houko.com 

学校教育法の一部を改正する法律

【目次】
  昭和49・6・1・法律 70号  
学校教育法(昭和22年法律第26号)の一部を次のように改正する。
第28条第1項中
「校長」の下に「、教頭」を加え、
「事務職員を置かない」を「教頭又は事務職員を置かない」に改め、
同条第2項中
「助教諭その他」を削り、
同条第4項及び第5項中
「掌る」を「つかさどる」に改め、
同条第3項中
「掌り」を「つかさどり」に改め、
同項の次に次の2項を加える。
  教頭は、校長を助け、校務を整理し、及び必要に応じ児童の教育をつかさどる。
  教頭は、校長に事故があるときはその職務を代理し、校長が欠けたときはその職務を行なう。この場合において教頭が2人以上あるときは、あらかじめ校長が定めた順序で、その職務を代理し、又は行なう。

第28条に次の3項を加える。
  講師は、教諭又は助教諭に準ずる職務に従事する。
  養護助教諭は、養護教諭の職務を助ける。
  特別の事情のあるときは、第1項の規定にかかわらず、教諭に代えて助教諭又は講師を、養護教諭に代えて養護助教諭を置くことができる。

第50条第1項中
「校長」の下に「、教頭」を加える。

第50条第2項中
「助教諭」を「養護助教諭、実習助手」に改め、
同項の次に次の2項を加える。
  実習助手は、実験又は実習について、教諭の職務を助ける。
  特別の事情のあるときは、第1項の規定にかかわらず、教諭に代えて助教諭又は講師を置くことができる。

第50条の次に次の1条を加える。
第50条の2 高等学校に、全日制の課程、定時制の課程又は通信制の課程のうち二以上の課程を置くときは、それぞれの課程に関する校務を分担して整理する教頭を置かなければならない。

第51条中
「第7項」を「第11項」に改める。

第70条及び第70条の9中
「第6項」を「第8項」に、
「第3項」を「第4項」に改める。

第73条の次に次の2条を加える。
第73条の2 盲学校、聾学校及び養護学校には、寄宿舎を設けなければならない。ただし、特別の事情のあるときは、これを設けないことができる。
第73条の3 寄宿舎を設ける盲学校、聾学校及び養護学校には、寮母を置かなければならない。
  寮母は、寄宿舎における児童、生徒又は幼児の養育に従事する。

第76条中
「第28条(第40条及び第51条」を「第28条(第40条、第51条及び第82条」に改める。

第81条第1項中
「園長」の下に「、教頭」を加え、
同項に次のただし書を加える。
ただし、特別の事情のあるときは、教頭を置かないことができる。

第81条第2項中
「前項のほか、」の下に「養護教諭、養護助教諭その他」を加え、
同条第4項中
「掌る」を「つかさどる」に改め、
同条第3項中
「掌り」を「つかさどり」に改め、
同項の次に次の2項を加える。
  教頭は、園長を助け、園務を整理し、及び必要に応じ幼児の保育をつかさどる。
  特別の事情のあるときは、第1項の規定にかかわらず、教諭に代えて助教諭又は講師を置くことができる。

第82条中
「第34条」を「第28条第5項、第7項及び第9項から第11項まで並びに第34条」に改める。
附 則
(施行期日)
第1条 この法律は、公布の日から起算して3月を経過した日から施行する。
(関係法律の一部改正)
第2条 市町村立学校職員給与負担法(昭和23年法律第135号)の一部を次のように改正する。
第1条中
「校長」の下に「、教頭」を加える。

第2条中
「並びに」を「、定時制の課程に関する校務を整理する教頭並びに」に改める。
第3条 教育公務員特例法(昭和24年法律第1号)の一部を次のように改正する。
第2条第2項中
「助教授」の下に「、教頭」を、
「養護教諭」の下に「、養護助教諭」を加える。
第4条 一般職の職員の給与に関する法律(昭和25年法律第95号)の一部を次のように改正する。
別表第5ロの備考中
「校長」を「校長、教頭」に改め、
同表ハの備考中
「園長」を「園長、教頭」に改める。
第5条 高等学校の定時制教育及び通信教育振興法(昭和28年法律第238号)の一部を次のように改正する。
第5条第1項中
「本務として定時制教育」を「定時制の課程又は通信制の課程に関する校務を整理する教頭並びに本務として定時制教育」に改める。
第6条 義務教育諸学校における教育の政治的中立の確保に関する臨時措置法(昭和29年法律第157号)の一部を次のように改正する。
第2条第2項中
「、校長」の下に「若しくは教頭」を、
「の校長」の下に「又は教頭」を加え、
「、教諭、助教諭又は」を「又は教諭、助教諭若しくは」に改める。
第7条 女子教育職員の出産に際しての補助教育職員の確保に関する法律(昭和30年法律第125号)の一部を次のように改正する。
第2条第2項中
「教諭」を「教頭、教諭」に改める。
第8条 農業、水産、工業又は商船に係る産業教育に従事する国立及び公立の高等学校の教員及び実習助手に対する産業教育手当の支給に関する法律(昭和32年法律第145号)の一部を次のように改正する。
第2条中
「教諭」を「教頭、教諭」に改める。
第9条 公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律(昭和33年法律第116号)の一部を次のように改正する。
第2条第3項中
「校長」の下に「及び教頭」を加え、
「、教諭」を「並びに教諭」に改める。

第7条中
「校長、」の下に「教頭、」を加える。
第10条 公立高等学校の設置、適正配置及び教職員定数の標準等に関する法律(昭和36年法律第188号)の一部を次のように改正する。
第2条第1項中
「校長」の下に「及び教頭」を加え、
「、教諭」を「並びに教諭」に改める。

第9条中
「教諭、」を「教頭、教諭、」に改める。
第11条 国立及び公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法(昭和46年法律第77号)の一部を次のように改正する。
第2条第2項中
「校長」の下に「、教頭」を加える。
第12条 学校教育の水準の維持向上のための義務教育諸学校の教育職員の人材確保に関する特別措置法(昭和49年法律第2号)の一部を次のように改正する。
第2条第2項中
「校長」の下に「、教頭」を加える。