houko.com 

建築基準法施行令の一部を改正する政令

  平成6・8・26・政令278号==
改正平成12・4・26・政令211号−−
改正平成12・6・7・政令312号−−(施行=平13年1月6日)


内閣は、建築基準法(昭和25年法律第201号)第36条、第97条の2第4項、第97条の3第3項及び第97条の4の規定に基づき、この政令を制定する。
建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)の一部を次のように改正する。

第31条の見出しを
「(改良便槽)」に改め、
同条中
「改良便槽(そう)」を「改良便槽」に、
「次の各号に」を「次に」に改め、
「特定行政庁が」を削り、
「と認める」を「ものとして建設大臣が定める基準に適合する」に改め、
同条第1号中
「便槽(そう)」を「便槽」に、
「貯溜槽(りゅうそう)」を「貯留槽」に、
「くみ取槽(そう)」を「くみ取槽」に改め、
同条第2号中
「便槽(そう)」を「便槽」に改め、
同条第3号中
「貯溜槽(りゅうそう)」を「貯留槽」に、
「二槽(そう)」を「二槽」に、
「貯溜(りゅう)」を「貯留」に改め、
同条第4号及び第5号中
「貯溜槽(りゅうそう)」を「貯留槽」に改める。

第112条第9項第2号中
「一戸建」を「一戸建て」に改め、
「階段の部分」の下に「、昇降機の昇降路の部分」を加える。

第114条第3項第2号中
「特定行政庁が」を削り、
「により」を「に関し」に、
「と認める」を「ものとして建設大臣が定める基準に適合する」に改める。

第148条第3項第1号及び第149条第2項第1号中
「、法第26条」を削る。
附 則
(施行期日)
 この政令は、公布の日から施行する。ただし、第31条の改正規定及び次項の規定は、公布の日から起算して3月を経過した日から施行する。
(特定行政庁が衛生上の効果があると認めた改良便槽に関する経過措置)
 第31条の改正規定の施行前に改正前の建築基準法施行令第31条ただし書の規定により特定行政庁が同条各号に定める構造の改良便槽と同等以上に衛生上の効果があると認めた改良便槽は、改正後の建築基準法施行令第31条の建設大臣が定める基準に適合する改良便槽とみなす。
(特定行政庁が避難上及び延焼防止上支障がないと認めた建築物に関する経過措置)
 この政令の施行前に改正前の建築基準法施行令第114条第3項第3号の規定により特定行政庁が避難上及び延焼防止上支障がないと認めた建築物は、改正後の建築基準法施行令第114条第3項第3号の国土交通大臣が定める基準に適合する建築物とみなす。
《改正》平12政211
《改正》平12政312
(罰則に関する経過措置)
 この政令の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

houko.com