houko.com 

公職選挙法施行令の一部を改正する政令

  昭和40・4・30・政令136号  
内閣は、公職選挙法(昭和25年法律第100号)第30条第2項、第269条及び第272条第1項の規定に基づき、この政令を制定する。
公職選挙法施行令(昭和25年政令第89号)の一部を次のように改正する。
目次中
「第129条の7」を「第129条の8」に改める。

第18条の2の見出し中
「等」を削り、
同条第3項及び第4項を削る。

第18条の3を削り、
第18条の4中
「又は申請」を削り、
同条を第18条の3とする。第21条第1項中
「並びに申請の方法及び期間」を削る。

第111条中
「若しくは街頭演説」を削る。

第12章の3中
第29条の7の次に次の1条を加える。
(立札及び看板の類の撤去)
第129条の8 法第201条の5第1項第5号(法第201条の7第1項において準用する場合を含む。)、法第201条の6第1項第5号(法第201条の7第2項において準用する場合を含む。)及び法第201条の8第1項第5号に規定する立札及び看板の類を掲示した者は、法第14章の3の規定により使用される自動車を政策の普及宣伝及び演説の告知のために使用することをやめたとき、又は政談演説会が終了した場合においては、直ちにこれらを撤去しなければならない。

第141条の2第1項中
「並びに法第175条の2」を「、法第175条の2並びに法第270条の2ただし書」に改める。

第145条中
「、補充選挙人名簿登録申請書」を削る。
附 則
(施行期日)
 この政令は、昭和40年5月1日から施行する。
(適用区分)
 この政令による改正後の公職選挙法施行令第111条及び第129条の8の規定は、衆議院議員の選挙については昭和40年5月1日以後はじめて行なわれる総選挙から、参議院議員の選挙については同日以後はじめて行なわれる通常選挙から適用し、同日以後はじめて行なわれる衆議院議員の総選挙の期日の公示の日の前日までにその選挙の期日を告示された衆議院議員の選挙及び同年5月1日以後はじめて行なわれる参議院議員の通常選挙の期日の公示の日の前日までにその選挙の期日を告示された参議院議員の選挙については、なお従前の例による。
(補充選挙人名簿に関する経過措置)
 昭和40年4月30日までにその選挙の期日が公示され、若しくは告示された選挙につき調製される補充選挙人名簿又は同日までにその再調製のために申請の方法及び期間が告示された補充選挙人名簿については、なお従前の例による。
(漁業法施行令の一部改正)
 漁業法施行令(昭和25年政令第30号)の一部を次のように改正する。
第5条第4項の表中
第18条第1項選挙人名簿を修正その旨を選挙人名簿に表示
」を「
第18条第1項選挙人名簿を修正その旨を選挙人名簿に表示
第21条第1項期間期間並びに申請の方法及び期間
」に改める。
(農業委員会等に関する法律施行令の一部改正)
 農業委員会等に関する法律施行令(昭和26年政令第78号)の一部を次のように改正する。
第6条中
「選挙による委員の任期中においても、」と」の下に「、第21条第1項中「期間」とあるのは「期間並びに申請の方法及び期間」と」を加える。