houko.com 

国民年金法施行令の一部を改正する政令

  昭和49・3・29・政令 71号  


内閣は、国民年金法(昭和34年法律第141号)第93条第5項並びに厚生年金保険法等の一部を改正する法律(昭和48年法律第92号)附則第14条第2項及び附則別表第1号イの規定に基づき、この政令を制定する。
国民年金法施行令(昭和34年政令第184号)の一部を次のように改正する。

第8条の次に次の1条を加える。
(前納保険料の充当)
第8条の2 法第93条第1項の規定により保険料が前納された後、前納に係る期間の経過前において保険料の額の引上げが行われることとなつた場合においては、前納された保険料のうち当該保険料の額の引上げが行われることとなつた後の期間に係るものは、当該期間の各月につき納付すべきこととなる保険料に、先に到来する月の分から順次充当するものとする。

第15条を次のように改める。
(法律第92号附則別表第1号イの政令で定める額)
第15条 法律第92号附則別表第1号イに規定する政令で定める額は、同号ロに掲げる額に0.18を乗じて得た額とする。

第15条の次に次の1条を加える。
(法律第92号附則第14条第2項の経過措置)
第16条 法第85条第1項の規定により国庫が昭和48年度において負担すべき額は、同項の規定にかかわらず、次に掲げる額の合算額とする。
1.法律第92号による改正前の法第85条第1項中「当該年度」とあるのを「昭和48年4月1日から同年12月31日までの間」と読み替えて同項の規定により算定した額
2.法律第92号附則第14条第1項の規定により読み替えて適用される法第85条第1項及び法律第92号附則別表中「当該年度」とあるのを「昭和49年1月1日から同年3月31日までの間」と読み替えて同項の規定により算定した額
 昭和49年度以降の年度における法律第92号附則第14条第1項の規定により読み替えて適用される法第85条第1項の規定による国庫の負担については、次に掲げる額の合算額を控除することによりその負担額を調整するものとする。
1.昭和36年度から昭和48年度までの各年度において法第85条第1項の規定により国庫が負担した額から法律第92号附則第14条第1項の規定により読み替えて適用される法第85条第1項の規定が当該各年度において適用されていたとするならば当該各年度において同項の規定により国庫が負担することとなる額(同項第3号に規定する老齢年金のうち同号ロに掲げる額の3分の1に相当する部分の給付に要する費用(昭和48年度においては、昭和48年4月1日から同年12月31日までの間に係るものに限る。)の総額に相当する額を控除するものとする。)を控除した額(次号において「控除額」という。)の合算額
2.控除額に係る運用収入に相当する額の合算額
附 則

この政令は、公布の日から施行し、改正後の第8条の2の規定は、昭和49年1月1日以後に前納された保険料について適用する。

houko.com