houko.com 

水質汚濁防止法施行令の一部を改正する政令

  平成8・7・5・政令208号  


内閣は、水質汚濁防止法(昭和45年法律第138号)第2条第4項、第22条第1項及び第28条第1項の規定に基づき、この政令を制定する。
水質汚濁防止法施行令(昭和46年政令第188号)の一部を次のように改正する。

第3条の2の次に次の2条を加える。
(油)
第3条の3 法第2条第4項の政令で定める油は、次に掲げる油とする。
1.原油
2.重油
3.潤滑油
4.軽油
5.灯油
6.揮発油
7.動植物油
(貯油施設等)
第3条の4 法第2条第4項の政令で定める施設は、次に掲げる施設であつて、別表第1に掲げる施設以外のものとする。
1.前条の油を貯蔵する貯油施設
2.前条の油を含む水を処理する油水分離施設

第8条第1項中
「排出水を排出する者に対しては」を「特定事業場の設置者又は設置者であつた者に対し」に改め、
「並びに法第5条第1項第8号の総理府令で定める事項について、法第12条の3に規定する者に対しては、有害物質使用特定施設の使用の方法、汚水等の処理の方法」を削り、
「及び法第5条第2項第8号」を「並びに法第5条第1項第8号及び同条第2項第8号」に改め、
同条第2項中
「原料」の下に「、当該特定事業場の敷地内の土壌及び地下水」を加える。

第10条第1号中
「及び第14条の2第1項」を「並びに第14条の2第1項及び第2項」に改め、
同条第2号中
「第14条の2第2項」を「第14条の2第3項、第14条の3第1項及び第2項」に改める。
附 則

この政令は、水質汚濁防止法の一部を改正する法律(平成8年法律第58号)の施行の日(平成9年4月1日)から施行する。

houko.com