houko.com 

港湾法施行令

【目次】
  昭和二六年 一月一九日政令第  四号  
改正昭和四〇年 三月三〇日政令第 六七号--
改正昭和四二年 五月三〇日政令第 九二号--
改正昭和四三年 四月一七日政令第 八六号--
改正昭和四四年 三月三一日政令第 四六号--
改正昭和四五年 五月 一日政令第一一六号--
改正昭和四五年 九月二二日政令第二六九号--
改正昭和四六年 四月 一日政令第一一四号--
改正昭和四六年 七月 一日政令第二三七号--
改正昭和四六年 九月一七日政令第二九六号--
改正昭和四七年 四月二八日政令第一一三号--
改正昭和四八年 四月一六日政令第 八四号--
改正昭和四八年 七月一七日政令第二〇四号--
改正昭和四九年 四月二三日政令第一三六号--
改正昭和四九年 七月一三日政令第二六五号--
改正昭和五〇年 四月二二日政令第一三二号--
改正昭和五一年 三月二六日政令第 三七号--
改正昭和五一年一二月一〇日政令第三〇六号--
改正昭和五二年 九月一三日政令第二六二号--
改正昭和五三年 二月二〇日政令第 二一号--
改正昭和五三年 四月一二日政令第一二八号--
改正昭和五三年一二月一九日政令第三八八号--
改正昭和五四年 五月一五日政令第一四二号--
改正昭和五四年一一月三〇日政令第二八五号--
改正昭和五五年 三月一四日政令第 一九号--
改正昭和五六年 五月二六日政令第一八六号--
改正昭和五六年一〇月一六日政令第三〇六号--
改正昭和五七年一一月 九日政令第二九九号--
改正昭和五八年 三月二九日政令第 四二号--
改正昭和五八年 四月一九日政令第 九一号--
改正昭和五八年一〇月 四日政令第二一一号--
改正昭和五九年 五月二九日政令第一六六号--
改正昭和五九年 六月 六日政令第一七六号--
改正昭和六一年 六月一七日政令第二一九号--
改正昭和六二年 九月 四日政令第二九七号--
改正昭和六三年 五月 六日政令第一三九号--
改正昭和六三年一二月二〇日政令第三四六号--
改正平成 元年 八月 九日政令第二四三号--
改正平成 元年一二月二六日政令第三四四号--
改正平成 二年 七月二〇日政令第二二四号--
改正平成 四年 六月 三日政令第一九〇号--
改正平成 六年 一月一四日政令第  六号--
改正平成一一年 六月 四日政令第一七一号--
改正平成一一年一〇月二七日政令第三三六号--
改正平成一二年 三月三一日政令第一九三号--
改正平成一二年 六月 七日政令第三一二号--(施行=平13年1月6日)
改正平成一二年 九月二九日政令第四四一号--
改正平成一三年 三月三〇日政令第一二四号--
改正平成一三年一二月二八日政令第四三四号--
改正平成一四年 二月 八日政令第 二七号--
改正平成一五年 三月二六日政令第 七六号--
改正平成一五年 五月一六日政令第二二六号--
改正平成一六年 四月 一日政令第一四七号--
改正平成一七年 六月一五日政令第二一三号--
改正平成一八年 五月一七日政令第一九七号--
改正平成一八年 八月一八日政令第二七七号==
改正平成一八年 九月二六日政令第三一八号--(施行=平19年4月1日)
改正平成一九年 三月 二日政令第 三九号--(施行=平20年12月1日)
改正平成二〇年一一月二一日政令第三五五号--(施行=平20年12月1日)
改正平成二一年一二月 九日政令第二七八号--(施行=平21年12月16日)
改正平成二二年 六月二三日政令第一五五号--(施行=平22年7月1日)
改正平成二三年 三月三一日政令第 八九号--(施行=平23年4月1日)
改正平成二三年 七月一三日政令第二一七号--(施行=平23年7月20日)
改正平成二三年 八月三〇日政令第二七一号--(施行=平23年9月15日)
改正平成二三年一一月一八日政令第三四三号==(施行=平23年12月15日)
改正平成二四年一〇月一七日政令第二五九号--(施行=平24年10月17日)
改正平成二五年一一月二九日政令第三二三号--(施行=平25年12月1日)
改正平成二五年一二月 六日政令第三三四号--(施行=平25年12月6日)
改正平成二五年一二月二七日政令第三七一号--(施行=平26年1月15日)
改正平成二六年 五月三〇日政令第一九八号--(施行=平26年6月1日)
改正平成二六年 六月二七日政令第二三七号--(施行=平26年7月1日)
改正平成二七年 三月一八日政令第 七四号--(施行=平27年4月1日)
改正平成二八年 三月 九日政令第 五七号--(施行=平28年4月1日)
改正平成二八年 三月三〇日政令第 八六号--(施行=平28年4月1日)
改正平成二八年 六月二四日政令第二四四号(未)(施行=平28年7月1日)

第一章 重要港湾等

(国際戦略港湾、国際拠点港湾、重要港湾及び避難港)
第一条 港湾法(以下「法」という。)第二条第二項に規定する国際戦略港湾、国際拠点港湾及び重要港湾並びに同条第九項に規定する避難港は、別表第一のとおりとする。
《改正》平23政089
(開発保全航路)
第一条の二 法第二条第八項に規定する開発保全航路の区域は、別表第二のとおりとする。
(漁業の用に供する港湾)
第一条の三 法第三条ただし書に規定する港湾は、別表第三のとおりとする。
(港湾計画)
第一条の四 法第三条の三第一項の政令で定める事項は、次のとおりとする。
一 港湾の開発、利用及び保全並びに港湾に隣接する地域の保全の方針
二 港湾の取扱貨物量、船舶乗降旅客数その他の能力に関する事項
三 港湾の能力に応ずる水域施設、係留施設その他の港湾施設の規模及び配置に関する事項
四 港湾の環境の整備及び保全に関する事項
五 港湾の効率的な運営に関する事項
六 その他港湾の開発、利用及び保全並びに港湾に隣接する地域の保全に関する重要事項
《改正》平23政271
(国内産業の開発上特に重要な港湾)
第一条の五 法附則第二項に規定する港湾は、別表第四のとおりとする。
《改正》平23政343

第二章 特定用途港湾施設等

《章名改正》平17政213
(貸付けを受ける者の基準)
第二条 法第五十五条の七第一項の政令で定める基準は、次のとおりとする。
一 当該特定用途港湾施設の建設又は改良に関し、次の要件に適合する工事実施計画を有する者であること。
イ 法第三条の三第九項の規定により公示された港湾計画において定められた特定用途港湾施設の建設又は改良の計画に適合すること。
ロ 当該特定用途港湾施設の位置、規模及び構造が当該施設の用途に対し適切であること。
ハ 当該特定用途港湾施設の供用を開始する時期が当該港湾における需要に対し適切なものであること。
二 当該特定用途港湾施設の公正、かつ、効率的な利用に資する管理運営計画を有する者であること。
三 第一号の工事実施計画及び前号の管理運営計画を実施するため適切な資金計画及び収支計画を有する者であること。
四 当該特定用途港湾施設の建設又は改良及び管理を適確に行う能力を有する者であること。
(港湾管理者に対する貸付金の金額)
第三条 法第五十五条の七第一項の政令で定める金額は、当該特定用途港湾施設の建設又は改良に要する費用に充てる資金として港湾管理者がする同項の貸付け及び当該貸付けを受ける者に対する出資の合計額の二分の一以内の金額とする。
(特定用途港湾施設)
第四条 法第五十五条の七第二項第一号の政令で定める用途は、次のとおりとする。
一 輸出入に係るコンテナ貨物の積込み及び取卸しのためにする船舶の係留
二 自動車の積込み及び取卸し並びに旅客の乗船及び下船のためにする自動車航送船の係留
三 スポーツ又はレクリエーションの用に供するヨット、モーターボートその他の船舶の係留であつて、それを使用する者の乗船及び下船並びにその保管のためにするもの
四 港湾区域内において行う廃棄物の積込み及び取卸しその他の廃棄物の埋立処分に係る作業のためにする船舶の係留
《改正》平18政197
 法第五十五条の七第二項第一号の政令で定める港湾施設は、次の施設とする。
一 当該岸壁又は桟橋の前面の泊地
二 当該岸壁若しくは桟橋に係留される船舶に係る輸出入に係るコンテナ貨物の荷さばきを行うため又は当該岸壁若しくは桟橋に係留される自動車航送船に係る積込み若しくは取卸しをする自動車を待機させ若しくは整理するための固定的な施設
三 当該岸壁又は桟橋に係留される自動車航送船に係る固定的な旅客施設
四 当該岸壁又は桟橋に係留される前項第三号に規定する船舶に係る船揚場、船舶修理施設、船舶保管施設及び港湾厚生施設
五 当該岸壁又は桟橋に係留される前項第四号に規定する船舶に係る廃棄物埋立護岸及び廃棄物受入施設
六 当該岸壁又は桟橋及びこれに附帯する第二号から第四号までの施設の機能を確保するための護岸及び臨港交通施設
七 当該岸壁又は桟橋に係留される自動車航送船又は前項第三号に規定する船舶の係留を補助するための係船浮標、係船くい及び浮桟橋並びに当該岸壁又は桟橋への係留を待機する自動車航送船を係留するための係船浮標及び係船くい
八 当該岸壁又は桟橋及び前各号の施設の敷地
《改正》平18政197
第四条の二 法第五十五条の七第二項第二号の政令で定める用途は、国際海上コンテナ運送に係る貨物の荷さばき又は保管であつて、流通加工(物資の流通の過程における簡易な加工をいう。)を伴うものとする。
《追加》平18政197
《改正》平26政237
 法第五十五条の七第二項第二号の政令で定める港湾施設は、次の施設とする。
一 当該荷さばき施設又は保管施設の機能を確保するための道路、駐車場及び橋梁
二 当該荷さばき施設又は保管施設の周辺の環境を整備するための緑地及び広場
《追加》平18政197
《改正》平26政237
(国の貸付けの条件の基準)
第五条 法第五十五条の七第一項の国の貸付金に関する貸付けの条件の基準は、次のとおりとする。
一 貸付金の償還は、均等半年賦償還とすること。
二 国は、貸付金に係る港湾管理者の貸付金に関し、次条第二号及び第三号の基準により港湾管理者が償還期限を繰り上げることができる場合並びに当該貸付けを受ける者が繰上償還をした場合には、貸付金の全部又は一部について償還期限を繰り上げることができるものとすること。
三 港湾管理者は、貸付金に係る港湾管理者の貸付金に関する経理を明確に整理しなければならないものとすること。
四 港湾管理者は、国土交通省令で定める事項につき次条第七号の承認をしようとする場合にはあらかじめ国土交通大臣の承認を受けなければならず、同条第八号」の指示をしようとする場合にはあらかじめその旨を国土交通大臣に届け出なければならないものとすること。
五 港湾管理者は、貸付金に係る港湾管理者の貸付けを受ける者が適切に特定用途港湾施設の建設又は改良及び管理を行うよう港湾管理者の貸付金に関する貸付けの条件に定めるところにより必要な措置をとらなければならないものとすること。
《改正》平18政277
《改正》平25政334
 港湾管理者が法第五十五条の七第一項の国の貸付けに係る港湾管理者の貸付けを受ける者に対しその貸付金の全部又は一部の償還期限を延長する場合において、国土交通大臣がその延長について災害その他特別の事情により償還が著しく困難であるためやむを得ないものと認めるときは、国及び港湾管理者は、当該貸付金に係る国の貸付金の全部又は一部について、担保の提供をせず、かつ、利息を附さないで、償還期限を延長するよう貸付けの条件を変更することができるものとする。
(港湾管理者の貸付けの条件の基準)
第六条 法第五十五条の七第一項の国の貸付けに係る港湾管理者の貸付金に関する貸付けの条件の基準は、次のとおりとする。
一 貸付金の償還は、均等半年賦償還とすること。
二 港湾管理者は、貸付けを受ける者が貸付金を貸付けの目的以外の目的に使用した場合その他貸付けの条件に違反した場合には、貸付金(償還期限が到来していないものに限る。)の全部又は一部について償還期限を繰り上げることができるものとすること。
三 港湾管理者は、貸付けに係る特定用途港湾施設の運営に係る損益の計算において利益が生じた場合にその額が国土交通省令で定めるところにより算定した当該施設の価額に国土交通省令で定める割合を乗じて得た金額をこえるときは、その超える額の二分の一の範囲内の金額について償還期限を繰り上げることができるものとすること。
四 港湾管理者は、貸付けを受ける者が貸付金の償還を怠つたときは、償還期限の翌日から償還の日までの日数に応じ、当該償還すべき金額につき年十.七五パーセントの割合により計算した金額の延滞金を徴収することができるものとすること。
五 貸付けを受ける者は、港湾管理者の指示により、貸付金についての強制執行の受諾の記載のある公正証書を作成するために必要な手続をとらなければならないものとすること。
六 貸付けを受ける者は、所定の工事実施計画、管理運営計画及び資金計画に従い、適切に特定用途港湾施設の建設又は改良及び管理を行わなければならないものとすること。
七 貸付けを受ける者は、次に掲げる事項につき、あらかじめ、港湾管理者の承認を受けなければならないものとすること。
イ 貸付けに係る特定用途港湾施設に係る工事実施計画、管理運営計画又は資金計画を変更すること。
ロ 貸付けに係る特定用途港湾施設の供用を休止し、又は廃止すること。
ハ 貸付けに係る特定用途港湾施設を譲渡し、交換し、又は担保に供すること。
八 貸付けを受ける者は、港湾管理者が所定の工事実施計画、管理運営計画又は資金計画について第二条各号に定める要件に適合しないものとなつたと認めてその変更を指示したときは、その指示に従いこれらの計画を変更しなければならないものとすること。
九 貸付けを受ける者は、国土交通省令で定めるところにより、その経営する事業の会計を処理するとともに、貸付けに係る特定用途港湾施設の運営に係る損益の計算をしなければならないものとすること。
十 貸付けを受ける者は、貸付けに係る特定用途港湾施設の供用を貸付けの方法によりする場合においては、港湾管理者が当該施設の貸付けを受ける者に対し異常な滞船の解消その他緊急、かつ、公益上の必要によりその者以外の者の利用に供すべきことを指示したときにその利用を受忍しなければならない旨を当該施設の貸付けの条件に定めなければならないものとすること。
十一 貸付けを受ける者は、国又は港湾管理者が、貸付けに係る債権の保全その他貸付けの条件の適正な実施を図るため必要があると認めて、貸付けを受ける者の業務及び資産の状況に関し報告を求め、又はその職員に、貸付けを受ける者の事務所その他の事業場に立ち入り、帳簿、書類その他の必要な物件を調査させ、若しくは関係者に質問させる場合において、報告をし、立入調査を受忍し、又は質問に応じなければならないものとすること。
《改正》平18政277
《改正》平25政334
(加算金)
第七条 港湾管理者は、法第五十五条の七第三項の加算金を徴収する場合においては、加算金を課すべき貸付金の範囲を指定し、当該指定した貸付金を貸し付けた日の翌日からその償還の日までの日数に応じ、当該指定した貸付金の金額に年十.七五パーセントの割合で計算した金額の加算金を徴収するものとする。
 前項の指定した貸付金(償還期限が到来していないものに限る。)については、港湾管理者は、その償還期限を繰り上げるものとする。
《改正》平18政277
第八条 法第五十五条の七第四項の規定により港湾管理者が国に納付すべき金額は、その徴収した加算金の金額に、前条第一項の指定した貸付金の貸付けをした日の属する会計年度における、当該貸付けを受ける者に係る法第五十五条の七第一項の国の貸付金の金額の同項の当該港湾管理者の貸付金の金額に対する割合を乗じて得た金額とする。
 港湾管理者は、前項の金額をその徴収した日の属する月の翌月の末日までに国に納付するものとする。
(特別特定技術基準対象施設の改良に要する費用に充てる資金の貸付けを受ける者の基準)
第九条 法第五十五条の八第一項の政令で定める基準は、次のとおりとする。
一 当該特別特定技術基準対象施設の改良に関し、次の要件に適合する工事実施計画を有する者であること。
イ 法第三条の三第九項の規定により公示された港湾計画において定められた特別特定技術基準対象施設の改良の計画に適合すること。
ロ 当該特別特定技術基準対象施設が、非常災害が発生した場合においても、大量の土砂その他の物件を法第五十五条の八第二項に規定する水域施設に流入させることがないよう必要な強度を有するものであること。
二 当該特別特定技術基準対象施設の改良後の強度の低下の防止又は軽減に資する管理運営計画を有する者であること。
三 第一号の工事実施計画及び前号の管理運営計画を実施するため適切な資金計画及び収支計画を有する者であること。
四 当該特別特定技術基準対象施設の改良及び管理を適確に行う能力を有する者であること。
《追加》平26政237
(特別特定技術基準対象施設の改良に係る港湾管理者に対する貸付金の金額)
第九条の二 法第五十五条の八第一項の政令で定める金額は、当該特別特定技術基準対象施設の改良に要する費用に充てる資金として港湾管理者がする同項の貸付けの金額の二分の一以内の金額とする。
《追加》平26政237
(貸付けの条件の基準及び加算金の規定の準用)
第九条の三 第五条及び第六条の規定は、法第五十五条の八第一項の国の貸付け及び同項の国の貸付けに係る国際戦略港湾、国際拠点港湾又は重要港湾の港湾管理者の貸付けについて準用する。この場合において、第五条第一項第五号並びに第六条第三号、第六号、第七号イからハまで、第九号及び第十号中「特定用途港湾施設」とあるのは「特別特定技術基準対象施設」と、同項第五号及び同条第六号中「建設又は改良」とあるのは「改良」と、同条第八号中「第二条各号」とあるのは「第九条各号」と読み替えるものとする。
《追加》平26政237
 第七条及び第八条の規定は、法第五十五条の八第三項において準用する法第五十五条の七第三項の加算金について準用する。この場合において、第八条第一項中「第五十五条の七第四項」とあるのは「第五十五条の八第三項において準用する法第五十五条の七第四項」と、「第五十五条の七第一項」とあるのは「第五十五条の八第一項」と読み替えるものとする。
《追加》平26政237
(国際戦略港湾又は国際拠点港湾の港湾管理者に対する貸付金の金額)
第一〇条 法第五十五条の九第一項の政令で定める金額は、当該埠頭群を構成する港湾施設の建設又は改良に要する費用に充てる資金として国際戦略港湾又は国際拠点港湾の港湾管理者がする同項の貸付けの金額の二分の一以内の金額とする。
《全改》平17政213
《改正》平23政343
《改正》平26政237
(貸付けの条件の基準及び加算金の規定の準用)
第一一条 第五条及び第六条(第六号、第七号イ及び第八号を除く。)の規定は、法第五十五条の九第一項の国の貸付け及び同項の国の貸付けに係る国際戦略港湾又は国際拠点港湾の港湾管理者の貸付けについて準用する。この場合において、これらの規定(第六条第十一号を除く。)中「港湾管理者」とあるのは「国際戦略港湾又は国際拠点港湾の港湾管理者」と、「貸付けを受ける者」とあるのは「貸付けを受ける港湾運営会社」と、第五条第一項第四号中「ならず、同条第八号の指示をしようとする場合にはあらかじめその旨を国土交通大臣に届け出なければならない」とあるのは「ならない」と、同項第五号並びに第六条第三号、第七号ロ及びハ、第九号並びに第十号中「特定用途港湾施設」とあるのは「埠頭群を構成する港湾施設」と、同条第十一号中「貸付けを受ける者」とあるのは「貸付けを受ける港湾運営会社」と、「港湾管理者」とあるのは「国際戦略港湾若しくは国際拠点港湾の港湾管理者」と読み替えるものとする。
《全改》平17政213
《改正》平23政343
《改正》平25政334
《改正》平26政237
 第七条及び第八条の規定は、法第五十五条の九第二項において準用する法第五十五条の七第三項の加算金について準用する。この場合において、これらの規定中「港湾管理者」とあるのは「国際戦略港湾又は国際拠点港湾の港湾管理者」と、第八条第一項中「第五十五条の七第四項」とあるのは「第五十五条の九第二項において準用する法第五十五条の七第四項」と、「貸付けを受ける者」とあるのは「貸付けを受ける港湾運営会社」と、「第五十五条の七第一項」とあるのは「第五十五条の九第一項」と読み替えるものとする。
《全改》平17政213
《改正》平23政343
《改正》平26政237
《1条削除》平26政237

第三章 雑 則

(港務局の債務)
第一二条 法第十条第二項の政令で定める債務は、借入金に係る債務であつて、その借入期間が一年をこえるものとする。
(港湾区域内の工事等の許可)
第一三条 法第三十七条第一項第一号の政令で定める区域は、水域の上空百メートルまでの区域及び水底下六十メートルまでの区域とする。
第一四条 法第三十七条第一項第四号の政令で定める行為は、次の各号に掲げるものとする。
一 港湾管理者が指定する護岸、堤防、岸壁、さん橋又は物揚場の水際線から二十メートル以内の地域においてする構築物(載荷重が港湾管理者が指定する重量を超えるものに限る。)の建設(改築により載荷重がその指定する重量を超えることとなる場合を含む。)又は改築(載荷重を増加させることとなる場合に限る。)
二 港湾管理者が指定する廃物の投棄
三 動力を用いて地下水を採取するための施設であつて、揚水機の吐出口の断面積の合計が六平方センチメートルを超え、かつ、そのストレーナーの位置が港湾管理者が指定する位置より浅い位置にあるもの(工業用水法(昭和三十一年法律第百四十六号)第二条に規定する工業の用に供する地下水を採取するための井戸であつて同法第三条第一項に規定する指定地域内のもの及び建築物用地下水の採取の規制に関する法律(昭和三十七年法律第百号)第二条に規定する建築物用地下水を採取するための揚水設備であつて同法第四条第一項に規定する指定地域内のものを除く。以下「揚水施設」という。)の建設(揚水機の吐出口の断面積の合計を大きくし、又はストレーナーの位置を浅くすることにより揚水施設となる場合を含む。)又は改良(揚水機の吐出口の断面積の合計を大きくし、又はストレーナーの位置を浅くすることとなる場合に限る。)
第一五条 法第三十七条第二項の政令で定める場合は、次の各号に掲げる場合とする。
一 水域施設、外郭施設、係留施設、臨港交通施設又は航行補助施設の建設、改良、維持又は復旧の工事のため水域の占用が必要となる場合
二 沈没船等の引揚のため水域の占用が必要となる場合
三 港湾管理者が指定する行為のため水域の占用が必要となる場合
(臨港地区内における行為の届出等)
第一五条の二 法第三十八条の二第一項第二号の政令で定める廃棄物処理施設は、工場又は事業場の敷地内の廃棄物処理施設(専ら当該工場又は事業場において発生する廃棄物を処理するためのものに限る。)以外の廃棄物処理施設であつて、港湾管理者が指定する廃棄物処理施設の種類ごとにその指定する数量以上の数量の廃棄物を処理することができるものとする。
第一五条の三 法第三十八条の二第一項第三号の政令で定める面積は、床面積の合計にあつては二千五百平方メートル、敷地面積にあつては五千平方メートルとする。
第一五条の四 法第三十八条の二第一項第四号の政令で定める施設は、次に掲げる施設とする。
一 爆発物その他の国土交通省令で定める危険物のうち港湾管理者が指定する危険物を取り扱うための施設
二 揚水施設(揚水機の吐出口の断面積の合計を大きくし、又はストレーナーの位置を浅くすることにより揚水施設となるものを含む。)
(港湾環境整備負担金の負担の基準)
第一五条の五 法第四十三条の五第一項の政令で定める基準は、次に掲げるものとする。
一 法第四十三条の五第一項の規定による負担金(以下この項において「港湾環境整備負担金」という。)を負担させる事業者は、次に掲げる者とすること。ただし、国土交通大臣等(当該港湾工事を実施する国土交通大臣又は港湾管理者をいう。以下この条において同じ。)が公益上その他の事由により港湾環境整備負担金を負担させることが不適当であると認める国、地方公共団体その他の者を除くものとする。
イ 当該港湾工事の完了した日に現に負担区域内にある工場又は事業場であつて、当該工場又は事業場の負担区域内にある敷地(水面を含む。以下同じ。)の面積の合計が一万平方メートル(国土交通大臣等が、当該港湾に係る工場又は事業場の種類、規模等を考慮して五千平方メートル以上一万平方メートル未満の範囲内でこれと異なる面積を定めたときは、当該面積。ロにおいて同じ。)以上であるものに係る事業者
ロ 当該港湾工事が港湾施設を建設し、又は改良する工事である場合にあつては、イに掲げる事業者のほか、当該港湾工事の完了した日後十年間に負担区域内において、その敷地の面積の合計が一万平方メートル以上となつた工場又は事業場に係る事業者
二 港湾環境整備負担金の額は、イに掲げる額にロ(1)若しくは(2)又はハに掲げる割合を乗じて得た額に相当する金額(国土交通大臣等が公益上その他の事由により必要があると認めてその金額を軽減した金額を定めたときは、当該金額)とすること。
イ 当該港湾工事に要する費用の額に二分の一の割合(国土交通大臣等が当該港湾工事の種類、規模等を考慮して二分の一未満でこれと異なる割合を定めたときは、当該割合)を乗じて得た額
ロ 当該港湾工事が港湾施設を建設し、又は改良する工事である場合にあつては、次に掲げる割合
(1)当該港湾工事の完了した日に現に負担区域内にある工場又は事業場の敷地の面積の合計に負担区域内における工場又は事業場の設置予定区域の面積として国土交通大臣等が定める面積を加算した面積((2)において「工場等敷地面積」という。)に対する前号に規定する事業者の工場又は事業場の負担区域内にある敷地の面積(既に当該港湾工事に係る港湾環境整備負担金の負担の対象となつた敷地の面積を除く。)の合計の割合
(2)当該港湾工事の完了した日後十年間に前号に規定する事業者が工場又は事業場の敷地の面積を増加した場合にあつては、工場等敷地面積に対する増加後の当該工場又は事業場の負担区域内にある敷地の面積(既に当該港湾工事に係る港湾環境整備負担金の負担の対象となつた敷地の面積を除く。)の合計の割合
ハ 当該港湾工事がロに掲げる工事以外の工事である場合にあつては、当該港湾工事の完了した日に現に負担区域内にある工場又は事業場の敷地の面積の合計に対する前号に規定する事業者の工場又は事業場の負担区域内にある敷地の面積の合計の割合
《改正》平18政277
 前項の負担区域は、次の各号に掲げる場合に応じ、当該各号に定める区域とする。
一 当該港湾工事が港湾公害防止施設(公害防止用緩衝地帯に限る。)及び港湾環境整備施設並びにこれらの敷地に係る工事である場合 当該港湾における土地の利用状況、自然条件等を考慮して、一体的にその環境を整備し、又は保全する必要がある区域として、あらかじめ、国土交通大臣等が臨港地区(予定埋立区域を含む。)を区分して定めた区域のうち、当該港湾工事が実施された場所を含む区域及び当該区域以外の区域であつて国土交通大臣等が指定するもの
二 当該港湾工事が前号に掲げる工事以外の工事である場合 港湾区域及び臨港地区(港湾区域の形状等により、港湾工事が当該港湾区域及び臨港地区の一部の環境を整備し、又は保全するものである場合にあつては、国土交通大臣等が指定する一部の水域及び地域)
《改正》平18政277
(入港料を徴収されない船舶)
第一六条 法第四十四条の二第一項但書の政令で定める船舶は、左の各号に掲げるものとする。
一 航海訓練に従事する船舶
二 漁業練習又は漁業調査に従事する船舶
三 航路標識の管理に従事する船舶
四 水路の測量に従事する船舶
五 学術研究に従事する船舶
六 海外からの日本国民の集団的引揚輸送に従事する船舶
《1条削除》平23政089
(管理委託の手続)
第一七条 国土交通大臣は、法第五十四条第一項(法第五十四条の二第二項において準用する場合を含む。)の規定により港湾施設の管理(港湾施設を維持し、及び一般公衆の利用その他公共の用に供することをいい、港湾施設を維持するために必要な港湾工事をすることを含む。以下第十七条の九までにおいて同じ。)を港湾管理者に委託するときは、契約書において次の事項を定めておかなければならない。
一 管理を委託する港湾施設の種類、名称、所在地、構造、規模及び価額
二 管理の委託を開始する年月日
三 管理の委託の期間
四 管理の方法
五 管理の委託の条件
六 その他必要な事項
《追加》平15政226
《改正》平17政213
《改正》平23政089
(管理責任の移転の時期)
第一七条の二 港湾施設の管理の委託を受けた港湾管理者(以下「管理受託者」という。)は、前条の規定により定められた同条第二号の管理の委託を開始する年月日以後、当該港湾施設の管理の責に任ずる。
《追加》平15政226
(管理受託者の義務)
第一七条の三  管理受託者は、受託に係る港湾施設をその用途又は目的に応じて善良な管理者の注意をもつて管理しなければならない。
《追加》平15政226
 管理受託者は、受託に係る港湾施設について、水害、火災、盗難、損壊その他当該港湾施設の管理上支障のある事故が発生したときは、直ちに必要な応急の措置を講じなければならない。
《追加》平15政226
(他の用途への使用等)
第一七条の四 管理受託者は、受託に係る港湾施設をその本来の用途又は目的を妨げない限度において他の用途又は目的に使用し、若しくは収益し、又は他人に使用させ、若しくは収益させようとするときは、あらかじめ、国土交通大臣の承認を受けなければならない。ただし、国土交通大臣が契約書において定める軽微な場合については、この限りでない。
《追加》平15政226
 管理受託者は、前項本文の承認を受けようとするときは、次の事項を記載した申請書を国土交通大臣に提出しなければならない。
一 使用又は収益の対象となる港湾施設の範囲
二 他人に使用させ、又は収益させる場合には、その者の氏名又は名称及び住所
三 使用又は収益の用途又は目的及び方法
四 使用又は収益の期間
五 使用又は収益による管理受託者の予定収入
六 他人に使用させ、又は収益させる場合には、使用又は収益の条件
《追加》平15政226
(滅失又は損傷の場合の報告)
第一七条の五 管理受託者は、天災その他の事故により受託に係る港湾施設が滅失し、又は損傷したときは、遅滞なく、次の事項を書面で国土交通大臣に報告しなければならない。
一 当該港湾施設の名称及び所在地
二 被害の程度
三 滅失又は損傷の原因
四 損害見積価額及び復旧可能のものについては復旧費見込額
五 応急の措置を講じた場合には、当該措置の内容
《追加》平15政226
(原状等の変更)
第一七条の六 管理受託者は、受託に係る港湾施設の原状又は用途を変更しようとするときは、あらかじめ、国土交通大臣の承認を受けなければならない。ただし、天災その他の事故のため応急の措置を講ずるときは、この限りでない。
《追加》平15政226
(管理台帳)
第一七条の七 管理受託者は、受託に係る港湾施設について次の事項を記載した管理台帳をその事務所に備えて置かなければならない。
一 第十七条第一号及び第二号に掲げる事項
二 他の用途への使用等及び原状等の変更の有無又はその概要
《追加》平15政226
《改正》平23政089
 管理受託者は、管理台帳の記載事項に変更があつたときは、その都度、変更に係る事項を当該管理台帳に記載しなければならない。
《追加》平15政226
(管理状況の報告)
第一七条の八 管理受託者は、受託に係る港湾施設について、毎年度の管理の状況を翌年度の四月三十日までに国土交通大臣に報告しなければならない。
《追加》平15政226
(報告の徴収等)
第一七条の九 国土交通大臣は、必要があると認めるときは、委託に係る港湾施設の管理の状況に関し、管理受託者から報告を求め、その職員に実地の監査を行わせ、及び管理受託者に必要な指示をすることができる。
《追加》平15政226
(緊急確保航路)
第一七条の一〇 法第五十五条の三の四第一項に規定する緊急確保航路の区域は、別表第五のとおりとする。
《追加》平25政371
(港湾区域の定めのない港湾の利用又は保全に支障を与えるおそれのある行為)
第一八条 法第五十六条第一項の政令で定める行為は、都道府県知事が指定する廃物の投棄とする。
(港湾の施設)
第一九条 法第五十六条の二第一項の政令で定める港湾の施設は、次に掲げる港湾の施設(その規模、構造等を考慮して国土交通省令で定める港湾の施設を除く。)とする。ただし、第四号から第七号まで及び第九号から第十一号までに掲げる施設にあつては、港湾施設であるものに限る。
一 水域施設
二 外郭施設(海岸管理者が設置する海岸法(昭和三十一年法律第百一号)第二条第一項に規定する海岸保全施設及び河川管理者が設置する河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)第三条第二項に規定する河川管理施設を除く。)
三 係留施設
四 臨港交通施設
五 荷さばき施設
六 保管施設
七 船舶役務用施設
八 旅客乗降用固定施設及び移動式旅客乗降用施設
九 廃棄物埋立護岸
十 海浜(海岸管理者が設置する海岸法第二条第一項に規定する海岸保全施設を除く。)
十一 緑地及び広場
《改正》平18政318
(登録確認機関の登録の有効期間)
第一九条の二 法第五十六条の二の四第一項の政令で定める期間は、三年とする。
《追加》平18政318
(手数料の納付を要しない独立行政法人)
第一九条の三 法第五十六条の二の二十第一項の政令で定める独立行政法人は、国立研究開発法人水産研究・教育機構、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所、独立行政法人海技教育機構及び独立行政法人国立高等専門学校機構とする。
《追加》平18政318
《改正》平27政074
《改正》平28政057
《改正》平28政086
(水域施設等)
第二〇条 法第五十六条の三第一項の政令で定める水域施設、外郭施設又は係留施設は、次に掲げる港湾の施設(その規模、構造等を考慮して国土交通省令で定める港湾の施設を除く。)とする。
一 水域施設
二 外郭施設(海岸管理者が設置する海岸法第二条第一項に規定する海岸保全施設及び河川管理者が設置する河川法第三条第二項に規定する河川管理施設を除く。)
三 次に掲げる係留施設
イ 危険物積載船(海上交通安全法(昭和四十七年法律第百十五号)第二十二条第三号の危険物積載船をいう。)、旅客船(十三人以上の旅客定員を有する船舶をいう。)又は自動車航送船を係留するための係留施設(貨物の積込み若しくは取卸しをすることができるもの又は人が乗船し、若しくは下船することができるものに限る。)
ロ スポーツ又はレクリエーションの用に供するヨット、モーターボートその他の船舶を係留するための係留施設(同時に五隻以上の船舶を係留することができ、かつ、人が乗船し、又は下船することができるものに限る。)
ハ 総トン数五百トン以上の船舶を係留することができる係留施設
《改正》平22政155
(延滞金)
第二一条 法第五十六条の六第二項の規定により国土交通大臣が徴収する延滞金の額は、負担金を納付すべき期限の翌日からその納付の日までの日数に応じ負担金の額に年十.七五パーセントの割合を乗じて計算した額とする。この場合において、負担金の額の一部につき納付があつたときは、その納付の日以後の期間に係る延滞金の計算の基礎となる負担金の額は、その納付のあつた負担金の額を控除した額による。
(職権の委任)
第二二条 次に掲げる国土交通大臣の職権は、地方整備局長又は北海道開発局長が行うものとする。
一 法第六章、第五十五条の三の三、第五十五条の三の四及び第五十六条の六の規定による国土交通大臣の職権(企業合理化促進法(昭和二十七年法律第五号)第八条第四項の規定に基づく港湾工事に係る処分により納付すべき負担金に係るものを除く。)
二 法第四十六条第一項の規定による国土交通大臣の職権(同項の港湾施設について補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(昭和三十年法律第百七十九号)第二十六条第一項の規定により補助金等の交付の決定に関する事務を国土交通大臣が地方整備局長又は北海道開発局長に委任した場合に限る。)
三 法第五十八条第三項の規定による国土交通大臣の職権(公有水面埋立法(大正十年法律第五十七号)第四十八条の規定により同法第四十七条第一項の規定による認可に関する事務を国土交通大臣が地方整備局長又は北海道開発局長に委任した場合に限る。)
四 第十七条の四第一項本文、第十七条の五、第十七条の六本文及び第十七条の八の規定による国土交通大臣の職権
《改正》平15政226
《改正》平18政277
《改正》平23政089
《改正》平25政371
 法第五十条の六第十項(同条第十一項において準用する場合を含む。)、第五十条の七第五項、第五十六条の二の二十二、第五十六条の四及び第五十六条の五並びに第十七条の九の規定による国土交通大臣の職権は、地方整備局長又は北海道開発局長も行うことができる。
《改正》平15政226
《改正》平23政089
《改正》平25政323
《改正》平26政198

附 則

 この政令は、公布の日から施行する。
 当分の間、港湾管理者が設立した一般財団法人(一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成十八年法律第五十号)第三十八条の規定による改正前の民法(明治二十九年法律第八十九号)第三十四条の規定により設立した財団法人を含む。)からの株式会社に対する特定用途港湾施設の譲渡(当該特定用途港湾施設の管理運営の効率化に資すると国土交通大臣が認めるものに限る。)に伴い、当該株式会社が法第五十五条の七第一項の国の貸付けに係る港湾管理者の貸付金に係る債務を承継した場合においては、同項の国の貸付金及び同項の国の貸付けに係る港湾管理者の貸付金のうち同項の国の貸付金の金額に相当する部分の償還は、第五条第一項第一号及び第六条第一号の規定にかかわらず、国土交通大臣の定める半年賦償還の方法によるものとする。
《追加》平18政277
《改正》平19政039
 法附則第六項の政令で定める期間は、五年(二年の据置期間を含む。)とする。
《改正》平14政027
《改正》平23政343
 前項の期間は、日本電信電話株式会社の株式の売払収入の活用による社会資本の整備の促進に関する特別措置法(昭和六十二年法律第八十六号)第五条第一項の規定により読み替えて準用される補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律第六条第一項の規定による貸付けの決定(以下「貸付決定」という。)ごとに、当該貸付決定に係る法附則第三項から第五項までの規定による国の貸付金(次項及び第六項において「国の貸付金」という。)の交付を完了した日(その日が当該貸付決定があつた日の属する年度の末日の前日以後の日である場合には、当該年度の末日の前々日)の翌日から起算する。
《改正》平23政343
 国の貸付金の償還は、均等年賦償還の方法によるものとする。
 国は、国の財政状況を勘案し、相当と認めるときは、国の貸付金の全部又は一部について、前三項の規定により定められた償還期限を繰り上げて償還させることができる。
 法附則第十二項の政令で定める場合は、前項の規定により償還期限を繰り上げて償還を行つた場合とする。
《改正》平23政343
 法附則第十五項の政令で定める基準は、次のとおりとする。
一 当該港湾施設の建設又は改良の工事に関し、次の要件に適合する工事実施計画を有し、かつ、当該工事実施計画について港湾管理者の承認を受けている者であること。
イ 法第三条の三第九項又は第十項の規定により公示された港湾計画がある場合には、当該港湾計画において定められた港湾施設の建設又は改良の計画で当該港湾施設に係るものに適合すること。
ロ 当該港湾施設の位置、規模及び構造が当該施設の用途に対し適切なものであること。
ハ 当該港湾施設の供用を開始する時期が当該港湾における需要に対し適切なものであること。
二 その収益をもつて当該港湾施設の建設又は改良の工事に要する費用を支弁することができると認められる当該工事と密接に関連する事業(以下「密接関連事業」という。)に関する適切な事業計画を有する者であること。
三 第一号の工事実施計画及び前号の事業計画を実施するため適切な資金計画及び収支計画を有する者であること。
四 当該港湾施設の建設又は改良の工事及び密接関連事業を適確に行う能力を有する者であること。
《改正》平23政343
 法附則第十五項の政令で定める港湾施設の建設又は改良の工事は、水域施設、外郭施設、係留施設、臨港交通施設、港湾公害防止施設、廃棄物埋立護岸、海洋性廃棄物処理施設、港湾環境整備施設又は港湾施設用地の建設又は改良の工事であつて、当該工事によつて生じた港湾施設が港湾管理者の所有(当該港湾施設が水域施設である場合には、港湾管理者の管理)に属することとなることについて当該港湾管理者が同意しているものとする。
《改正》平23政343
10 法附則第十九項の貸付けの条件の基準は、次のとおりとする。
一 法附則第十五項の国の貸付金(以下「国の貸付金」という。)の償還は、均等半年賦償還の方法によるものとすること。
二 国の貸付金の貸付けを受ける者は、担保を提供し、又は当該貸付けを受ける者と連帯して債務を負担する保証人を立てなければならないこと。
三 国の貸付金の貸付けを受けた者は、附則第八項第一号の工事実施計画を変更する場合にあつては国土交通大臣及び港湾管理者の、同項第二号の事業計画又は同項第三号の資金計画を変更する場合にあつては国土交通大臣の承認を受けなければならないこと。
四 国は、国の貸付金の貸付けを受けた者が前号の承認を受けないで同号に規定する工事実施計画、事業計画又は資金計画を変更した場合には、国の貸付金の全部又は一部について償還期限を繰り上げることができること。
《改正》平23政343
(特定の国際拠点港湾)
11 法附則第三十一項の政令で定める国際拠点港湾は、次の表のとおりとする。
都道府県   
愛知名古屋
三重四日市
《追加》平23政343
別表第一(第一条関係)
都道府県国際戦略港湾国際拠点港湾重要港湾避難港
北海道 室蘭、苫小牧函館、小樽、釧路、留萌、稚内、十勝、石狩湾、紋別、網走、根室松前、奥尻、えりも、椴法華、宗谷、天売
青森  青森、八戸、むつ小川原尻屋岬、深浦
岩手  宮古、釜石、大船渡、久慈 
宮城 仙台湾 雄勝
秋田  秋田船川、能代戸賀
山形  酒田鼠ケ関
福島  小名浜、相馬久之浜
茨城  鹿島、茨城 
千葉 千葉木更津名洗、興津
東京   洞輪沢
東京
神奈川
京浜   
神奈川  横須賀 
新潟 新潟直江津、両津、小木二見
富山 伏木富山  
石川  七尾、金沢輪島
福井  敦賀鷹巣
静岡 清水田子の浦、御前崎下田
愛知 名古屋衣浦、三河伊良湖
三重 四日市尾鷲、津松阪浜島
京都  舞鶴 
大阪大阪堺泉北阪南 
兵庫神戸姫路尼崎西宮芦屋、東播磨柴山
和歌山 和歌山下津日高勝浦、由良
鳥取  鳥取田後
鳥取
島根
   
島根  浜田、西郷、三隅七類
岡山 水島宇野、岡山 
広島 広島尾道糸崎、呉、福山 
山口 徳山下松宇部、岩国、三田尻中関、小野田油谷
山口
福岡
 関門  
徳島  徳島小松島、橘 
香川  高松、坂出 
愛媛  今治、松山、新居浜、宇和島、東予、三島川之江 
高知  高知、須崎、宿毛湾上川口、室津
福岡 博多苅田、三池大島
佐賀  唐津、伊万里呼子
長崎  長崎、佐世保、福江、厳原、郷ノ浦脇岬
熊本  三角、八代、熊本 
大分  大分、津久見、別府、佐伯、中津 
宮崎  細島、油津、宮崎 
鹿児島  鹿児島、名瀬、西之表、志布志、川内大泊、古仁屋
沖縄  運天、那覇、平良、石垣、金武中城安護の浦、船浮
《改正》平24政259
別表第三(第一条の三関係)
都道府県 
青森八戸
岩手釜石
宮城石巻、塩釜
茨城久慈
静岡浜名
京都舞鶴
和歌山勝浦
長崎長崎
熊本牛深
宮崎油津
別表第四(第一条の五関係)
都道府県 
神奈川横須賀
京都舞鶴
広島
福岡苅田
長崎佐世保
《改正》平23政343
別表第五(第十七条の十関係)
一 東京湾に係る緊急確保航路
 (1)から(13)までに掲げる地点を順次に結んだ線及び(1)に掲げる地点と(13)に掲げる地点とを結んだ線により囲まれた区域、(14)から(20)までに掲げる地点を順次に結んだ線及び(14)に掲げる地点と(20)に掲げる地点とを結んだ線により囲まれた区域、(21)から(26)までに掲げる地点を順次に結んだ線及び(21)に掲げる地点と(26)に掲げる地点とを結んだ線により囲まれた区域、(27)から(30)までに掲げる地点を順次に結んだ線及び(27)に掲げる地点と(30)に掲げる地点とを結んだ線により囲まれた区域、(31)から(34)までに掲げる地点を順次に結んだ線及び(31)に掲げる地点と(34)に掲げる地点とを結んだ線により囲まれた区域並びに(35)から(37)までに掲げる地点を順次に結んだ線及び(35)に掲げる地点と(37)に掲げる地点とを結んだ線により囲まれた区域
(1)東京東防波堤灯台(北緯三十五度分四十三秒東経百三十九度四十九分四十一秒)から百三十度千百五十メートルの地点
(2)東京東防波堤灯台から百四十二度三十分二千二百九十メートルの地点
(3)東京東防波堤灯台から百五十六度四十五分八千二百九十メートルの地点
(4)川崎東扇島防波堤東灯台から七十一度四十五分八千三百六十メートルの地点
(5)東京東防波堤灯台から百二十一度三十分一万千百六十メートルの地点
(6)東京東防波堤灯台から百四十二度十五分一万四千二百六十メートルの地点
(7)川崎東扇島防波堤東灯台から九十九度八千九百メートルの地点
(8)川崎東扇島防波堤東灯台から八十度三十分六千三十メートルの地点
(9)東京中央防波堤東灯台(北緯三十五度三十六分三十六秒東経百三十九度四十九分二十八秒)から百七十度四十五分六千六百四十メートルの地点
(10)東京中央防波堤西灯台(北緯三十五度三十五分三十三秒東経百三十九度四十七分二十六秒)から百三十九度三十分五千四百六十メートルの地点
(11)東京中央防波堤東灯台から百七十二度三十分五千四百二十メートルの地点
(12)東京中央防波堤東灯台から百六十三度十五分六千五百四十メートルの地点
(13)東京中央防波堤東灯台から百五十八度四十五分二千九百五十メートルの地点
(14)川崎東扇島防波堤東灯台から百二度十五分二千七百七十メートルの地点
(15)川崎東扇島防波堤東灯台から百十七度三十分四千四十メートルの地点
(16)川崎東扇島防波堤東灯台から百三十八度三千六百六十メートルの地点
(17)川崎東扇島防波堤東灯台から百三十度二千三百六十メートルの地点
(18)川崎東扇島防波堤東灯台から百六十二度十五分三千八百七十メートルの地点
(19)川崎東扇島防波堤東灯台から百七十六度四十五分四千四百メートルの地点
(20)川崎東扇島防波堤東灯台から百五十二度三十分二千百二十メートルの地点
(21)川崎東扇島防波堤東灯台から百七十一度二千三百七十メートルの地点
(22)横浜大黒防波堤東灯台から百二十五度四千六百九十メートルの地点
(23)横浜大黒防波堤東灯台から百三十八度十五分四千五百メートルの地点
(24)横浜本牧防波堤灯台から百四十九度四千四十メートルの地点
(25)横浜大黒防波堤東灯台から百二十二度十五分三千四百七十メートルの地点
(26)川崎東扇島防波堤西灯台から百五十六度四十五分二千七百メートルの地点
(27)木更津港富津西防波堤灯台(北緯三十五度二十分四秒東経百三十九度四十九分十六秒)から三百十八度十五分六千五百三十メートルの地点
(28)木更津港富津西防波堤灯台から三百十七度十五分五千八百十メートルの地点
(29)第二海堡灯台から十四度四十五分六千四百七十メートルの地点
(30)第二海堡灯台から十五度三十分七千三百五十メートルの地点
(31)横須賀港東北防波堤東灯台から九十九度十五分二千八百十メートルの地点
(32)第二海堡灯台から二百七十八度三十分二千二百八十メートルの地点
(33)第二海堡灯台から二百度三十分二千十メートルの地点
(34)第二海堡灯台から二百十九度二千五百三十メートルの地点
(35)横浜金沢木材ふとう東防波堤灯台から七十五度十五分三千六百五十メートルの地点
(36)横須賀港東北防波堤東灯台から五十六度十五分二千九百五十メートルの地点
(37)横浜金沢木材ふとう東防波堤灯台から百十度四十五分二千八百四十メートルの地点
二 伊勢湾に係る緊急確保航路
 (1)から(6)までに掲げる地点を順次に結んだ線及び(1)に掲げる地点と(6)に掲げる地点とを結んだ線により囲まれた区域並びに(7)から(43)までに掲げる地点を順次に結んだ線及び(7)に掲げる地点と(43)に掲げる地点とを結んだ線により囲まれた区域
(1)三河港姫島東防波堤灯台(北緯三十四度四十二分五十六秒東経百三十七度十五分十二秒)から二百八十六度四十五分四千四百三十メートルの地点
(2)三河港姫島東防波堤灯台から二百八十度三千九百メートルの地点
(3)立馬埼灯台(北緯三十四度三十九分三十八秒東経百三十七度四分十二秒)から三百二十四度千四百四十メートルの地点
(4)尾張野島灯台から百七十九度三十分二千八十メートルの地点
(5)尾張野島灯台から百九十七度三十分千五百メートルの地点
(6)立馬埼灯台から三百二十六度十五分二千百四十メートルの地点
(7)名古屋港高潮防波堤中央堤西灯台(北緯三十五度三十四秒東経百三十六度四十八分六秒)から二百二十六度三十分四千三百四十メートルの地点
(8)伊勢湾灯標(北緯三十四度五十六分十六秒東経百三十六度四十七分三十三秒)から三百三十七度十五分三千五百十メートルの地点
(9)伊勢湾灯標から三百十一度十五分千九百五十メートルの地点
(10)伊勢湾灯標から三百三十九度四十五分二千四百二十メートルの地点
(11)伊勢湾灯標から三百五十八度四十五分九百五十メートルの地点
(12)伊勢湾灯標から二百二十六度四十五分二千二百四十メートルの地点
(13)野間埼灯台(北緯三十四度四十五分二十八秒東経百三十六度五十分四十秒)から三百三度四十五分七千六百七十メートルの地点
(14)内海港第四号防波堤灯台(北緯三十四度四十四分十六秒東経百三十六度五十一分二十九秒)から百八十七度四十五分七千二百七十メートルの地点
(15)伊良湖岬灯台(北緯三十四度三十四分四十六秒東経百三十七度五十八秒)から二百九十五度十五分四千九百三十メートルの地点
(16)篠島港西防波堤灯台(北緯三十四度四十分四十二秒東経百三十六度五十九分五十五秒)から二百三十度四十五分三千五百七十メートルの地点
(17)師崎港南防波堤灯台(北緯三十四度四十一分五十二秒東経百三十六度五十八分二十九秒)から百二十六度四十五分六百四十メートルの地点
(18)大井港口灯標(北緯三十四度四十三分二十五秒東経百三十六度五十八分十八秒)から百十二度四十五分八百五十メートルの地点
(19)衣浦港東防波堤西灯台(北緯三十四度四十九分七秒東経百三十六度五十六分三十六秒)から百八十六度三十分千五百八十メートルの地点
(20)衣浦港東防波堤西灯台から百六十度千六百七十メートルの地点
(21)大井港口灯標から七十五度四十五分千三百二十メートルの地点
(22)羽島灯標(北緯三十四度四十一分三十四秒東経百三十六度五十八分二十三秒)から百十九度三十分千三百六十メートルの地点
(23)尾張野島灯台から二百六十九度二千九百二十メートルの地点
(24)尾張野島灯台から二百二十一度四十五分四千四百五十メートルの地点
(25)尾張野島灯台から二百二十二度四千三百メートルの地点
(26)尾張野島灯台から二百十二度四千五百三十メートルの地点
(27)尾張野島灯台から二百十五度三十分五千百五十メートルの地点
(28)伊良湖岬灯台から二百九十三度四千九十メートルの地点
(29)伊良湖岬灯台から二百七十二度三十分二千四百メートルの地点
(30)伊良湖岬灯台から百七十一度二千六百十メートルの地点
(31)神島灯台(北緯三十四度三十二分五十五秒東経百三十六度五十九分十一秒)から九十一度二千三百四十メートルの地点
(32)神島灯台から三百五十度二千六百九十メートルの地点
(33)神島港北防波堤灯台(北緯三十四度三十二分五十九秒東経百三十六度五十八分三十四秒)から三百四十六度四十五分三千七百九十メートルの地点
(34)内海港第四号防波堤灯台から百九十七度三十分八千二百二十メートルの地点
(35)松阪港東防波堤灯台(北緯三十四度三十六分五十九秒東経百三十六度三十三分四十一秒)から七十度四十五分四千百六十メートルの地点
(36)松阪港東防波堤灯台から六十度四十五分四千百五十メートルの地点
(37)内海港第四号防波堤灯台から百九十九度四十五分七千六百メートルの地点
(38)野間埼灯台から二百九十六度三十分八千六百五十メートルの地点
(39)四日市港防波堤灯台(北緯三十四度五十六分四十四秒東経百三十六度三十九分四十七秒)から九十九度三十分四千九百八十メートルの地点
(40)揖斐川口灯台(北緯三十四度五十九分五十八秒東経百三十六度四十三分十一秒)から百七十三度三十分三千七百七十メートルの地点
(41)鬼崎港北防波堤灯台(北緯三十四度五十四分十七秒東経百三十六度四十九分十四秒)から二百二十一度三十分八千四百八十メートルの地点
(42)伊勢湾灯標から二百四十六度四十五分三千三百メートルの地点
(43)名古屋港高潮防波堤中央堤西灯台から二百二十五度三十分四千九百八十メートルの地点
三 大阪湾に係る緊急確保航路
 次に掲げる地点を順次に結んだ線及び(1)に掲げる地点と(39)に掲げる地点とを結んだ線により囲まれた区域
(1)西宮防波堤東灯台(北緯三十四度四十分二十一秒東経百三十五度二十一分三十五秒)から二百二十八度十五分二千百四十メートルの地点
(2)西宮防波堤東灯台から二百九度十五分二千百二十メートルの地点
(3)堺泉北大和川南防波堤北灯台(北緯三十四度三十六分十八秒東経百三十五度二十三分十七秒)から二百七十五度十五分六千六百八十メートルの地点
(4)堺泉北大和川南防波堤北灯台から二百八十一度三十分四千九百五十メートルの地点
(5)堺泉北大和川南防波堤北灯台から二百七十八度十五分五千六十メートルの地点
(6)堺泉北大和川南防波堤北灯台から二百七十四度十五分四千八百二十メートルの地点
(7)堺泉北大和川南防波堤北灯台から二百五十三度四十五分五千六百メートルの地点
(8)堺浜寺北防波堤灯台(北緯三十四度三十三分二十九秒東経百三十五度二十四分三十四秒)から二百七十度四十五分一万千二百メートルの地点
(9)堺浜寺北防波堤灯台から二百七十一度四十五分八千二百二十メートルの地点
(10)堺浜寺北防波堤灯台から二百六十六度四十五分八千四百二十メートルの地点
(11)堺浜寺北防波堤灯台から二百六十七度三十分一万千九百六十メートルの地点
(12)友ヶ島灯台(北緯三十四度十六分五十一秒東経百三十五度二秒)から三百四十七度三十分五千六百七十メートルの地点
(13)友ヶ島灯台から二百二十度十五分千九百四十メートルの地点
(14)生石鼻灯台(北緯三十四度十六分三秒東経百三十四度五十七分)から九十度千九百九十メートルの地点
(15)友ヶ島灯台から三百三十六度三十分六千六百八十メートルの地点
(16)堺浜寺北防波堤灯台から二百七十五度一万二千三百二十メートルの地点
(17)西宮防波堤西灯台(北緯三十四度四十分四十秒東経百三十五度十八分四十八秒)から百九十度九千三百二十メートルの地点
(18)神戸第七防波堤西灯台(北緯三十四度四十分八秒東経百三十五度十五分十四秒)から百八十八度九千八十メートルの地点
(19)平磯灯標(北緯三十四度三十七分十八秒東経百三十五度三分五十五秒)から百六十五度四十五分五千百八十メートルの地点
(20)平磯灯標から二百十五度三千四百五十メートルの地点
(21)江埼灯台(北緯三十四度三十六分二十三秒東経百三十四度五十九分三十六秒)から四十六度千六百三十メートルの地点
(22)江埼灯台から三百二十八度三十分千二百メートルの地点
(23)江埼灯台から三百二十八度三十分二千九百メートルの地点
(24)江埼灯台から三十一度三千百十メートルの地点
(25)平磯灯標から二百十五度千九百五十メートルの地点
(26)平磯灯標から百五十三度三十分四千メートルの地点
(27)神戸第一防波堤西灯台(北緯三十四度三十九分十一秒東経百三十五度十一分二十五秒)から百八十九度六千三百八十メートルの地点
(28)神戸第一防波堤西灯台から百九十一度四千五百六十メートルの地点
(29)神戸第一防波堤西灯台から百八十二度十五分四千八百八十メートルの地点
(30)神戸第一防波堤西灯台から百八十二度三十分六千二百五十メートルの地点
(31)神戸第七防波堤西灯台から百九十一度十五分七千七百五十メートルの地点
(32)神戸第七防波堤西灯台から百七十一度三十分七千二百八十メートルの地点
(33)神戸第七防波堤西灯台から百六十六度三十分四千七百メートルの地点
(34)神戸第七防波堤西灯台から百四十九度四十五分四千八百五十メートルの地点
(35)西宮防波堤西灯台から百九十一度四十五分七千九百二十メートルの地点
(36)西宮防波堤西灯台から百八十七度四十五分七千七百四十メートルの地点
(37)西宮防波堤西灯台から百九十二度三十分四千七百八十メートルの地点
(38)西宮防波堤西灯台から百八十四度三十分四千四百八十メートルの地点
(39)西宮防波堤西灯台から百八十三度七千五十メートルの地点
《追加》平25政371
《1表削除》平23政089