houko.com 

麻薬及び向精神薬取締法施行令及び風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行令の一部を改正する政令

  平成4・5・13・政令176号  


内閣は、麻薬及び向精神薬取締法等の一部を改正する法律(平成3年法律第93号)の施行に伴い、並びに麻薬及び向精神薬取締法(昭和28年法律第14号)第2条第40号、第50条の13第1項、第50条の29、第50条の30第1項、第50条の36及び第54条第2項並びに風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第30条第1項の規定に基づき、この政令を制定する。
(麻薬及び向精神薬取締法施行令の一部改正)
第1条 麻薬及び向精神薬取締法施行令(昭和28年政令第57号)の一部を次のように改正する。
第1条中
「麻薬及び向精神薬取締法(以下「法」という。)」を「法」に改め、
同条を第1条の2とし、
同条の前に次の1条を加える。
(特定麻薬向精神薬原料)
第1条 麻薬及び向精神薬取締法(以下「法」という。)第2条第40号の政令で定める麻薬向精神薬原料は、次のとおりとする。
1.エルゴタミン及びその塩類
2.エルゴメトリン及びその塩類
3.リゼルギン酸及びその塩類
4.前3号に掲げる物のいずれかを含有する物

第7条の前の見出しを
「(向精神薬に係る適用除外等)」に改める。

第8条の次に次の3条を加える。
(法第50条の29の政令で定める麻薬向精神薬原料)
第8条の2 法第50条の29の政令で定める麻薬向精神薬原料は、第1条各号に掲げる物とする。
(法第50条の30第1項の政令で定める麻薬向精神薬原料)
第8条の3 法第50条の30第1項の政令で定める麻薬向精神薬原料は、第1条各号に掲げる物とする。
(麻薬向精神薬原料に係る適用除外)
第8条の4 法第50条の36の厚生省令で定める麻薬向精神薬原料については、法第50条の27から第50条の35までの規定を適用しない。

第9条の見出しを
「(麻薬取締官の定数及び麻薬取締員の都道府県別の定数)」に改め、
同条中
「麻薬取締員の都道府県別の定数は、」を「麻薬取締官の定数は170人とし、麻薬取締員の都道府県別の定数は」に改める。

別表アルゼンティンの項の次に次のように加える。
イエメン
1.1−エチニルシクロヘキサノールカルバミン酸エステル(別名エチナメート)及びその塩類
2.5−エチル−1−メチル−5−フェニルバルビツール酸(別名メチルフェノバルビタール)及びその塩類
3.3・3−ジエチル−5−メチル−2・4−ピペリジンジオン(別名メチプリロン)及びその塩類
4.1・1−ジフェニル−1−(2−ピペリジル)メタノール(別名ピプラドロール)及びその塩類
5.N・N−ジメチル−α−フェニルフェネチルアミン(左旋性のものに限る。)(別名レフェタミン)及びその塩類
6.2−フェニル−2−(2−ピペリジル)酢酸メチルエステル(別名メチルフェニデート)及びその塩類
7.2−メチル−3−(2−トリル)−4(3H)−キナゾリノン(別名メタカロン)及びその塩類
8.3−メチル−2−フェニルモルフォリン(別名フェンメトラジン)及びその塩類
9.前各号に掲げる物のいずれかを含有する物
インド
1.1−エチニルシクロヘキサノールカルバミン酸エステル(別名エチナメート)及びその塩類
2.7−クロロ−5−(2−クロロフェニル)−1・3−ジヒドロ−3−ヒドロキシ−1−メチル−2H−1・4−ベンゾジアゼピン−2−オン(別名ロルメタゼパム)及びその塩類
3.7−クロロ−5−(2−クロロフェニル)−1・3−ジヒドロ−2H−1・4−ベンゾジアゼピン−2−オン(別名デロラゼパム)及びその塩類
4.10−クロロ−11b−(2−クロロフェニル)−2・3・7・11b−テトラヒドロオキサゾロ−〔3・2−d〕〔1・4〕ベンゾジアゼピン−6(5H)−オン(別名クロキサゾラム)及びその塩類
5.7−クロロ−1−(シクロプロピルメチル)−1・3−ジヒドロ−5−フェニル−2H−1・4−ベンゾジアゼピン−2−オン(別名プラゼパム)及びその塩類
6.7−クロロ−5−(1−シクロヘキセン−1−イル)−1・3−ジヒドロ−1−メチル−2H−1・4−ベンゾジアゼピン−2−オン(別名テトラゼパム)及びその塩類
7.7−クロロ−2・3−ジヒドロ−2−オキソ−5−フェニル−1H−1・4−ベンゾジアゼピン−3−カルボン酸(別名クロラゼプ酸)及びその塩類
8.11−クロロ−8・12b−ジヒドロ−2・8−ジメチル−12b−フェニル−4H−〔1・3〕オキサジノ−〔3・2−d〕〔1・4〕ベンゾジアゼピン−4・7(6H)−ジオン(別名ケタゾラム)及びその塩類
9.7−クロロ−1・3−ジヒドロ−3−ヒドロキシ−1−メチル−5−フェニル−2H−1・4−ベンゾジアゼピン−2−オン(別名テマゼパム)及びその塩類
10.7−クロロ−1・3−ジヒドロ−3−ヒドロキシ−1−メチル−5−フェニル−2H−1・4−ベンゾジアゼピン−2−オンジメチルカルバミン酸エステル(別名カマゼパム)及びその塩類
11.7−クロロ−1・3−ジヒドロ−5−フェニル−1−(2−プロピニル)−2H−1・4−ベンゾジアゼピン−2−オン(別名ピナゼパム)及びその塩類
12.7−クロロ−2・3−ジヒドロ−1−メチル−5−フェニル−1H−1・4−べンゾジアゼピン(別名メダゼパム)及びその塩類
13.10−クロロ−2・3・7・11b−テトラヒドロ−2−メチル−11b−フェニルオキサゾロ〔3・2−d〕〔1・4〕ベンゾジアゼピン−6(5H)−オン(別名オキサゾラム)及びその塩類
14.5−(2−クロロフェニル)−7−エチル−1・3−ジヒドロ−1−メチル−2H−チエノ−〔2・3−e〕−1・4−ジアゼピン−2−オン(別名クロチアゼパム)及びその塩類
15.5−(4−クロロフェニル)−2・5−ジヒドロ−3H−イミダゾ〔2・1−a〕イソインド−ル−5−オ−ル(別名マジンドール)及びその塩類
16.5−(2−クロロフェニル)−1・3−ジヒドロ−7−ニトロ−2H−1・4−ベンゾジアゼピン−2−オン(別名クロナゼパム)及びその塩類
17.6−(2−クロロフェニル)−2・4−ジヒドロ−2−〔(4−メチル−1−ピペラジニル)メチレン〕−8−ニトロ−1H−イミダゾ〔1・2−a〕〔1・4〕ベンゾジアゼピン−1−オン(別名ロプラゾラム)及びその塩類
18.8−クロロ−6−フェニル−4H−s−トリアゾロ〔4・3−a〕〔1・4〕ベンゾジアゼピン(別名エスタゾラム)及びその塩類
19.7−クロロ−5−(2−フルオロフェニル)−2・3−ジヒドロ−2−オキソ−1H−1・4−ベンゾジアゼピン−3−カルボン酸エチルエステル(別名ロフラゼプ酸エチル)及びその塩類
20.7−クロロ−5−(2−フルオロフェニル)−1・3−ジヒドロ−1−メチル−2H−1・4−ベンゾジアゼピン−2−オン(別名フルジアゼパム)及びその塩類
21.7−クロロ−1−メチル−5−フェニル−1H−1・5−べンゾジアゼピン−2・4(3H・5H)−ジオン(別名クロバザム)及びその塩類
22.2−(ジエチルアミノ)プロピオフェノン(別名アンフェプラモン)及びその塩類
23.3・3−ジエチル−5−メチル−2・4−ピペリジンジオン(別名メチプリロン)及びその塩類
24.1・3−ジヒドロ−1−メチル−7−ニトロ−5−フェニル−2H−1・4−べンゾジアゼピン−2−オン(別名ニメタゼパム)及びその塩類
25.1・1−ジフェニル−1−(2−ピペリジル)メタノール(別名ピプラドロール)及びその塩類
26.N・N−ジメチル−α−フェニルフェネチルアミン(左旋性のものに限る。)(別名レフェタミン)及びその塩類
27.3・4−ジメチル−2−フェニルモルフォリン(右旋性のものに限る。)(別名フェンジメトラジン)及びその塩類
28.α・α−ジメチルフェネチルアミン(別名フェンテルミン)及びその塩類
29.5−(2−フルオロフェニル)−1・3−ジヒドロ−1−メチル−7−ニトロ−2H−1・4−ベンゾジアゼピン−2−オン(別名フルニトラゼパム)及びその塩類
30.7−ブロモ−1・3−ジヒドロ−5−(2−ピリジル)−2H−1・4−ベンゾジアゼピン−2−オン(別名ブロマゼパム)及びその塩類
31.10−ブロモ−11b−(2−フルオロフェニル)−2・3・7・11b−テトラヒドロオキサゾロ〔3・2−d〕〔1・4〕ベンゾジアゼピン−6(5H)−オン(別名ハロキサゾラム)及びその塩類
32.N−ベンジル−N・α−ジメチルフェネチルアミン(別名ベンツフェタミン)及びその塩類
33.前各号に掲げる物のいずれかを含有する物

別表セネガルの項中
第9号を第10号とし、
第3号から第8号までを1号ずつ繰り下げ、
第2号の次に次の1号を加える。
3.3−(2−クロロフェニル)−2−メチル−4(3H)−キナゾリノン(別名メクロカロン)及びその塩類

別表タイの項第2号中
「前号に掲げる物」を「前各号に掲げる物のいずれか」に改め、
同号を同項第6号とし、
同項第1号の次に次の4号を加える。
2.3・7−ジヒドロ−1・3−ジメチル−7−〔2−〔(α−メチルフェネチル)アミノ〕エチル〕−1H−プリン−2・6−ジオン(別名フェネチリン)及びその塩類
3.1・1−ジフェニル−1−(2−ピペリジル)メタノール(別名ピプラドロール)及びその塩類
4.2−フェニル−2−(2−ピペリジル)酢酸メチルエステル(別名メチルフェニデート)及びその塩類
5.3−メチル−2−フェニルモルフォリン(別名フェンメトラジン)及びその塩類

別表ナイジェリアの項中
第5号を第6号とし、
第2号から第4号までを1号ずつ繰り下げ、
第1号の次に次の1号を加える。
2.2−イミノ−5−フェニル−4−オキサゾリジノン(別名ペモリン)及びその塩類
(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行令の一部改正)
第2条 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行令(昭和59年政令第319号)の一部を次のように改正する。
第13条第8号中
「第41条の8」を「第41条の11若しくは第41条の13」に改める。
附 則

この政令は、麻薬及び向精神薬取締法等の一部を改正する法律の施行の日(平成4年7月1日)から施行する。

houko.com