houko.com 

毒物及び劇物取締法施行令の一部を改正する政令

  昭和42・1・31・政令  8号  
内閣は、毒物及び劇物取締法(昭和25年法律第303号)第3条の2第3項及び第9項、第13条並びに第16条の規定に基づき、この政令を制定する。
毒物及び劇物取締法施行令(昭和30年政令第261号)の一部を次のように改正する。
第11条第1号中
「300町歩」を「300ヘクタール」に改める。

第12条第1号を次のように改める。
一 モノフルオール酢酸の塩類の含有割合が2パーセント以下であり、かつ、その製剤が固体状のものであるときは、薬事法(昭和35年法律第145号)に規定する日本薬局方で定める基準に適合するトウガラシ末が0.5パーセント以上の割合で混入され、その製剤が液体状のものであるときは、同法に規定する日本薬局方で定める基準に適合するトウガラシチンキを5分の1に濃縮したものが1パーセント以上の割合で混入されていること。

第13条第2号中
「製剤を」の下に「えさとして用い、又はこれを」を加え、
同条第3号中
「水溶液」を「液体」に改める。

第39条中
第8号を第9号とし、
第1号から第7号までを1号ずつ繰り下げ、
同条に第1号として次のように加える。
一 酢酸タリウムを含有する製剤
附 則
この政令は、公布の日から施行する。