houko.com 

食品衛生法施行令の一部を改正する政令

  昭和42・10・2・政令324号  
内閣は、食品衛生法(昭和22年法律第233号)第19条の2第1項、第20条及び第29条の2の規定に基づき、この政令を制定する。
食品衛生法施行令(昭和28年政令第229号)の一部を次のように改正する。
第4条の2中
「調整粉乳」の下に「、食肉製品(ハム、ソーセージ、ベーコンその他これらに類するものをいう。)」を加える。

第5条第8号の2の次に次の1号を加える。
八の三 食肉処理業(食用に供する目的で鳥若しくはと畜場法(昭和28年法律第114号)第2条第1項に規定する獣畜以外の獣畜をと殺し、若しくは解体し、又は解体された鳥獣の肉、内臓等を分割し、若しくは細切する営業をいう。)

第8条中
「第7号まで」の下に「、第8号の3」を加える。
附 則
(施行期日)
 この政令は、昭和43年2月1日から施行する。ただし、第4条の2の改正規定は、同年4月1日から施行する。
(地方公共団体手数料令の一部改正)
 地方公共団体手数料令(昭和30年政令第330号)の一部を次のように改正する。
第1条第1項第50号の次に次の1号を加える。
五十の二 食品衛生法第21条第1項及び食品衛生法施行令第5条の規定に基づく食肉処理業の許可の申請に対する審査
食肉処理業許可申請手数料3000円