houko.com 

国会議員互助年金法の一部を改正する法律

  昭和51・5・14・法律 16号  


国会議員互助年金法(昭和33年法律第70号)の一部を次のように改正する。

第23条第1項中
「100分の8.4」を「100分の9」に改める。

第27条中
「第77条」の下に「第78条ノ2」を加える。
附 則
(施行期日)
 この法律は、昭和51年6月1日から施行する。ただし、第27条の改正規定及び附則第4項の規定は、同年7月1日から施行する。
(昭和48年3月31日以前に退職した国会議員等に給する互助年金の年額の特例)
 昭和48年3月31日以前に退職し、若しくは死亡した国会議員又はこれらの者の遺族に給する互助年金については、昭和51年6月分以降、その年額を、600万円を退職又は死亡当時の歳費年額とみなし、改正後の国会議員互助年金法の規定によつて算出して得た年額に改定する。
(職権改定)
 前項の規定による互助年金の年額の改定は、総理府恩給局長が受給者の請求を待たずに行う。
(恩給法第3章の規定の改正に伴う経過措置)
 国会議員互助年金法第20条において恩給法(大正12年法律第48号)第3章の規定を準用する場合における恩給法等の一部を改正する法律(昭和51年法律第51号)による恩給法第3章の規定の改正に伴う経過措置については、恩給法等の一部を改正する法律附則第11条の規定の例による。

houko.com