houko.com 

国民年金法施行令の一部を改正する政令

  昭和61・12・12・政令370号  


内閣は、国民年金法(昭和34年法律第141号)第3条第2項の規定に基づき、この政令を制定する。
国民年金法施行令(昭和34年政令第184号)の一部を次のように改正する。

第1条第1号イ中
「次条第3号イ」を「次号イ」に改め、
同号ロ中
「次号イ」を「次号ハ」に改め、
同号ハ中
「次号ロ」を「次号ニ」に改め、
同条第2号中
ホをトとし、
ニをヘとし、
ハをホとし、
ロをニとし、
同号イ中
「国民年金法等の一部を改正する法律(昭和60年法律第34号。以下「昭和60年改正法」という。)」を「昭和60年改正法」に改め、
同号イを同号ハとし、
同号ハの前に次のように加える。
イ 法第7条第1項第2号に規定する第2号被保険者(以下単に「第2号被保険者」という。)としての被保険者期間(昭和61年4月1日前の期間に係る国民年金法等の一部を改正する法律(昭和60年法律第34号。以下「昭和60年改正法」という。)附則第8条第2項各号に掲げる期間を含む。)を有していない者に支給する老齢基礎年金(昭和60年改正法附則第15条第1項又は第2項の規定により支給するものを除く。)
ロ 法附則第9条の3の規定による老齢年金

第1条第3号中
「前号イ」を「前号ハ」に、
「同号イ」を「同号ハ」に改め、
同条第5号中
「第2号ロ」を「第2号ニ」に改め、
同条第6号中
「第2号イからハまで」を「第2号ハからホまで」に改め、
同条第7号中
「第2号イからハまで」を「第2号イからホまで」に改め、
同条第9号中
「(旧法による老齢年金(老齢福祉年金(老齢特別給付金を含む。以下同じ。)を除く。以下同じ。)又は通算老齢年金を受ける権利の裁定を除く。)」を削り、
同条第11号中
「並びに旧法による老齢年金及び通算老齢年金」を削り、
同条第12号中
「旧法による老齢年金」の下に「(老齢福祉年金(老齢特別給付金を含む。以下同じ。)を除く。次条第10号において同じ。)」を加える。

第2条第3号中
「次に」を「前条第2号に」に改め、
イからハまでを削り、
同条第4号中
「前条第2号イ」を「前条第2号ハ」に改め、
同条第6号及び第7号中
「前条第2号イからハまで」を「前条第2号ハからホまで」に改める。

第3条第5項中
「第2条第3号イ」を「同条第2号イ」に改める。
附 則
 
 この政令は、昭和62年2月1日から施行する。
 
 改正後の国民年金法施行令第1条第2号イ若しくはロに掲げる給付又は同条第12号に規定する老齢年金若しくは通算老齢年金を受ける権利の裁定(その請求がこの政令の施行前に行われたものに限る。)に関する事務及び当該裁定に伴う当該給付に関する証書の作成に関する事務については、なお従前の例による。
 
 厚生省組織令(昭和27年政令第388号)の一部を次のように改正する。
第132条中
「第1条第2号」の下に「ハからトまで」を加える。

houko.com