houko.com 

毒物及び劇物取締法等の一部を改正する法律

  昭和47・6・26・法律103号  
(毒物及び劇物取締法の一部改正)
第1条 毒物及び劇物取締法(昭和25年法律第303号)の一部を次のように改正する。
第3条の2の次に次の2条を加える。
第3条の3 興奮、幻覚又は麻酔の作用を有する毒物又は劇物(これらを含有する物を含む。)であつて政令で定めるものは、みだりに摂取し、若しくは吸入し、又はこれらの目的で所持してはならない。
第3条の4 引火性、発火性又は爆発性のある毒物又は劇物であつて政令で定めるものは、業務その他正当な理由による場合を除いては、所持してはならない。

第15条の見出し中
「交付の制限」を「交付の制限等」に改め、
同条中
「左に」を「次に」に改め、
同条に次の3項を加える。
 毒物劇物営業者は、厚生省令の定めるところにより、その交付を受ける者の氏名及び住所を確認した後でなければ、第3条の4に規定する政令で定める物を交付してはならない。
 毒物劇物営業者は、帳簿を備え、前項の確認をしたときは、厚生省令の定めるところにより、その確認に関する事項を記載しなければならない。
 毒物劇物営業者は、前項の帳簿を、最終の記載をした日から5年間、保存しなければならない。

第16条の2中
「又は警察署」を「、警察署又は消防機関」に改め、
同条に次の1項を加える。
 毒物劇物営業者及び特定毒物研究者は、その取扱いに係る毒物又は劇物が盗難にあい、又は紛失したときは、直ちに、その旨を警察署に届け出なければならない。

第23条第1項中
「左の」を「次の」に、
「当該各号に」を「当該各号の申請に対する審査又は毒物劇物取扱者試験の実施に要する実費を勘案して政令で」に改め、
「1000円」、「500円」、「300円」及び「200円」を削り、
同条第2項中
「の手数料」を「に掲げる者が納める手数料」に改める。

第24条中
「左の」を「次の」に改め、
同条第3号中
「第15条」を「第15条第1項」に改める。

第24条の2を次のように改める。
第24条の2 次の各号の一に該当する者は、2年以下の懲役若しくは5万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一 みだりに摂取し、若しくは吸入し、又はこれらの目的で所持することの情を知つて第3条の3に規定する政令で定める物を販売し、又は授与した者
二 業務その他正当な理由によることなく所持することの情を知つて第3条の4に規定する政令で定める物を販売し、又は授与した者
三 第22条第6項の規定による命令に違反した者

第24条の2の次に次の2条を加える。
第24条の3 第3条の4の規定に違反した者は、6月以下の懲役若しくは3万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
第24条の4 第3条の3の規定に違反した者は、3万円以下の罰金に処する。

第25条中
「左の」を「次の」に、
「5000円」を「1万円」に改め、
同条第2号の次に次の1号を加える。
二の二 第15条第2項から第4項までの規定に違反した者

第26条中
「前3条」を「第24条から第24条の3まで又は前条」に改める。
(麻薬取締法の一部改正)
第2条 麻薬取締法(昭和28年法律第14号)の一部を次のように改正する。
第54条第5項中
「若しくはあへん法」を「、あへん法若しくは覚せい剤取締法(昭和26年法律第252号)」に、
「若しくはあへんの中毒」を「、あへん若しくは覚せい剤の中毒」に、
「行う」を「行なう」に改め、
同条第6項及び第7項中
「行う」を「行なう」に改める。
(覚せい剤取締法の一部改正)
第3条 覚せい剤取締法(昭和26年法律第252号)の一部を次のように改正する。
第33条の見出しを
「(覚せい剤監視員)」に改め、
同条第1項中
「薬事法第77条(薬事監視員の設置)に規定する薬事監視員が行う」を「次の各号に掲げる者が行なう」に改め、
同項に次の2号を加える。
一 麻薬取締官又は薬事監視員のうちから厚生大臣があらかじめ指定する者
二 麻薬取締員又は薬事監視員のうちから都道府県知事があらかじめ指定する者

第33条第2項中
「薬事監視員」を「覚せい剤監視員」に改め、
同項を同条第3項とし、
同条第1項の次に次の1項を加える。
 前項第1号又は第2号の規定により指定された者は、覚せい剤監視員と称する。
附 則
(施行期日)
 この法律は、公布の日から起算して3月をこえない範囲内において政令で定める日から施行する。ただし、第2条、第3条及び附則第3項の規定は、公布の日から施行する。
昭和47年8月1日(昭47政251)
(経過規定)
 この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。
(厚生省設置法の一部改正)
 厚生省設置法(昭和24年法律第151号)の一部を次のように改正する。
第34条中
「及びあへん」を「、あへん、覚せい剤及び覚せい剤原料」に改める。