houko.com 

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律施行令の一部を改正する政令

  昭和61・7・11・政令256号  


内閣は、労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律(昭和60年法律第88号)第4条第1項及び第55条の規定に基づき、この政令を制定する。
労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律施行令(昭和61年政令第95号)の一部を次のように改正する。

第2条第1号の次に次の3号を加える。
1の2.機械、装置若しくは器具(これらの部品を含む。以下この号において「機械等」という。)又は機械等により構成される設備の設計又は製図(現図製作を含む。)の業務
1の3.映像機器、音声機器等の機器であつて、放送番組等(放送法(昭和25年法律第132号)第2条第1号に規定する放送、有線ラジオ放送業務の運用の規正に関する法律(昭和26年法律第135号)第2条に規定する有線ラジオ放送及び有線テレビジョン放送法(昭和47年法律第114号)第2条第1項に規定する有線テレビジョン放送の放送番組その他影像又は音声その他の音響により構成される作品であつて録画され、又は録音されているものをいう。次号において同じ。)の制作のために使用されるものの操作の業務
1の4.放送番組等の制作における演出の業務(一の放送番組等の全体的形成に係るものを除く。)
附 則
 
 この政令は、昭和61年10月1日から施行する。
 
 この政令の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

houko.com