houko.com 

国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律

  昭和48・4・12・法律 10号  
国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の一部を次のように改正する。
第3条に次の1項を加える。
 「国民の祝日」が日曜日にあたるときは、その翌日を休日とする。
附 則
 この法律は、公布の日から施行する。
 検察審査会法(昭和23年法律第147号)の一部を次のように改正する。
第13条第2項中
「日曜日」の下に「又は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日」を、
「前日」の下に「(その前日が日曜日又は国民の祝日に関する法律に関する休日にあたるときは、その前前日)」を加える。
 一般職の職員の給与に関する法律(昭和25年法律第95号)の一部を次のように改正する。
第17条第3項中
「規定する日」を「規定する休日(第14条第4項又は第5項の規定に基づき日曜日以外の日を勤務を要しない日と定められている職員にあつては、当該休日が勤務を要しない日に当たるときは、人事院規則で定める日に改める。
 繭糸価格安定法(昭和26年法律第310号)の一部を次のように改正する。
第13条第4項中
「(翌日が祝日又は日曜日に当たるときは、翌翌日)」を削り、
同項に次のただし書を加える。
ただし、当該届出期限の日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日又は日曜日に当たるときは、その日の翌日をもつて当該届出期限の日とする。
 特許法(昭和34年法律第121号)の一部を次のように改正する。
第3条第2項中
「国民の祝日」を「国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日」に改める。