houko.com 

船員法第60条第2項及び第62条第1項の労働時間に係る経過措置に関する政令

  平成元・1・24・政令  8号==
改正平成3・12・10・政令368号−−
改正平成7・1・5・政令  1号−−
《改題》平7政001・旧・船員法第60条第2項及び第62条第1項の労働時間に係る暫定措置に関する政令
内閣は、船員法(昭和22年法律第100号)第146条第1項の規定により読み替えて適用する同法第60条第2項及び第62条第1項(同法第88条の3第2項の規定により読み替えて適用する場合を含む。)の規定に基づき、この政令を制定する。
沿海区域又は平水区域を航行区域とする総トン数700トン未満の船舶で国内各港間のみを航海するものに乗り組む海員に係る船員法第146条第1項の規定により読み替えて適用する同法第60条第2項及び第62条第1項(同法第88条の3第2項の規定により読み替えて適用する場合を含む。)の政令で定める時間は、44時間とする。
附 則
この政令は、船員法の一部を改正する法律(昭和63年法律第39号)の施行の日(平成元年4月1日)から施行する。