houko.com 

国会議員の秘書の給料等に関する法律の一部を改正する法律

  昭和51・11・5・法律 76号  


国会議員の秘書の給料等に関する法律(昭和32年法律第128号)の一部を次のように改正する。

第4条第2項中
「割合」を「割合(6月1日に係る勤勉手当の額については、当該各号に掲げる割合に6分の5を乗じて得た割合)」に改める。
附 則
(施行期日等)
 この法律は、公布の日から施行し、改正後の国会講員の秘書の給料等に関する法律(以下「改正後の法」という。)の規定は、昭和51年4月1日から適用する。
(勤勉手当の額の特例)
 昭和51年6月に改正前の国会講員の秘書の給料等に関する法律(以下「改正前の法」という。)第4条第1項及び第2項の規定に基づいて受けた国会議員の秘書の勤勉手当の額が、改正後の法第4条第1項及び第2項の規定に基づいてその者が同月に受けることとなる勤勉手当の額を超えるときは、同月に受けるべきその者の勤勉手当の額は、同条第2項の規定こかかわらず、その差額を同条第1項及び第2項の規定に基づいて受けることとなる勤勉手当の額に加算した額とする。
(勤勉手当の内払)
 国会議員の秘書が、改正前の法第4条第1項及び第2項の規定に基づいて受けた勤勉手当は、改正後の法第4条第1項及び第2項又は前項の規定による勤勉手当の内払とみなす。

houko.com