houko.com 

社会保険労務士法の一部を改正する法律

  昭和61・5・23・法律 60号  


社会保険労務士法(昭和43年法律第89号)の一部を次のように改正する。

第2条第1項第1号の2の次に次の1号を加える。
1の3.労働社会保険諸法令に基づく申請、届出、報告その他の事項(主務省令で定めるものに限る。以下この号において「申請等」という。)について、又は当該申請等に係る行政機関等の調査若しくは処分に関し当該行政機関等に対してする主張若しくは陳述(主務省令で定めるものを除く。)について、代理すること(第25条の2第1項において「事務代理」という。)。

第14条の2に次の1項を加える。
 事業所に勤務し、第2条に規定する事務に従事する社会保険労務士(以下「勤務社会保険労務士」という。)は、社会保険労務士名簿に、第1項に規定する事項のほか、当該事業所の名称、所在地その他主務省令で定める事項の登録を受けなければならない。

第16条の次に次の2条を加える。
(勤務社会保険労務士の責務)
第16条の2 勤務社会保険労務士は、その勤務する事業所において従事する第2条に規定する事務の適正かつ円滑な処理に努めなければならない。
(研修)
第16条の3 社会保険労務士は、社会保険労務士会及び全国社会保険労務士会連合会が行う研修を受け、その資質の向上を図るように努めなければならない。
 事業主は、前項に規定する研修について、勤務社会保険労務士から受講の申出があつたときは、その事業の運営に支障のない範囲内で受講の機会を与えるように努めなければならない。

第25条の2第1項中
「申請書等を作成した」を「申請書等の作成若しくは事務代理をした」に改める。

第25条の7第1項第5号の2中
「会員」を「社会保険労務士」に改め、
同条第2項に次のただし書を加える。
ただし、事務所の所在地その他主務省令で定める事項に係る会則の変更については、この限りでない。

第25条の14第1号中
「第5号」を「第5号の2」に改め、
同条中
第4号を削り、
第5号を第4号とし、
第6号を第5号とする。
附 則

この法律は、昭和61年10月1日から施行する。

houko.com