houko.com 

銃砲刀剣類所持等取締法施行令の一部を改正する政令

  昭和46・4・20・政令131号  
内閣は、銃砲刀剣類所持等取締法(昭和33年法律第6号)第4条第1項及び第4項、第5条の2第3項並びに第10条の6の規定に基づき、この政令を制定する。
銃砲刀剣類所持等取締法施行令(昭和33年政令第33号)の一部を次のように改正する。

第2条第1項に次の1号を加える。
5.アジア射撃競技選手権大会

第4条(見出しを含む。)中
「けん銃」の下に「又は空気けん銃」を加える。

第5条の6を第5条の7とし、
第5条の5を第5条の6とし、
第5条の4を第5条の5とし、
第5条の3の次に次の1条を加える。
(ライフル射撃競技等)
第5条の4 法第5条の2第3項第2号の政令で定めるライフル射撃競技は、日本体育協会又はその加盟競技団体が主催して行なう運動競技会のライフル射撃競技とする。
 法第5条の2第3項第2号の政令で定める者は、日本体育協会とする。

第7条の2中
「第10条の5」を「第10条の6」に改める。
附 則
この政令は、銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律(昭和46年法律第48号)の施行の日(昭和46年5月20日)から施行する。