houko.com 

農業者年金基金法の一部を改正する法律

  昭和53・6・13・法律 69号  
改正平成7・6・7・法律103号−−(施行=平8年4月1日)


農業者年金基金法(昭和45年法律第78号)の一部を次のように改正する。

附則第10条の2の2中
「昭和51年度」を「昭和52年度」に、
「昭和50年度」を「昭和51年度」に改める。
附 則
(施行期日)
第1条 この法律は、公布の日から施行する。ただし、次条の規定は、昭和53年7月1日から施行する。
(保険料納付の特例)
第2条 農業者年金の被保険者又は被保険者であつた者(経営移譲年金を受ける権利を有する者を除く。)は、農業者年金基金に申し出て、昭和51年7月1日前のその者の被保険者期間のうち、保険料納付済期間以外の期間(当該期間に係る保険料を徴収する権利が時効によつて消滅している期間に限る。)について、1月につき3,600円を納付することができる。
 前項の規定による納付は、昭和54年12月31日までに行わなければならない。
 第1項の規定による納付は、先に経過した月の分から順次行うものとする。
 第1項の規定により納付が行われたときは、納付が行われた日に、納付に係る月の保険料が納付されたものとみなす。
 昭和53年7月1日前に経営移譲をした者が、第1項の規定による納付を行うことにより、農業者年金基金法第41条第1項第1号に定める経営移譲年金の支給を受けるのに必要な保険料納付済期間等を満たしたときは、同号の規定にかかわらず、その者に同条の経営移譲年金を支給する。
《改正》平7法103

houko.com