houko.com 

農業者年金基金法の一部を改正する法律

  昭和55・4・10・法律 24号  


農業者年金基金法(昭和45年法律第78号)の一部を次のように改正する。

附則第10条の2の次に次の1条を加える。
(昭和55年度における年金給付の額の改定措置)
第10条の2の2 昭和54年度の総理府において作成する年度平均の全国消費者物価指数(以下「物価指数」という。)が昭和53年度の物価指数の100分の100を超えるに至つた場合においては、年金給付の額については、その上昇した比率を基準として、厚生年金保険法等の一部を改正する法律(昭和55年法律第82号)により国民年金法による老齢年金(老齢福祉年金を除く。)の額が改定される月分以後、政令で定めるところにより改定する。
 前項の規定により年金給付の額を改定する措置が講ぜられたときは、農業者年金基金法の一部を改正する法律(昭和51年法律第56号)附則第3条第3項中「附則第10条の2」とあるのは「附則第10条の2の2第1項」と、「昭和55年1月」とあるのは「昭和56年1月」とする。

附則第11条第1項中
「10年をこえない」を「20年を超えない」に、
「行なう」を「行う」に改め、
同項第1号中
「第42条第1項第2号ロに掲げる者」を「その者の直系卑属その他政令で定める者」に改める。
附 則
 
 この法律は、公布の日から施行する。ただし、附則第11条第1項第1号の改正規定は、昭和55年5月16日から施行する。
 
 改正後の附則第11条第1項第1号の規定は、昭和55年5月16日以後に経営移譲をした者について適用し、同日前に経営移譲をした者については、なお従前の例による。

houko.com