houko.com 

銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律

  昭和52・6・1・法律 57号  


銃砲刀剣類所持等取締法(昭和33年法律第6号)の一部を次のように改正する。

第22条の3を第22条の4とし、
第22条の2の次に次の1条を加える。
(販売目的の模擬銃器の所持の禁止)
第22条の3 何人も、販売の目的で、模擬銃器(金属で作られ、かつ、けん銃、小銃、機関銃又は猟銃に類似する形態及び撃発装置に相当する装置を有する物で、銃砲に改造することが著しく困難なものとして総理府令で定めるもの以外のものをいう。次項において同じ。)を所持してはならない。
 前条第1項ただし書及び第2項の規定は、模擬銃器の所持について準用する。

第31条第1項中
「5年以下の懲役又は30万円以下の罰金」を「1年以上10年以下の懲役」に改め、
同条第2項中
「7年以下の懲役又は50万円」を「1年以上の有期懲役又は1年以上の有期懲役及び300万円」に改める。

第31条の2中
「各号の一」を「各号のいずれか」に、
「5年」を「10年」に、
「20万円」を「100万円」に改め、
「又は猟銃」を削る。

第31条の4中
「5万円」を「20万円」に改め、
同条を第31条の5とし、
第31条の3中
「各号の一」を「各号のいずれか」に、
「10万円」を「30万円」に改め、
同条を第31条の4とし、
第31条の2の次に次の1条を加える。
第31条の3 次の各号のいずれかに該当する者は、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
1.第3条第1項の規定に違反して猟銃を所持した者
2.偽りの方法により猟銃の所持について第4条又は第6条の規定による許可を受けた者

第32条中
「各号の一」を「各号のいずれか」に、
「3万円」を「20万円」に改め、
第3号を第4号とし、
第2号の次に次の1号を加える。
3.第22条の3第1項の規定に違反した者第33条中

「各号の一」を「各号のいずれか」に、
「1万円」を「10万円」に改める。

第34条中
「第31条」を「第31条の2」に改める。

第35条中
「各号の一」を「各号のいずれか」に、
「1万円」を「10万円」に改め、
同条第1号中
「第22条の2から第23条まで」を「第22条の2第1項、第22条の4、第23条」に改める。

第37条中
「第31条から第31条の3まで、第32条第1号若しくは第3号」を「第31条第2項若しくは第3項、第31条の2から第31条の4まで、第32条第1号、第3号若しくは第4号」に改める。
附 則
(施行期日)
 この法律は、公布の日から起算して1月を経過した日から施行する。ただし、第22条の3を第22条の4とし、第22条の2の次に1条を加える改正規定、第32条中第3号を第4号とし、第2号の次に1号を加える改正規定、第35条第1号の改正規定及び第37条の改正規定(第32条に係る部分に限る。)は、公布の日から起算して6月を経過した日から施行する。
(武器等製造法の一部改正)
 武器等製造法(昭和28年法律第145号)の一部を次のように改正する。
第31条後段中
「第1号又は」及び「銃砲又は」を削り、
「30万円」を「50万円」に改め、
同条第1号中
「違反した者」を「違反して武器(銃砲を除く。)を製造した者」に改め、
同条を第31条の2とし、
第5章中同条の前に次の1条を加える。
第31条 第4条の規定に違反して銃砲を製造した者は、1年以上10年以下の懲役に処する。
 営利の目的で前項の違反行為をした者は、1年以上の有期懲役又は1年以上の有期懲役及び300万円以下の罰金に処する。
 前2項の未遂罪は、罰する。

第35条中
「前4条」を「第31条第2項若しくは第3項又は第31条の2から前条まで」に改める。
(経過措置)
 この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

houko.com