houko.com 

医薬品副作用被害救済・研究振興基金法の一部を改正する法律

  昭和64・1・6・法律  1号  
医薬品副作用被害救済・研究振興基金法(昭和54年法律第55号)の一部を次のように改正する。

附則第11条を附則第12条とし、
附則第8条から第10条までを1条ずつ繰り下げ、
附則第7条の次に次の1条を加える。
(後天性免疫不全症候群の病原体による健康被害の救済業務等)
第8条 基金は、当分の間、第1条の目的を達成するため第27条第1項から第4項まで及び附則第6条第1項に規定する業務を行うほか、医薬品(第2条第1項第1号に掲げる医薬品を含む。)に混入した後天性免疫不全症候群の病原体による健康被害の迅速かつ円滑な救済を図るため、厚生大臣の認可を受けて、当該健康被害の救済のために必要な事業を行う者の委託を受けてその救済のための救済給付に準ずる給付の事業を行うことができる。
 基金は、前項の業務については、特別の勘定を設けて経理しなければならない。
 第50条第2項の規定は、第1項に規定する給付として支給を受けた金銭について準用する。
 第1項の業務は、第58条第3号の規定の適用については、第27条第1項に規定する業務とみなす。
附 則
この法律は、公布の日から施行する。