houko.com 

海上衝突予防法の一部を改正する法律

  昭和58・4・5・法律 22号  
海上衝突予防法(昭和52年法律第62号)の一部を次のように改正する。

第10条第1項中
「政府間海事協議機関」を「国際海事機関」に改め、
同条第4項中
「船舶」の下に「(動力船であつて長さ20メートル未満のもの及び帆船を除く。)」を加え、
同条第5項中
「横断する」を「横断し、又は通航路に出入する」に改め、
同条中
第13項を第14項とし、
第12項の次に次の1項を加える。
13 第2項、第3項、第5項及び第11項の規定は、操縦性能制限船であつて、分離通航帯において船舶の航行の安全を確保するための作業又は海底電線の敷設、保守若しくは引提げのための作業に従事しているものについては、当該作業を行うために必要な限度において適用しない。

第22条中
「船舶が表示する」を「船舶その他の物件が表示する」に改め、
同条の表の上欄中
「船舶」の下に「(他の動力船に引かれている航行中の船舶であつて、その相当部分が水没しているため視認が困難であるものを除く。)」を加え、
同表に次のように加える。
他の動力船に引かれている航行中の船舶その他の物件であって、その相当部分が水没しているため視認が困難であるもの全周灯3海里

第23条第1項中
「次条第1項から第4項まで」を「次条第1項、第2項、第4項若しくは第7項」に、
「次の各号に」を「次に」に改め、
同項第2号中
「第3項」の下に「及び第4項」を加え、
同条第3項中
「第1項」の下に「又は前項」を加え、
同項を同条第4項とし、
同条第2項の次に次の1項を加える。
 航行中の長さ12メートル未満の動力船は、第1項の規定による灯火の表示に代えて、白色の全周灯1個及びげん灯一対を表示することができる。

第23条に次の2項を加える。
 航行中の長さ12メートル未満の動力船は、マスト灯を表示しようとする場合において、そのマスト灯を船舶の中心線上に装置することができないときは、マスト灯と同一の特性を有する灯火1個を船舶の中心線上の位置以外の位置に表示することをもつて足りる。
 航行中の長さ12メートル未満の動力船は、両色灯を表示しようとする場合において、マスト灯又は第3項若しくは第4項の規定による白色の全周灯を船舶の中心線上に装置することができないときは、その両色灯の表示に代えて、これと同一の特性を有する灯火1個を船舶の中心線上の位置以外の位置に表示することができる。この場合において、その灯火は、前項の規定によるマスト灯と同一の特性を有する灯火又は第3項若しくは第4項の規定による白色の全周灯が装置されている位置から船舶の中心線に平行に引いた直線上又はできる限りその直線の近くに掲げるものとする。

第24条第1項中
「次の各号に」を「次に」に改め、
同項第1号を次のように改める。
一 次のイ又はロに定めるマスト灯を掲げること。ただし、長さ50メートル未満の動力船は、イに定める後方のマスト灯を掲げることを要しない。
イ 前部に垂直線上にマスト灯2個(引いている船舶の船尾から引かれている船舶その他の物件の後端までの距離(以下この条において「えい航物件の後端までの距離」という。)が200メートルを超える場合にあつては、マスト灯3個)及びこれらのマスト灯よりも後方の高い位置にマスト灯1個
ロ 前部にマスト灯1個及びこのマスト灯よりも後方の高い位置に垂直線上にマスト灯2個(えい航物件の後端までの距離が200メートルを超える場合にあつては、マスト灯3個)

第24条第1項第5号中
「えい航物件までの距離」を「えい航物件の後端までの距離」に改め、
同条第2項中
「次の各号に」を「次に」に改め、
同項第1号を次のように改める。
一 次のイ又はロに定めるマスト灯を掲げること。ただし、長さ50メートル未満の動力船は、イに定める後方のマスト灯を掲げることを要しない。
イ 前部に垂直線上にマスト灯2個及びこれらのマスト灯よりも後方の高い位置にマスト灯1個
ロ 前部にマスト灯1個及びこのマスト灯よりも後方の高い位置に垂直線上にマスト灯2個

第24条中
第5項を第8項とし、
第4項を第7項とし、
同条第3項中
「船舶(第1項、次項(第2号に係る部分に限る。)、第26条第1項若しくは第2項又は第27条第2項から第4項までの規定の適用があるものを除く。以下この項において同じ。)その他の物件は、次の各号に」を「船舶その他の物件(第1項、第7項(第2号に係る部分に限る。)、第26条第1項若しくは第2項又は第27条第2項から第4項までの規定の適用がある船舶及び次項の規定の適用がある船舶その他の物件を除く。以下この項において同じ。)は、次に」に改め、
ただし書を削り、
同項第3号中
「えい航物件までの距離」を「えい航物件の後端までの距離」に改め、
同項を同条第4項とし、
同項の次に次の2項を加える。
 他の動力船に引かれている航行中の船舶その他の物件であつて、その相当部分が水没しているため視認が困難であるものは、次に定めるところにより、灯火又は形象物を表示しなければならない。この場合において、二以上の船舶その他の物件が連結して引かれているときは、これらの物件は、1個の物件とみなす。
一 前端又はその付近及び後端又はその付近に、それぞれ白色の全周灯1個を掲げること。ただし、石油その他の貨物を充てんして水上輸送の用に供するゴム製の容器は、前端又はその付近に白色の全周灯を掲げることを要しない。
二 引かれている船舶その他の物件の最大の幅が25メートル以上である場合は、両側端又はその付近にそれぞれ白色の全周灯1個を掲げること。
三 引かれている船舶その他の物件の長さが100メートルを超える場合は、前2号の規定による白色の全周灯の間に、100メートルを超えない間隔で白色の全周灯を掲げること。
四 後端又はその付近にひし形の形象物1個を掲げること。
五 えい航物件の後端までの距離が200メートルを超える場合は、できる限り前方の最も見えやすい場所にひし形の形象物1個を掲げること。
 前2項に規定する他の動力船に引かれている航行中の船舶その他の物件は、やむを得ない事由により前2項の規定による灯火又は形象物を表示することができない場合は、照明その他その存在を示すために必要な措置を講ずることをもつて足りる。

第24条第2項の次に次の1項を加える。
 遭難その他の事由により救助を必要としている船舶を引いている航行中の動力船であつて、通常はえい航作業に従事していないものは、やむを得ない事由により前2項の規定による灯火を表示することができない場合は、これらの灯火の表示に代えて、前条の規定による灯火を表示し、かつ、当該動力船が船舶を引いていることを示すため、えい航索の照明その他の第36条第1項の規定による他の船舶の注意を喚起するための信号を行うことをもって足りる。

第25条第1項中
「前条第3項若しくは第4項」を「前条第4項若しくは第7項」に改め、
同条第3項中
「12メートル」を「20メートル」に改める。

第27条第1項中
「第24条第3項又は第4項」を「第24条第4項又は第7項」に、
「次の各号に」を「次に」に、
「7メートル」を「12メートル」に改め、
「その灯火」の下に「又は形象物」を加え、
同条第2項中
「次の各号に」を「次に」に改め、
同項第4号中
「第30条の規定によるびよう泊中の船舶の」を「最も見えやすい場所に第30条第1項各号の規定による」に改め、
同条第5項及び第6項を次のように改める。
 前項に規定する操縦性能制限船であつて、潜水夫による作業に従事しているものは、その船体の大きさのために同項第2号から第5号までの規定による灯火又は形象物を表示することができない場合は、次に定めるところにより、灯火又は信号板を表示することをもつて足りる。
一 最も見えやすい場所に白色の全周灯1個を掲げ、かつ、その垂直線上の上方及び下方にそれぞれ紅色の全周灯1個を掲げること。
二 国際海事機関が採択した国際信号書に定めるA旗を表す信号板を、げん縁上1メートル以上の高さの位置に周囲から見えるように掲げること。
 航行中又はびよう泊中の操縦性能制限船であつて、掃海作業に従事しているものは、次に定めるところにより、灯火又は形象物を表示しなければならない。
一 当該船舶から1,000メートル以内の水域が危険であることを示す緑色の全周灯3個又は球形の形象物3個を掲げること。この場合において、これらの全周灯3個又は球形の形象物3個のうち、1個は前部マストの最上部付近に掲げ、かつ、他の2個はその前部マストのヤードの両端に掲げること。
二 航行中においては、第23条第1項各号の規定による灯火を掲げること。
三 びよう泊中においては、最も見えやすい場所に第30条第1項各号の規定による灯火又は形象物を掲げること。

第27条第7項中
「7メートル」を「12メートル」に改め、
「操縦性能制限船」の下に「(潜水夫による作業に従事しているものを除く。)」を、
「灯火」の下に「又は形象物」を加る。
第29条中
「次の各号に」を「次に」に改め、
同条第3号中
「次条の規定によるびよう泊中の船舶の」を「最も見えやすい場所に次条第1項各号の規定による」に改める。

第30条第1項中
「若しくは第4項」を「、第4項若しくは第6項」に、
「、第4項及び第5項」を「及び第4項」に、
「次の各号に」を「次に」に改め、
同項第1号に次のただし書を加える。
ただし、長さ50メートル未満の船舶は、これらの灯火に代えて、白色の全周灯1個を掲げることができる。

第30条第3項中
「次の各号に」を「次に」に改め、
同項第1号に次のただし書を加える。
ただし、長さ50メートル未満の船舶は、これらの灯火に代えて、白色の全周灯1個を掲げることができる。

第30条第4項を削り、
同条第5項中
「又は乗り揚げている船舶」を削り、
「びよう泊をし、又はその乗り揚げている」を「びよう泊をしている」に改め、
「、第3項又は前項」を削り、
同項を同条第4項とし、
同条に次の1項を加える。
 長さ12メートル未満の乗り揚げている船舶は、第3項第2号又は第3号の規定による灯火又は形象物を表示することを要しない。

第35条第1項中
「第11項」を「第12項」に改め、
同条第6項中
「以上の船舶」の下に「(第8項の規定の適用があるものを除く。)」を加え、
同条第7項中
「船舶」の下に「(次項の規定の適用があるものを除く。)」を加え、
同条中
第12項を第13項とし、
第8項から第11項までを1項ずつ繰り下げ、
第7項の次に次の1項を加える。
 びよう泊中の漁ろうに従事している船舶及び操縦性能制限船は、2分を超えない間隔で、長音1回に引き続く短音2回を鳴らすことにより汽笛信号を行わなければならない。

第36条に次の1項を加える。
 前項の規定による発光信号又は探照灯による照射は、船舶の航行を援助するための施設の灯火と誤認されるものであつてはならず、また、ストロボ等による点滅し、又は回転する強力な灯火を使用して行つてはならない。

第41条第3項中
「信号灯」の下に「、形象物」を加える。
附 則
(施行期日)
 この法律は、昭和58年6月1日から施行する。
(港則法の一部改正)
 港則法(昭和23年法律第174号)の一部を次のように改正する。
「第6章 船灯及び信号」を「第6章 灯火等」に改める。

第27条第2項中
「7メートル」を「12メートル」に改める。
(海上交通安全法の一部改正)
 海上交通安全法(昭和47年法律第115号)の一部を次のように改正する。
第28条の見出しを
「(帆船の灯火等)」に改め、
同条第2項中
「7メートル」を「12メートル」に改める。