houko.com 

道路交通法施行令の一部を改正する政令

  昭和46・6・18・政令195号  
内閣は、道路交通法(昭和35年法律第105号)第9条第2項及び第3項、第14条第2項、第71条の2第1項並びに第110条の2第2項の規定に基づき、この政令を制定する。
道路交通法施行令(昭和35年政令第270号)の一部を次のように改正する。

第7条第2項中
「第9条第2項後段」を「第9条第3項」に改め、
同条第3項中
「第9条第2項」の下に「又は第3項」を加える。

第8条の2中
「身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)別表第2号に掲げる平衡機能の障害で、永続するもの及び同表第4号に掲げる肢体不自由(上肢に係るものを除く。)」を「道路の通行に著しい支障がある程度の肢体不自由、視覚障害、聴覚障害及び平衡機能障害」に改める。

第27条中
「高速自動車国道(高速自動車国道法(昭和32年法律第79号)第4条第1項に規定する道路をいう。)及び自動車専用道路(道路法(昭和27年法律第180号)第48条の4第1項に規定する自動車専用道路をいう。)である区間」を「当該自動二輪車について40キロメートル毎時以上の最高速度が定められている道路の区間」に改める。

第42条の次に次の1条を加える。
(特定の交通の規制に関する意見の聴取)
第42条の2 法第110条の2第2項の政令で定める者は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第252条の19第1項の規定により指定する市の市長とする。
附 則
この政令は、昭和46年6月24日から施行する。ただし、第27条の改正規定は、昭和47年5月1日から施行する。