houko.com 

船員労働委員会に置く船員職業安定部会等に関する政令

  昭和45・5・20・政令129号==
改正平成12・6・7・政令312号--(施行=平13年1月6日)
改正平成16・11・25・政令368号--
廃止平成20・7・18・政令231号--(施行=平20年10月1日)
内閣は、船員職業安定法(昭和23年法律第130号)第57条第5項の規定に基づき、この政令を制定する。
(船員職業安定部会)
第1条 船員労働委員会は、船員職業安定法第55条第5項並びに第95条第1項及び第2項の規定による所掌事務を行なわせるため、その定めるところにより、船員職業安定部会(以下「部会」という。)を置くことができる。
《改正》平16政368
 部会は、船員労働委員会の会長が指名するそれぞれ同数の使用者委員、労働者委員及び公益委員で組織する。
(部会長)
第2条 部会に、前条第2項の規定により指名された委員(以下「部会委員」という。)で公益委員であるもののうちから部会委員の選挙による部会長を置く。
 部会長は、部会の事務を掌理する。
 部会長に事故があるときは、部会委員で公益委員であるもののうちから部会長があらかじめ指名する者が、その職務を代理する。
(専門委員)
第3条 船員職業安定法第55条第5項並びに第95条第1項及び第2項の規定による所掌事務に関し専門の事項を調査審議させるため、船員中央労働委員会にあつては6人又は3人の、船員地方労働委員会にあつては3人の専門委員を置くことができる。
《改正》平16政368
 専門委員は、船員の職業安定に関し学識経験のある者のうちから国土交通大臣が任命する。この場合において、船舶所有者の団体が推薦する者及び船員の労働組合が推薦する者のうちから、船員中央労働委員会にあつてはそれぞれ2人又は1人の、船員地方労働委員会にあつてはそれぞれ1人の専門委員を任命するものとする。
 専門委員は、非常勤とする。
 第1条第1項の規定により船員労働委員会に部会が置かれたときは、専門委員は部会に所属する。
附 則
この政令は、公布の日から施行する。