houko.com 

公職選挙法施行令の一部を改正する政令

  昭和61・3・31・政令 69号  


内閣は、公職選挙法(昭和25年法律第100号)第49条、第141条第5項及び第142条第8項の規定に基づき、この政令を制定する。
公職選挙法施行令(昭和25年政令第89号)の一部を次のように改正する。

第50条第2項中
「身体障害者療護施設」の下に「、身体障害者福祉ホーム」を加える。

第59条の2第1号中
「、両下肢(し)」を「、両下肢」に、
「若しくは呼吸器の障害(以下」を「、呼吸器若しくはぼうこう若しくは直腸の障害若しくは移動機能の障害(以下」に、
「両下肢(し)等」を「両下肢等」に改め、
「体幹の障害」の下に「若しくは移動機能の障害」を加え、
「若しくは呼吸器の障害に」を「、呼吸器若しくはぼうこう若しくは直腸の障害に」に改め、
同条第2号中
「両下肢(し)等」を「両下肢等」に、
「両下肢(し)若しくは」を「両下肢若しくは」に改める。

第109条の4第2項第2号ハ中
「8000円」を「1万円」に改める。

第109条の7第2項第1号中
「4円」を「5円」に改め、
同項第2号中
「20万円」を「25万円」に、
「2円67銭」を「3円34銭」に改め、
同条第3項中
「4円」を「5円」に改める。
附 則
 
 この政令は、公布の日から施行する。ただし、第59条の2の改正規定は、昭和61年5月1日から施行する。
 
 改正後の公職選挙法施行令(以下「新令」という。)第50条第2項、第109条の4第2項並びに第109条の7第2項及び第3項の規定は、この政令の施行の日(以下「施行日」という。)以後その期日を公示され又は告示される選挙(昭和58年6月3日前にその期日を告示された選挙に係る再選挙及び補欠選挙を除く。)について適用し、施行日前にその期日を公示され又は告示された選挙については、なお従前の例による。
 
 新令第59条の2の規定は、昭和61年5月1日以後その期日を公示され又は告示される選挙(昭和58年6月3日前にその期日を告示された選挙に係る再選挙及び補欠選挙を除く。)について適用し、昭和61年5月1日前にその期日を公示され又は告示された選挙については、なお従前の例による。
 
 昭和58年6月3日前にその期日を告示された選挙に係る再選挙及び補欠選挙(施行日前にその期日を告示された選挙を除く。)について公職選挙法施行令等の一部を改正する政令(昭和58年政令第16号)附則第1条第3項の規定によりなお効力を有することとされる同令による改正前の公職選挙法施行令(以下「昭和58年改正前の施行令」という。)第50条第2項の規定を適用する場合においては、同項中「身体障害者療護施設」とあるのは、「身体障害者療護施設、身体障害者福祉ホーム」とする。
 
 昭和58年6月3日前にその期日を告示された選挙に係る再選挙及び補欠選挙(昭和61年5月1日前にその期日を告示された選挙を除く。)について昭和58年改正前の施行令第59条の2の規定を適用する場合においては、同条第1号中「若しくは呼吸器の障害(以下」とあるのは「、呼吸器若しくはぼうこう若しくは直腸の障害若しくは移動機能の障害(以下」と、「体幹の障害」とあるのは「体幹の障害若しくは移動機能の障害」と、「若しくは呼吸器の障害に」とあるのは「、呼吸器若しくはぼうこう若しくは直腸の障害に」とする。

houko.com