houko.com 

検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律

  昭和51・11・5・法律 81号  


検察官の俸給等に関する法律(昭和23年法律第76号)の一部を次のように改正する。

第9条中
「369,000円」を「400,000円」に改める。

別表を次のように改める。
別表(第2条関係)
区分報酬月額
検事総長1,050,000円
次長検事740,000円
東京高等検察庁検事長810,000円
その他の検事長740,000円
検事1号718,000円
2号637,000円
3号598,000円
4号512,000円
5号442,000円
6号400,000円
7号360,000円
8号330,000円
9号266,900円
10号239,800円
11号221,600円
12号204,500円
13号188,500円
14号177,500円
15号165,100円
16号157,700円
17号142,300円
18号136,000円
19号127,200円
20号122,100円
副検事1号360,000円
2号281,100円
3号266,900円
4号239,800円
5号221,600円
6号204,500円
7号188,500円
8号177,500円
9号165,100円
10号157,700円
11号142,300円
12号136,000円
13号127,200円
14号122,100円
15号114,000円
16号107,600円
附 則
 
 この法律は、公布の日から施行し、この法律による改正後の検察官の俸給等に関する法律の規定は、昭和51年4月1日から適用する。
 
 検察官が昭和51年4月1日以後の分として支給を受けた俸給その他の給与は、この法律による改正後の検察官の俸給等に関する法律の規定による俸給その他の給与の内払とみなす。

houko.com