houko.com 

生活保護法施行令

【目次】
  昭和二五年 五月二〇日政令第一四八号  
改正昭和五一年 八月 二日政令第二一五号--(施行=昭51年8月2日)
改正昭和五九年 三月一七日政令第 三五号--(施行=昭59年4月1日)
改正昭和五九年 九月 七日政令第二六八号--(施行=昭59年10月1日)
改正昭和六〇年 七月一二日政令第二二五号--(施行=昭60年7月12日)
改正昭和六二年 三月二〇日政令第 五四号--(施行=昭62年4月1日)
改正平成 六年 九月 二日政令第二八二号--(施行=平6年10月1日)
改正平成 六年一二月二一日政令第三九八号--(施行=平7年4月1日)
改正平成 七年 六月一四日政令第二三八号--(施行=平7年6月15日)
改正平成 九年 三月二八日政令第 八四号--(施行=平9年4月1日)
改正平成一一年 九月 三日政令第二六二号--(施行=平12年4月1日)
改正平成一一年一二月 八日政令第三九三号--(施行=平12年4月1日)
改正平成一二年 六月 七日政令第三〇九号--(施行=平13年1月6日)
改正平成一四年 二月 八日政令第 二七号--(施行=平14年2月8日)
改正平成一四年 八月三〇日政令第二八二号--(施行=平14年10月1日)
改正平成一八年 三月三一日政令第一五四号--(施行=平18年4月1日)
改正平成一八年 三月三一日政令第一五五号--(施行=平18年4月1日)
改正平成一八年一一月二二日政令第三六一号--(施行=平19年4月1日)
改正平成二五年 二月 六日政令第 二八号--(施行=平25年3月1日)
改正平成二六年 四月一八日政令第一六四号==(施行=平26年7月1日)
改正平成二六年 七月三〇日政令第二六九号--(施行=平26年11月25日)
改正平成二六年 八月 八日政令第二七八号--(施行=平26年11月25日)
改正平成二六年 九月 三日政令第三〇〇号--(施行=平27年4月1日)
改正平成二六年一一月一二日政令第三五八号--(施行=平27年1月1日)
改正平成二七年 二月 四日政令第 三九号--(施行=平27年4月1日)
改正平成二七年 三月三一日政令第一三八号--(施行=平27年4月1日)
改正平成二七年 八月二八日政令第三〇三号--(施行=平27年9月1日)
改正平成二八年 三月 四日政令第 五六号--(施行=平28年3月15日)
(保護に関する事務の委託)
第一条 生活保護法(以下「法」という。)第十九条第四項に規定する保護の実施機関(以下この条において「保護の実施機関」という。)は、要保護者との連絡上保護に関する事務を他の保護の実施機関に委託して行うことが適当であると認めるときは、同条第五項の規定により、当該要保護者に係る保護に関する事務を他の保護の実施機関に委託することができる。
 保護に関する事務の委託に当つては、関係の保護の実施機関は、協議により当該委託に関する条件を定め、議会の同意を経なければならない。
 保護の実施機関は、法第十九条第五項の規定により保護に関する事務の委託を行い、又は委託を受けたときは、その旨を告示しなければならない。
(監査する職員の資格)
第二条 法第二十三条第三項に規定する職員の資格は、左の各号の一に該当するものとする。
一 国又は都道府県において社会福祉に関する行政に従事している者
二 国又は都道府県において社会保険、公衆衛生又は医務に関する行政に従事している者であつて、生活保護に関係のある事務を担当しているもの
三 国又は都道府県において生活保護に関係のある会計の事務を担当している者
《改正》平18政361
(政令で定める事項)
第二条の二 法第二十九条第一項第一号に規定する政令で定める事項は、支出の状況とする。
《追加》平26政164
(保護の方法の特例)
第三条 法第三十七条の二に規定する被保護者が支払うべき費用であつて政令で定めるものは、次の表の上欄に掲げる費用とし、同条に規定する政令で定める者は、同表の上欄に掲げる費用の額に相当する金銭について、それぞれ同表の下欄に掲げる者とする。
支払うべき費用であつて政令で定めるもの政令で定める者
法第三十一条第三項の規定により交付する保護金品により支払うべき費用であつて、住宅を賃借して居住することに伴い通常必要とされる費用のうち厚生労働省令で定めるもの当該被保護者に対し当該費用に係る債権を有する者
法第三十一条第三項の規定により交付する保護金品により支払うべき費用であつて、社会福祉法(昭和二十六年法律第四十五号)第二条第二項第七号に規定する生計困難者に対して無利子又は低利で資金を融通する事業による貸付金の償還に係るもの当該被保護者に対し当該貸付金に係る債権を有する者
法第三十三条第四項の規定により交付する保護金品当該被保護者に対し法第十四条各号に掲げる事項の提供に係る債権を有する者
法第三十七条の二に規定する介護保険料当該被保護者を被保険者とする市町村及び特別区
《追加》平18政154
《改正》平26政164
(政令で定める機関)
第四条 法第四十九条に規定する病院又は診療所に準ずるものとして政令で定めるものは、次に掲げるものとする。
一 健康保険法(大正十一年法律第七十号)第八十八条第一項に規定する指定訪問看護事業者
二 介護保険法(平成九年法律第百二十三号)第四十一条第一項に規定する指定居宅サービス事業者(同法第八条第四項に規定する訪問看護を行う者に限る。)又は同法第五十三条第一項に規定する指定介護予防サービス事業者(同法第八条の二第三項に規定する介護予防訪問看護を行う者に限る。)
《改正》平14政282
《改正》平18政154
《改正》平27政138
(法第四十九条の二第二項第三号に規定する政令で定める法律)
第四条の二 法第四十九条の二第二項第三号(同条第四項(法第四十九条の三第四項及び第五十四条の二第四項において準用する場合を含む。)、法第四十九条の三第四項、第五十四条の二第四項及び第五十五条第二項において準用する場合を含む。)に規定する政令で定める法律は、次のとおりとする。
一 児童福祉法(昭和二十二年法律第百六十四号)
二 あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(昭和二十二年法律第二百十七号)
三 栄養士法(昭和二十二年法律第二百四十五号)
四 医師法(昭和二十三年法律第二百一号)
五 歯科医師法(昭和二十三年法律第二百二号)
六 保健師助産師看護師法(昭和二十三年法律第二百三号)
七 歯科衛生士法(昭和二十三年法律第二百四号)
八 医療法(昭和二十三年法律第二百五号)
九 身体障害者福祉法(昭和二十四年法律第二百八十三号)
十 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和二十五年法律第百二十三号)
十一 社会福祉法
十二 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和三十五年法律第百四十五号)
十三 薬剤師法(昭和三十五年法律第百四十六号)
十四 老人福祉法(昭和三十八年法律第百三十三号)
十五 理学療法士及び作業療法士法(昭和四十年法律第百三十七号)
十六 柔道整復師法(昭和四十五年法律第十九号)
十七 社会福祉士及び介護福祉士法(昭和六十二年法律第三十号)
十八 義肢装具士法(昭和六十二年法律第六十一号)
十九 介護保険法
二十 精神保健福祉士法(平成九年法律第百三十一号)
二十一 言語聴覚士法(平成九年法律第百三十二号)
二十二 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成十七年法律第百二十三号)
二十三 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律(平成十七年法律第百二十四号)
二十四 就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成十八年法律第七十七号)
二十五 障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律(平成二十三年法律第七十九号)
二十六 子ども・子育て支援法(平成二十四年法律第六十五号)
二十七 再生医療等の安全性の確保等に関する法律(平成二十五年法律第八十五号)
二十八 国家戦略特別区域法(平成二十五年法律第百七号。第十二条の四第十五項及び第十七項から第十九項までの規定に限る。)
二十九 難病の患者に対する医療等に関する法律(平成二十六年法律第五十号)
三十 公認心理師法(平成二十七年法律第六十八号)
《追加》平26政164
《改正》平26政269
《改正》平26政278
《改正》平26政358
《改正》平26政300
《改正》平27政303
《改正》平28政056
(法第五十一条第二項第八号に規定する政令で定める法律)
第四条の三 法第五十一条第二項第八号(法第五十四条の二第四項及び第五十五条第二項において準用する場合を含む。)に規定する政令で定める法律は、次のとおりとする。
一 健康保険法
二 児童福祉法(国家戦略特別区域法第十二条の四第八項において準用する場合を含む。)
三 あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律
四 栄養士法
五 医師法
六 歯科医師法
七 保健師助産師看護師法
八 歯科衛生士法
九 医療法
十 身体障害者福祉法
十一 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律
十二 社会福祉法
十三 知的障害者福祉法(昭和三十五年法律第三十七号)
十四 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律
十五 薬剤師法
十六 老人福祉法
十七 理学療法士及び作業療法士法
十八 柔道整復師法
十九 社会福祉士及び介護福祉士法
二十 義肢装具士法
二十一 介護保険法
二十二 精神保健福祉士法
二十三 言語聴覚士法
二十四 発達障害者支援法(平成十六年法律第百六十七号)
二十五 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律
二十六 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律
二十七 就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律
二十八 障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律
二十九 子ども・子育て支援法
三十 再生医療等の安全性の確保等に関する法律
三十一 国家戦略特別区域法(第十二条の四第七項の規定に限る。)
三十二 難病の患者に対する医療等に関する法律
三十三 公認心理師法
《追加》平26政164
《改正》平26政269
《改正》平26政278
《改正》平26政358
《改正》平26政300
《改正》平27政303
《改正》平28政056
(指定医療機関の指定の更新に関する読替え)
第四条の四 法第四十九条の三第四項の規定により健康保険法第六十八条第二項の規定を準用する場合においては、同項中「保険医療機関(第六十五条第二項の病院及び診療所を除く。)又は保険薬局」とあるのは「生活保護法第五十条第一項に規定する指定医療機関」と、「前項」とあるのは「同法第四十九条の三第一項」と、「同条第一項」とあるのは「同法第四十九条の二第一項」と読み替えるものとする。
《追加》平26政164
(医療に関する審査機関)
第五条 法第五十三条第三項(法第五十五条の二において準用する場合を含む。)に規定する医療に関する審査機関で政令で定めるものは、社会保険診療報酬支払基金法(昭和二十三年法律第百二十九号)に定める特別審査委員会とする。
《改正》平26政164
(介護扶助に関する読替え)
第六条 法第五十四条の二第四項の規定による技術的読替えは、次の表のとおりとする。
法の規定中読み替える規定読み替えられる字句読み替える字句
第四十九条の二第一項病院若しくは診療所又は薬局介護機関(法第三十四条の二第二項に規定する介護予防・日常生活支援事業者を除く。以下この条において同じ。)
第四十九条の二第二項第四号及び第七号病院若しくは診療所又は薬局介護機関
第四十九条の二第二項第八号医療介護
第四十九条の二第二項第九号及び第三項病院若しくは診療所又は薬局介護機関
第四十九条の二第三項第一号医療介護
第四十九条の二第三項第二号医療扶助介護扶助
医療を介護を
第五十条の医療の介護
第五十一条第二項第一号第四十九条の二第二項第一号から第三号まで第四十九条の二第二項第二号又は第三号
第五十一条第二項第四号診療報酬介護の報酬
第五十一条第二項第五号診療録、帳簿書類帳簿書類
第五十一条第二項第九号及び第十号医療に介護に
第五十二条第一項診療方針及び診療報酬介護の方針及び介護の報酬
国民健康保険介護保険
第五十二条第二項診療方針及び診療報酬介護の方針及び介護の報酬
第五十三条第一項診療内容及び診療報酬介護サービスの内容及び介護の報酬
診療報酬の額介護の報酬の額
第五十三条第三項から第五項まで診療報酬の介護の報酬の
第五十四条第一項医療扶助介護扶助
開設者若しくは管理者、医師、薬剤師開設者
診療録、帳簿書類帳簿書類
《改正》平26政164
《改正》平27政138
第六条の二 法第五十四条の二第五項の規定による技術的読替えは、次の表のとおりとする。
法の規定中読み替える規定読み替えられる字句読み替える字句
第四十九条の二第一項及び第三項病院若しくは診療所又は薬局介護機関(法第三十四条の二第二項に規定する介護予防・日常生活支援事業者に限る。)
第四十九条の二第三項第一号医療支援
第四十九条の二第三項第二号医療扶助介護扶助
医療を支援を
第五十条の医療の支援
第五十一条第二項第四号診療報酬介護の報酬
第五十一条第二項第五号診療録、帳簿書類帳簿書類
第五十一条第二項第九号医療に支援に
第五十二条第一項診療方針及び診療報酬介護の方針及び介護の報酬
国民健康保険介護保険
第五十二条第二項診療方針及び診療報酬介護の方針及び介護の報酬
第五十三条第一項診療内容介護サービスの内容
診療報酬介護の報酬
第五十三条第三項から第五項まで診療報酬の介護の報酬の
第五十四条第一項医療扶助介護扶助
開設者若しくは管理者、医師、薬剤師開設者
診療録、帳簿書類帳簿書類
《追加》平27政138
(出産扶助等に関する読替え)
第七条 法第五十五条第二項の規定による技術的読替えは、次の表のとおりとする。
法の規定中読み替える規定読み替えられる字句読み替える字句
第四十九条の二第一項病院若しくは診療所又は薬局の開設者助産師又はあん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師若しくは柔道整復師
第四十九条の二第二項第八号医療助産又は施術
第四十九条の二第三項病院若しくは診療所又は薬局助産師又はあん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師若しくは柔道整復師
第四十九条の二第三項第一号医療助産又は施術
第四十九条の二第三項第二号医療扶助出産扶助又は医療扶助
医療を助産又は施術を
第五十条の医療の助産又は施術
第五十一条第二項第一号第四十九条の二第二項第一号から第三号まで又は第九号第四十九条の二第二項第二号又は第三号
第五十一条第二項第五号診療録助産録
第五十一条第二項第九号医療に助産又は施術に
第五十四条第一項医療扶助出産扶助又は医療扶助
診療録助産録
《全改》平26政164
《改正》平27政138
(就労自立給付金の支給に関する事務の委託)
第八条 法第五十五条の四第二項に規定する支給機関(以下この条において「支給機関」という。)は、被保護者との連絡上就労自立給付金の支給に関する事務を他の支給機関に委託して行うことが適当であると認めるときは、同条第三項の規定により、当該被保護者に係る就労自立給付金の支給に関する事務を他の支給機関に委託することができる。
《全改》平26政164
 就労自立給付金の支給に関する事務の委託に当たつては、関係の支給機関は、協議により当該委託に関する条件を定め、議会の同意を経なければならない。
《全改》平26政164
 支給機関は、法第五十五条の四第三項の規定により就労自立給付金の支給に関する事務の委託を行い、又は委託を受けたときは、その旨を告示しなければならない。
《全改》平26政164
《1条削除》平18政154
(繰替支弁)
第九条 都道府県、市及び福祉事務所を設置する町村が、法第七十二条第一項の規定によりその長の管理に属する福祉事務所の所管区域内に所在する保護施設、指定医療機関その他これらに準ずる施設で厚生労働大臣の指定するものに対し一時繰替支弁する保護費及び保護施設事務費の額は、当該施設の所在する市町村における保護費及び保護施設事務費の基準によつて算出するものとする。
(負担金及び補助金算出の基礎)
第一〇条 法第七十三条又は第七十五条(第一項第三号及び第四号を除く。)に規定する都道府県又は国の負担及び補助は、各年度において、厚生労働大臣の定める基準に従つて市町村又は都道府県が法第七十条(第四号及び第六号から第八号までを除く。)、第七十一条(第四号及び第六号から第八号までを除く。)又は第七十四条第一項の規定により支弁し、又は補助した費用の額から、法第六十三条の規定により被保護者が返還した額、法第七十六条の二の規定に基づき支払を受ける損害賠償金、法第七十七条又は第七十八条第一項から第三項までの規定により徴収した額(同条第一項から第三項までの規定によりその徴収する額又は返還させるべき額に百分の四十を乗じて得た額以下の金額を徴収した場合にあつては、当該徴収した額を除く。)及び生活保護のためのその他の収入の額(法第五十五条の六第一項に規定する被保護者就労支援事業(第三項第一号において「被保護者就労支援事業」という。)に係るものを除く。)を控除した精算額について行う。
《改正》平18政155
《改正》平26政164
《改正》平27政039
 前項の規定により控除しなければならない額が、その年度において市町村又は都道府県が支弁し、又は補助した費用の額を超過するときは、その超過する額を後年度における支弁額又は補助額から控除する。
 法第七十五条第一項(第三号及び第四号に限る。)に規定する国の負担は、各年度において、次に掲げる額のうちいずれか低い額について行う。
一 被保護者就労支援事業の実施に要する費用について市町村又は都道府県の設置する福祉事務所の所管区域内の町村における人口、被保護者の数その他の事情を勘案して厚生労働大臣が定める基準に基づき算定した額
二 市町村又は都道府県が法第七十条(第六号に限る。)又は第七十一条(第六号に限る。)の規定により支弁した費用の額(その費用のための収入があるときは、当該収入の額を控除した額)
《追加》平27政039
 前項第二号の規定により控除しなければならない額が、その年度において市町村又は都道府県が支弁した費用の額を超過するときは、その超過する額を後年度における支弁額から控除する。
《追加》平27政039
(大都市等の特例)
第一〇条の二 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百五十二条の十九第一項の指定都市(以下「指定都市」という。)において、法第八十四条の二第一項の規定により、指定都市が処理する事務については、地方自治法施行令(昭和二十二年政令第十六号)第百七十四条の二十九第一項から第五項までに定めるところによる。
 地方自治法第二百五十二条の二十二第一項の中核市(以下「中核市」という。)において、法第八十四条の二第一項の規定により、中核市が処理する事務については、地方自治法施行令第百七十四条の四十九の五に定めるところによる。
(町村の一部事務組合等)
第一一条 町村が一部事務組合又は広域連合を設けて福祉事務所を設置した場合には、この政令の適用については、その一部事務組合又は広域連合を福祉事務所を設置する町村とみなし、その一部事務組合の管理者(地方自治法第二百八十七条の三第二項の規定により管理者に代えて理事会を置く同法第二百八十五条の一部事務組合にあつては、理事会)又は広域連合の長(同法第二百九十一条の十三において準用する同法第二百八十七条の三第二項の規定により長に代えて理事会を置く広域連合にあつては、理事会)を福祉事務所を管理する町村長とみなす。
《改正》平25政028
(事務の区分)
第一二条 第一条第二項及び第三項並びに第八条第二項及び第三項の規定により都道府県、市及び福祉事務所を設置する町村が処理することとされている事務は、地方自治法第二条第九項第一号に規定する第一号法定受託事務とする。
《改正》平26政164
附 則
(施行期日)
 この政令は、公布の日から施行する。但し、第十条の規定は、昭和二十五年五月一日以降の給付について適用する。
(生活保護法施行令の廃止)
 生活保護法施行令(昭和二十一年勅令第四百三十八号)は、廃止する。
(国の貸付金の償還期間等)
 法附則第十項に規定する政令で定める期間は、五年(二年の据置期間を含む。)とする。
《追加》平14政027
《改正》平18政155
 前項に規定する期間は、日本電信電話株式会社の株式の売払収入の活用による社会資本の整備の促進に関する特別措置法(昭和六十二年法律第八十六号)第五条第一項の規定により読み替えて準用される補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(昭和三十年法律第百七十九号)第六条第一項の規定による貸付けの決定(以下「貸付決定」という。)ごとに、当該貸付決定に係る法附則第九項の規定による国の貸付金(以下「国の貸付金」という。)の交付を完了した日(その日が当該貸付決定があつた日の属する年度の末日の前日以後の日である場合には、当該年度の末日の前々日)の翌日から起算する。
《追加》平14政027
《改正》平18政155
 国の貸付金の償還は、均等年賦償還の方法によるものとする。
《追加》平14政027
 国は、国の財政状況を勘案し、相当と認めるときは、国の貸付金の全部又は一部について、前三項の規定により定められた償還期限を繰り上げて償還させることができる。
《追加》平14政027
 法附則第十三項に規定する政令で定める場合は、前項の規定により償還期限を繰り上げて償還を行つた場合とする。
《追加》平14政027
《改正》平18政155