houko.com 

雇用審議会令

  昭和32・4・15・政令 66号  
改正昭和59・6・22・政令212号--
廃止平成12・6・7・政令314号--(施行=平13年1月6日)
(議事の手続)
第1条 雇用審議会(以下「審議会」という。)の会議は、会長が招集する。
 審議会の会議は、委員の3分の1以上が出席しなければ、開くことができない。
 審議会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。
(部会)
第2条 部会長は、部会の事務を掌理する。
 部会長に事故があるときは、部会に属する委員のうちから部会長があらかじめ指名した委員が、その職務を代理する。
(庶務)
第3条 審議会の庶務は、労働大臣官房政策調査部総合政策課において処理する。
(雑則)
第4条 この政令に定めるもののほか、議事の手続その他審議会の運営に関し必要な事項は、会長が審議会に諮つて定める。
附 則
 この政令は、公布の日から施行する。
 失業対策審議会令(昭和26年政令第195号)は、廃止する。