houko.com 

獣医師法関係手数料令

  昭和59・5・15・政令136号==
改正昭和62・3・25・政令 60号−−(施行=昭62年4月1日)
改正平成元・3・22・政令 58号−−(施行=平元年4月1日)
改正平成3・3・19・政令 40号−−(施行=平3年4月1日)
廃止平成4・8・7・政令273号−−(施行=平4年9月1日)


内閣は、獣医師法(昭和24年法律第186号)第3条及び第15条の規定に基づき、この政令を制定する。
 
 獣医師法第3条の規定により免許を受けようとする者が納めなければならない手数料の額は、1,250円とする。
《改正》昭62政060
《改正》平3政040
 
 獣医師法第15条の規定により獣医師国家試験を受けようとする者が納めなければならない手数料の額は、7,200円とする。
《改正》昭62政060
《改正》平元政058
《改正》平3政040
附 則

この政令は、各種手数料等の額の改定及び規定の合理化に関する法律(昭和59年法律第23号)の施行の日(昭和59年5月21日)から施行する。

houko.com