houko.com 

食品衛生法施行令の一部を改正する政令

  昭和44・7・15・政令191号  
内閣は、食品衛生法(昭和22年法律第233号)第14条第2項、第19条第3項、第19条の2第1項、第20条及び第29条の2の規定に基づき、この政令を制定する。
食品衛生法施行令(昭和28年政令第229号)の一部を次のように改正する。
第1条中
「行う」を「行なう」に改め、
同条各号を次のように改める。
1.厚生大臣が行なうもの
タール色素
2.都道府県知事が行なうもの
かんすい(中華そばの製造に用いられるアルカリ剤)
希釈過酸化ベンゾイル
サツカリンナトリウム及びその製剤
タール色素の製剤
硫酸カルシウム及びその製剤(硫酸カルシウム50パーセント以下を含有するものを除く。)

第3条中
「左の」を「次の」に、
「行わせる」を「行なわせる」に改め、
同条の表中
「及び第19号から第28号まで」を「、第16号、第19号から第28号まで及び第30号」に改め、
「並びに添加物の製造業及び販売業」を削り、
「第16号から第18号まで」を「第17号及び第18号」に改め、
「食品」の下に「又は添加物」を加える。

第4条の2中
「及び化学的合成品たる添加物」を「、魚肉ハム、魚肉ソーセージ、食用油脂(脱色又は脱臭の過程を経て製造されるものに限る。)、マーガリン、シヨートニング及び添加物(法第7条第1項の規定により規格が定められたものに限る。)」に改める。

第5条第1号中
「仕出し屋」の下に「、弁当屋」を加え、
同条第16号を次のように改める。
16.乳酸菌飲料製造業

第5条第19号及び第20号を次のように改める。
19.食用油脂製造業
20.マーガリン又はシヨートニング製造業

第5条第28号を次のように改める。
28.そうざい製造業(通常副食物として供される煮物(つくだ煮を含む。)、焼物(いため物を含む。)、揚物、蒸し物、酢の物又はあえ物を製造する営業をいい、第10号、第13号又は第25号に該当する営業を除く。)

第5条に次の1号を加える。
30.添加物製造業(法第7条第1項の規定により規格が定められた添加物を製造する営業をいう。)

第8条(見出しを含む。)中
「但書」を「ただし書」に、
「、同条第3号」を「並びに同条第3号」に、
「第17号まで、第19号から第27号まで及び第29号」を「第15号まで、第17号及び第19号から第30号まで」に改める。
附 則
 この政令は、昭和45年1月1日から施行する。ただし、第4条の2の改正規定は、同年4月1日から施行する。
 この政令の施行前の製造に係るサツカリンナトリウムの製剤であつてサツカリンナトリウムを主要成分としないもの及びタール色素の製剤であつてタール色素を主要成分としないものは、改正後の第1条第2号の規定にかかわらず、昭和45年6月30日までは、食品衛生法第14条第1項の規定による製品検査を行なうべき添加物としない。
 地方公共団体手数料令(昭和30年政令第330号)の一部を次のように改正する。
第1条第1項第39号中
「タール色素を主要成分とする製剤」を「タール色素の製剤」に改め、
同号の次に次の1号を加える。
三十九の二 食品衛生法第14条及び食品衛生法施行令第1条第2号の規定に基づく希釈過酸化ベンゾイル又はサツカリンナトリウムの製品検査希釈過酸化ベンゾイル等製品検査手数料3500円

第1条第1項第58号中
「氷雪採取業」を「乳酸菌飲料製造業」に、
「氷雪採取業許可申請手数料 2000円」を「乳酸菌飲料製造業許可申請手数料 1500円」に改め、
同項第61号中
「煮豆又はつくだ煮製造業」を「食用油脂製造業」に、
「煮豆又はつくだ煮製造業許可申請手数料」を「食用油脂製造業許可申請手数料」に改め、
同項第62号中
「マーガリン製造業」を「マーガリン又はシヨートニング製造業」に、
「マーガリン製造業許可申請手数料」を「マーガリン又はシヨートニング製造業許可申請手数料」に改め、
同項第70号中
「乳酸菌飲料製造業」を「そうざい製造業」に、
「乳酸菌飲料製造業許可申請手数料 1500円」を「そうざい製造業許可申請手数料 3000円」に改め、
同項中
第71号の5を第71号の6とし、
第71号の2から第71号の4までを1号ずつ繰り下げ、
第71号の次に次の1号を加える。
七十一の二 食品衛生法第21条第1項及び食品衛生法施行令第5条の規定に基づく添加物製造業の許可の申請に対する審査添加物製造業許可申請手数料3000円