houko.com 

水質汚濁防止法施行令等の一部を改正する政令

  平成2・9・14・政令266号  


内閣は、水質汚濁防止法等の一部を改正する法律(平成2年法律第38号)の施行に伴い、並びに水質汚濁防止法(昭和45年法律第138号)第2条第3項、第4条の2第1項及び第22条第2項並びに瀬戸内海環境保全特別措置法(昭和48年法律第110号)第5条第1項、第12条の2及び第12条の6の規定に基づき、この政令を制定する。
(水質汚濁防止法施行令の一部改正)
第1条 水質汚濁防止法施行令(昭和46年政令第188号)の一部を次のように改正する。
第3条の次に次の1条を加える。
(指定地域特定施設)
第3条の2 法第2条第3項の政令で定める施設は、建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第32条第1項の表に規定する算定方法により算定した処理対象人員が201人以上500人以下のし尿浄化槽とする。

別表第1第72号中
「屎尿処理施設」を「し尿処理施設」に改め、
「(昭和25年政令第338号)」を削り、
「屎尿浄化そう」を「し尿浄化槽」に改める。

別表第2第1号イ中
「及び大字東別府」を「、大字東別府及び別府一丁目から別府五丁目まで」に改め、
「坂戸市」の下に「、幸手市」を加え、
「児玉郡美里村大字円良田」を「児玉郡美里町大字円良田」に、
「同郡江南村」を「同郡江南町」に、
「同郡花園村」を「同郡花園町」に改め、
同号ロ中
「小倉台六丁目」の下に「、御成台三丁目」を加え、
「二和町、」を削り、
「八木ケ谷町」を「八木が谷町」に、
「及び新高根三丁目から新高根五丁目」を「、新高根三丁目から新高根五丁目まで、高野台一丁目から高野台五丁目まで、八木が谷一丁目から八木が谷五丁目まで、みやぎ台一丁目からみやぎ台四丁目まで、咲が丘一丁目から咲が丘四丁目まで、二和東一丁目から二和東六丁目まで、二和西一丁目から二和西六丁目まで、三咲一丁目から三咲九丁目まで、南三咲一丁目から南三咲四丁目まで、大穴南一丁目から大穴南五丁目まで及び大穴北一丁目から大穴北八丁目」に、
「字塔角台」を「字塔ケ久保台」に改め、
「大字新十余二」の下に「、みどり台二丁目、みどり台四丁目」を加え、
「大字大和田」を「大和田」に、
「大字高津、大字大和田新田字飯盛台」を「高津、大和田新田字飯盛台」に、
「大字勝田、大字勝田台」を「勝田、勝田台、勝田台南」に改め、
「(字五百堂及び字五百堂台に限る。)」の下に「、下市場一丁目」を加え、
「大字鎌ケ谷(字豆ケ台、字金杉谷津及び字地蔵前に限る。)」を「鎌ケ谷九丁目、南鎌ケ谷一丁目から南鎌ケ谷四丁目まで、東道野辺一丁目から東道野辺七丁目まで、西道野辺、馬込沢」に、
「(字下新山、字向新山及び字嘩子水台を除く。)」を「(字嘩子水台を除く。)、北中沢二丁目、北中沢三丁目、東中沢一丁目から東中沢四丁目まで」に、
「及び大字初富(字中富及び字富里に限る。)」を「、くぬぎ山一丁目からくぬぎ山四丁目まで及び大字初富字中富」に、
「東葛飾郡浦安町、同郡関宿町」を「浦安市、四街道市(大字下志津新田、大字大日(字中志津、字富士見丘、字桜ケ丘及び字・大作岡に限る。)及び大字鹿放ケ丘に限る。)、東葛飾郡関宿町」に改め、
「、印旛郡四街道町(大字下志津新田、大字大日(字中志津、字富士見丘、字桜ケ丘及び字大作岡に限る。)及び大字鹿放ケ丘に限る。)」を削り、
同号ニ中
「及び東永谷二丁目」を「から東永谷三丁目まで、上永谷一丁目から上永谷六丁目まで、丸山台一丁目から丸山台四丁目まで、日限山一丁目から日限山四丁目まで、東芹が谷及び下永谷一丁目から下永谷四丁目まで」に、
「及び瀬谷区」を「、瀬谷区、栄区及び泉区」に、
「長井町」を「長井」に改め、
同表第2号イ中
「各務原市」の下に「、可児市」を加え、
同号ロ中
「及び字前畑」を「、字前畑及び字芦西」に、
「字西松元、字東松元、字通長、字飛越、字中島東渕、字中島西渕、字水門口」を「字左タ田」に改め、
同号ハ中
「字永そわ、字南草及び字格谷」を「字南草」に改め、
同表の備考中
「昭和54年2月1日」を「平成2年8月1日」に改める。

別表第4第11号中
「200人」を「50人」に改める。
(瀬戸内海環境保全特別措置法施行令の一部改正)
第2条 瀬戸内海環境保全特別措置法施行令(昭和48年政令第327号)の一部を次のように改正する。
第4条の次に次の1条を加える。
(みなし指定地域特定施設)
第4条の2 法第12条の2の政令で定める施設は、建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第32条第1項の表に規定する算定方法により算定した処理対象人員が201人以上500人以下のし尿浄化槽とする。

第5条及び第6条中
「第12条の3第1項」を「第12条の4第1項」に改める。

第7条中
「第12条の5」を「第12条の6」に改める。

第8条第4号中
「第12条の4」を「第12条の5」に改め、
同条第5号中
「第12条の5」を「第12条の6」に改める。

別表第1第1号中
「二の尾」を「二尾」に、
「蜷ケ谷」を「蜷子谷」に、
「大字胡麻(字鷹ノ栖、字ミロク、字広野、字榎木谷及び字馬巻に限る。)及び大字畑郷」を「字胡麻、字上胡麻及び字畑郷」に改め、
同表第9号中
「及び大字高須」を「、大字高須、高須西一丁目、高須西二丁目、高須南一丁目から高須南五丁目まで、高須東一丁目から高須東四丁目まで及び高須北一丁目から高須北三丁目まで」に、
「大字香月」を「浅川台一丁目から浅川台三丁目まで、大字香月、吉祥寺町」に改め、
「大字笹田」の下に「、白岩町、自由ケ丘、千代ケ崎一丁目、千代ケ崎二丁目」を加え、
「及び大字馬場山」を「、大字馬場山、浅川日の峯一丁目から浅川日の峯四丁目まで、小嶺台二丁目から小嶺台四丁目まで、浅川一丁目、浅川二丁目、藤原一丁目から藤原四丁目まで、船越一丁目から船越三丁目まで、下畑町、馬場山東一丁目から馬場山東三丁目まで、東石坂町、池田一丁目から池田三丁目まで、石坂一丁目か.ら石坂三丁目まで、香月中央一丁目から香月中央五丁目まで、香月西一丁目から香月西四丁目まで、上香月一丁目から上香月四丁目まで、茶屋の原一丁目から茶屋の原四丁目まで、馬場山、馬場山西、馬場山原、馬場山緑、楠橋上方一丁目、楠橋上方二丁目、楠橋下方一丁目から楠橋下方三丁目まで、楠橋西一丁目から楠橋西三丁目まで、楠橋東一丁目、楠橋東二丁目、楠橋南一丁目から楠橋南三丁目まで、木屋瀬一丁目から木屋瀬五丁目まで、千代一丁目から千代五丁目まで、真名子一丁目、真名子二丁目、椋枝一丁目、椋枝二丁目、金剛一丁目から金剛四丁目まで、野面一丁目及び野面二丁目」に改め、
「大野城市」の下に「、宗像市、太宰府市」を加え、
同表の備考中
「昭和53年9月1日」を「平成2年8月1日」に改める。

別表第2第11号中
「(昭和25年政令第338号)」を削り、
「200人」を「50人」に改める。
(湖沼水質保全特別措置法施行令の一部改正)
第3条 湖沼水質保全特別措置法施行令(昭和60年政令第37号)の一部を次のように改正する。
第2条中
「第2条第3項」を「第2条第4項」に改める。

第5条の見出しを
「(みなし指定地域特定施設)」に改める。
附 則
(施行期日)
 この政令は、水質汚濁防止法等の一部を改正する法律の施行の日(平成2年9月22日)から施行する。ただし、第1条中水質汚濁防止法施行令第3条の次に1条を加える改正規定並びに同令別表第1及び別表第4の改正規定並びに第2条中瀬戸内海環境保全特別措置法施行令第4条の次に1条を加える改正規定及び同令別表第2の改正規定は、平成3年4月1日から施行する。
(地方税法施行令の一部改正)
 地方税法施行令(昭和25年政令第245号)の一部を次のように改正する。
第56条の42第2号中
「当該特定施設」を「水質汚濁防止法第2条第3項に規定する指定地域特定施設」に改める。
(環境庁組織令の一部改正)
 環境庁組織令(昭和46年政令第219号)の一部を次のように改正する。
第36条第1号中
「並びに総量削減基本方針」を「、総量削減基本方針」に改め、
「作成」の下に「並びに生活排水対策の推進」を加える。

houko.com