、昭和六十四年一月一日から施行する。
(港湾労働法施行令の廃止)
第二条 港湾労働法施行令(昭和四十年政令第三百六十一号)は、廃止する。
(法附則第十二条第一項の政令で定める日)
第三条 法附則第十二条第一項の政令で定める日は、昭和六十四年六月三十日とする。
(法附則第十二条第二項の報告)
第四条 法附則第十二条第二項の規定により雇用促進事業団が行わなければならない報告は、労働省令で定める様式に従い、労働省令で定める書類を添えて、昭和六十四年一月十日までに行うものとする。
 法附則第十二条第二項の政令で定める事項は、次のとおりとする。
一 法附則第二条の規定による廃止前の港湾労働法(昭和四十年法律第百二十号。以下「旧法」という。)第五十一条に規定する特別の会計(以下「特別の会計」という。)に係る昭和六十三年末における収支の状況
二 旧法第五十一条の規定がなおその効力を有することとした場合に特別の会計において経理すべきこととなる昭和六十四年一月一日から三月三十一日までの間における収入及び支出の見込み
別 表(第一条、第二条関係)

港湾区域
東京東京灯標(北緯三十五度三十三分五十八秒東経百三十九度四十九分四十一秒)から二十五度三十分九千二百八十メートルの地点から百九十九度五千三百七十メートルの地点まで引いた線、同地点から百九十度一万六百十メートルの地点(以下「A地点」という。)まで引いた線、A地点から多摩川の河口における東京都と神奈川県との境界に当たる地点(以下「B地点」という。)まで引いた線及び陸岸により囲まれた海面、荒川口左岸突端から旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律の一部を改正する法律(平成十三年法律第六十一号)による改正前の旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律(昭和六十一年法律第八十八号)により設立された東日本旅客鉄道株式会社(以下「東日本旅客会社」という。)総武本線荒川橋りように至る同川左岸の線、同橋りようから東日本旅客会社の総武本線、東北本線及び東海道本線に沿つて同線多摩川橋りように至る線、同橋りようから多摩川口左岸突端に至る同川左岸の線並びに陸岸により囲まれた区域内にある河川(荒川、旧中川及び隅田川を除く。)及び運河の水面、荒川東日本旅客会社常磐線荒川橋りよう及び隅田川東日本旅客会社常磐線隅田川橋りよう各下流の河川水面並びに旧中川水面並びに多摩川多摩川大橋下流の東京都の区域内の河川水面
横浜B地点からA地点まで引いた線、A地点から二百三十三度九千三百六十メートルの地点まで引いた線、同地点から二百十九度六千メートルの地点まで引いた線、同地点から二百四度七千二百三十メートルの地点まで引いた線、同地点から二百二十六度三十分千四百五十メートルの地点まで引いた線、同地点から神奈川県横須賀市夏島町北端(北緯三十五度十九分四十九秒東経百三十九度三十八分二十七秒)まで引いた線及び陸岸により囲まれた海面、多摩川口右岸突端から東日本旅客会社東海道本線多摩川橋りように至る同川右岸の線、同橋りようから東日本旅客会社の東海道本線及び根岸線に沿つて同線中村川橋りように至る線、同橋りよう、同橋りようから堀川口右岸突端に至る中村川及び堀川右岸の線並びに陸岸により囲まれた区域内にある河川(帷子川及び中村川を除く。)及び運河の水面、帷子川平沼橋及び中村川亀の橋各下流の河川水面並びに多摩川多摩川大橋下流の神奈川県の区域内の河川水面
名古屋港則法施行令(昭和四十年政令第二百十九号)に規定する名古屋港の区域
大阪大阪北港北灯台(北緯三十四度四十分二十四秒東経百三十五度二十四分九秒)から十度二千七百六十メートルの地点から二百十四度七千メートルの地点まで引いた線、同地点から二百十八度三十分四千七百五十メートルの地点まで引いた線、同地点から百五十一度三十分四百二十メートルの地点まで引いた線、同地点から二百十四度五千九百九十メートルの地点まで引いた線、同地点から百三十度に引いた線及び陸岸により囲まれた海面、左門殿川辰巳橋及び中島川中島出来島橋各下流の大阪市の区域内の河川水面、東経百三十五度二十七分三十八秒の線から下流の大和川水面、神崎川出来島大橋、淀川淀川大橋及び旧淀川渡辺橋各下流の河川水面、正蓮寺川、六軒家川、木津川及び尻無川の各水面、土佐堀川肥後橋及び道頓堀川深里橋各下流の河川水面、住吉川住之江大橋、内川放水路古川橋及び内川堅川橋各下流の河川水面並びに西島川、島屋北入堀、桜島入堀、安治川内港、三十間堀川、天保山運河、大正内港、福町堀、三軒家川及び木津川運河の各水面
神戸神戸第七防波堤東灯台(北緯三十四度四十分三十四秒東経百三十五度十七分四十五秒)から十度四千八百メートルの地点から百七十五度九千八百七十メートルの地点まで引いた線、同地点から二百五十九度一万千九百四十メートルの地点まで引いた線、同地点から三百一度五千四百三十メートルの地点まで引いた線、同地点から二百七十度に引いた線及び陸岸により囲まれた海面、高橋川高橋川橋、新湊川駒栄橋及び妙法寺川古川橋各下流の河川水面並びに新川運河及び兵庫運河の各運河水面
関門港則法施行令に規定する関門港の区域(根岳山頂から太郎ヶ瀬鼻まで引いた線、彦島閘門及び陸岸により囲まれた海面を除く。)