houko.com 

自動車事故対策センター法の一部を改正する法律

  昭和56・6・18・法律 88号  


自動車事故対策センター法(昭和48年法律第65号)の一部を次のように改正する。

第31条第1項中
「行なう」を「行う」に、
「行ない」を「行い」に改め、
同項第8号を同項第9号とし、
同項第5号から第7号までを1号ずつ繰り下げ、
同項第4号の次に次の1号を加える。
5.自動車事故による被害者で後遺障害が存するため治療及び常時の介護を必要とするものを収容して治療及び養護を行う施設を設置し、及び運営すること。

第31条第2項中
「前項第8号」を「前項第9号」に、
「行なおう」を「行おう」に改める。

第32条中
「前条第1項第6号」を「前条第1項第7号」に、
「若しくは第6号」を「、第5号若しくは第7号」に改める。

第41条の次に次の1条を加える。
(財産の処分等の制限)
第41条の2 センターは、運輸省令で定める重要な財産を譲渡し、交換し、又は担保に供しようとするときは、運輸大臣の許可を受けなければならない。

第48条第1号中
「又は第39条」を「、第39条又は第41条の2」に改め、
同条第3号中
「又は第43条」を「、第41条の2又は第43条」に改める。

第49条及び第50条中
「5万円」を「10万円」に改める。

第51条中
「3万円」を「10万円」に改め、
同条第3号中
「行なつた」を「行つた」に改める。

第52条中
「1万円」を「5万円」に改める。
附 則
(施行期日)
第1条 この法律は、公布の日から施行する。
(罰則に関する経過措置)
第2条 この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。
(登録免許税法の一部改正)
第3条 登録免許税法(昭和42年法律第35号)の一部を次のように改正する。
別表第3中
9の2の項の次に次のように加える。
9の3 自動車事故対策センター自動車事故対策センター法(昭和48年法律第65号)自動車事故対策センター法第31条第1項第5号(業務)に規定する施設の用に供する建物の所有権の取得登記又は当該施設の用に供する土地の権利の取得登記第3欄の登記に該当するものであることを証する大蔵省令で定める書類の添付があるものに限る。
(地方税法の一部改正)
第4条 地方税法(昭和25年法律第226号)の一部を次のように改正する。
第73条の4第1項第8号の2の次に次の1号を加える。
8の3.自動車事故対策センターが自動車事故対策センター法(昭和48年法律第65号)第31条第1項第5号に規定する施設において直接その用に供する不動産

houko.com