houko.com 

警備業法施行令の一部を改正する政令

  昭和61・7・1・政令250号  


内閣は、警備業法(昭和47年法律第117号)第16条の2及び第17条の規定に基づき、この政令を制定する。
警備業法施行令(昭和57年政令第308号)の一部を次のように改正する。

第1条の表第1号中
「12,000円」を「15,000円」に改め、
同表第2号中
「1,000円」を「1,300円」に改め、
同表第3号中
「12,000円」を「15,000円」に改め、
同表第7号中
「26,000円」を「30,000円」に改め、
同号を同表第8号とし、
同第6号中
「5,000円」を「6,400円」に改め、
同号を同表第7号とし、
同表第5号中
「30,000円」を「31,000円」に改め、
同号を同表第6号とし、
同表第4号中
「5,000円」を「6,400円」に改め、
同号を同表第5号とし、
同表第3号の次に次の1号を加える。
四 法第11条の2の検定を受けようとする者16,000円を超えない範囲内において国家公安委員会規則で定める額

第2条第1項中
第4号を第5号とし、
第3号を第4号とし、
第2号を第3号とし、
第1号の次に次の1号を加える。
2.法第11条の2に規定する検定に関する事務
附 則

この政令は、公布の日から施行する。

houko.com