houko.com 

水質汚濁防止法施行令の一部を改正する政令

  昭和60・5・17・政令123号  


内閣は、水質汚濁防止法(昭和45年法律第138号)第2条第2項第2号及び第24条第3項の規定に基づき、並びに同法を実施するため、この政令を制定する。
水質汚濁防止法施行令(昭和46年政令第188号)の一部を次のように改正する。

第3条に次の1号を加える。
13.窒素又は燐の含有量(湖沼植物プランクトンの著しい増殖をもたらすおそれがある場合として総理府令で定める場合におけるものに限る。)

第3条に次の1項を加える。
 環境庁長官は、前項第13号の総理府令の制定又は改廃の立案をしようとするときは、関係行政機関の長に協議しなければならない。

第9条の見出し並びに同条第1号及び第4号中
「行なう」を「行う」に改め、
同条第5号中
「かんがい排水用水路」を「農業用用排水施設」に、
「行なう」を「行う」に改める。
附 則

この政令は、公布の日から施行する。

houko.com