houko.com 

道路交通法の一部を改正する法律

  昭和47・6・1・法律 51号  
道路交通法(昭和35年法律第105号)の一部を次のように改正する。

目次中
「第71条の2」を「第71条の3」に改める。

第40条第1項中
「進行」を「通行」に改める。

第71条中
「、車両等を運転するときは、第64条、第65条第1項、第66条、前条並びに第85条第5項及び第6項に定めるもののほか」を削り、
同条第2号中
「同項」を「同条第1項若しくは第2項」に改め、
同条第3号中
「通行」を「通過」に改め、
同条第5号の2の次に次の1号を加え、
同条の付記中
「第5号まで」の下に「、第5号の3」を加える。
五の三 自動車を運転する場合において、次条に規定する者又は第84条第2項に規定する仮運転免許を受けた者が表示自動車(次条又は第87条第3項に規定する標識をつけた普通自動車をいう。以下この号において同じ。)を運転しているときは、危険防止のためやむを得ない場合を除き「進行している当該表示自動車の側方に幅寄せをし、又は当該自動車が進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる表示自動車が当該自動車との間に第26条に規定する必要な距離を保つことができないこととなるときは進路を変更しないこと。

第4章第1節中
第71条の2を第71条の3とし、
第71条の次に次の1条を加える。
(初心運転者の遵守事項)
第71条の2 第84条第3項に規定する普通自動車免許を受けた者で、当該普通自動車免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)が通算して1年に達しないもの(政令で定める者を除く。)は、総理府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に総理府令で定める様式の標識をつけないで普通自動車を運転してはならない。
(罰則 第121条第1項第9号の3、同条第2項)

第75条の4中
「運転」を「進行」に改める。

第84条に次の1項を加える。
 仮免許を分けて、大型自動車仮免許(以下「大型仮免許」という。)及び普通自動車仮免許(以下「普通仮免許」という。)の二種類とする。

第85条第5項中
「大型自動車、普通自動車若しくは大型特殊自動車の運転の経験の期間」を「大型免許、普通免許若しくは大型特殊免許を受けた者で、当該いずれかの免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)」に改め、
同条第7項中
「当該旅客自動車運送事業」を「旅客自動車運送事業」に改める。

第86条第1項、第3項及び第4項中
「当該旅客自動車運送事業」を「旅客自動車運送事業」に改める。

第87条を次のように改める。
(仮免許)
第87条 大型自動車若しくは普通自動車を当該自動車を運転することができる第一種免許若しくは第二種免許を受けないで練習のため運転しようとする者又は普通自動車を第97条第1項第2号に掲げる事項について行なう普通免許の運転免許試験若しくは第98条に規定する指定自動車教習所における普通自動車の運転に関する技能についての技能検定(次項において「試験等」という。)において運転しようとする者は、その運転しようとする自動車が大型自動車であるときは大型仮免許を、普通自動車であるときは普通仮免許を受けなければならない。
 大型仮免許を受けた者は練習のため大型自動車若しくは普通自動車を又は試験等において普通自動車を、普通仮免許を受けた者は練習のため又は試験等において普通自動車を運転することができる。この場合において、仮免許を受けた者は、練習のため自動車を運転しようとするときは、その運転者席の横の乗車装置に、当該自動車を運転することができる第一種免許を受けている者(免許の効力が停止されている者を除く。)で当該免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)が通算して3年以上のもの、当該自動車を運転することができる第二種免許を受けている者(免許の効力が停止されている者を除く。)その他政令で定める者を同乗させ、かつ、その指導の下に、当該自動車を運転しなければならない。
 仮免許を受けた者は、練習のため自動車を運転しようとするときは、総理府令で定めるところにより当該自動車の前面及び後面に総理府令で定める様式の標識をつけて当該自動車を運転しなければならない。
 仮免許を受けた者は、第2項の規定にかかわらず、旅客自動車運送事業に係る旅客を運送する目的で旅客自動車を運転することはできない。
 仮免許の有効期間は、当該仮免許に係る第97条第1項第1号に掲げる事項について行なう運転免許試験(第90条及び第92条の2において「適性試験」という。)を受けた日から起算して3月とする。ただし、当該期間が満了するまでの間に、大型仮免許を受けた者が大型免許若しくは大型第二種免許を受け、又は普通仮免許を受けた者が大型自動車若しくは普通自動車を運転することができる第一種免許若しくは第二種免許を受けたときは、当該仮免許は、その効力を失う。
(罰則 第2項後段については第118条第1項第6号 第3項については第120条第1項第14号、同条第2項)

第88条第1項各号列記以外の部分中
「免許」を「第一種免許又は第二種免許」に改め、
同項第1号中
「(大型自動車に係る仮免許を含む。)」及び「(普通自動車に係る仮免許を含む。)」を削り、
同条中
第2項を第3項とし、
第1項の次に次の1項を加える。
 次の各号のいずれかに該当する者に対しては、仮免許を与えない。
一 大型仮免許にあつては20歳(政令で定める者にあつては、19歳)に、普通仮免許にあつては18歳に、それぞれ満たない者
二 前項第2号から第4号までのいずれかに掲げる者

第90条第1項中
「当該運転免許試験に合格した日から起算して1年」を「当該運転免許試験に係る適性試験を受けた日から起算して、第一種免許又は第二種免許にあつては1年を、仮免許にあつては3月」に、
「免許を与えず」を「免許(仮免許を除く。以下この条において同じ。)を与えず」に改める。

第92条第3項を削り、
同条の次に次の1条を加える。
(免許証の有効期間)
第92条の2 第一種免許及び第二種免許に係る免許証(第101条第2項又は第101条の2第3項の規定により更新された免許証を除く。)の有効期間は、当該運転免許試験に係る適性試験を受けた日の後のその者の3回目の誕生日(その者の誕生日が2月29日であるときは、その者の誕生日は2月28日であるものとみなす。以下この条において同じ。)が経過するまでの期間とする。
 第101条第2項の規定により免許証の有効期間が更新された場合における当該更新された免許証の有効期間は、更新前の免許証の有効期間が満了した後のその者の3回目の誕生日が経過するまでの期間とする。
 第101条の2第3項の規定により免許証の有効期間が更新された場合における当該更新された免許証の有効期間は、同条第2項の規定による適性検査を受けた日の後のその者の3回目の誕生日が経過するまでの期間とする。

第96条第1項中
「、第一種免許及び」を「第一種免許の運転免許試験を、同条第2項各号のいずれかに該当する者は」に改め、
同条第2項中
「普通自動車又は大型特殊自動車の運転の経験の期間」を「当該いずれかの免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)」に改め、
同条第4項中
「大型自動車、普通自動車又は大型特殊自動車の運転の経験の期間」を「当該いずれかの免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)」に改め、
同条の次に次の1条を加える。
第96条の2 普通免許の運転免許試験を受けようとする者(政令で定める者を除く。)は、仮免許を現に受けている者に該当し、かつ、過去3月以内に5日以上、総理府令で定めるところにより道路において自動車の運転の練習をした者でなければならない。

第97条第3項中
「前2項」を「前3項」に改め、
同項を同条第4項とし、
同条第2項中
「前項第3号」を「第1項第3号」に改め、
同条中
同項を第3項とし、
第1項の次に次の1項を加える。
 前項第2号に掲げる事項について行なう普通免許の運転免許試験は、道路において行なうものとする。

第98条を次のように改める。
(指定自動車教習所)
第98条 公安委員会は、自動車の運転に関する教習の水準を高め、もつて自動車の運転者の資質の向上を図るため、自動車の運転に関する技能及び知識について教習を行なつている施設のうち、職員、設備等に関する次に掲げる基準に適合するものを、当該施設を設置し、又は管理する者の申請に基づき、指定自動車教習所として指定することができる。
一 政令で定める要件を備えた当該施設を管理する者が置かれていること。
二 次項の規定により選任された技能検定員が置かれていること。
三 次に掲げる業務を行なわせるため、当該施設を管理する者により選任された政令で定める要件を備えたそれぞれ次に掲げる職員が置かれていること。
イ 自動車の運転に関する技能の教習 技能指導員
ロ 自動車の運転に関する知識の教習 学科指導員
四 自動車の運転に関する技能及び知識の教習並びに技能検定(自動車の運転に関する技能についての検定で、総理府令で定めるところにより行なわれるものをいう。以下同じ。)のための設備が政令で定める基準に適合していること。
五 当該施設の運営が政令で定める基準に適合していること。
 指定自動車教習所を管理する者は、技能検定を行なわせるため、次に掲げる要件を備えた技能検定員を選任しなければならない。
一 25歳以上の者であること。
二 その者が従事する技能検定に用いられる自動車を運転することができる免許(仮免許を除く。)を現に受けている者で、次のいずれにも該当せず、かつ、技能検定に関する技能及び知識に関し総理府令で定めるところにより公安委員会が行なう審査に合格したものであること。
イ 過去2年以内に第6項に規定する卒業証明書又は修了証明書の発行に関し不正な行為をした者
ロ 法第117条の3第2号の罪を犯し罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日から起算して2年を経過していない者
ハ 自動車等の運転に関し刑法(明治40年法律第45号)第211条の罪又はこの法律に規定する罪(第117条の3第2号の罪を除く。)を犯し禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日から起算して2年を経過していない者
 指定自動車教習所を管理する者は、自動車の運転に関する技能若しくは知識の教習又は技能検定には、それぞれ第1項第3号の規定に基づく政令で定める要件を備えた技能指導員若しくは学科指導員又は前項に規定する要件を備えた技能検定員以外の者を従事させてはならない。
 指定自動車教習所を管理する者は、公安委員会から当該指定自動車教習所の職員について第108条の2第1項第3号に規定する講習を行なう旨の通知を受けたときは、当該職員に当該講習を受けさせなければならない。
 指定自動車教習所を管理する者は、総理府令で定めるところにより自動車の運転に関する技能及び知識の教習を終了した者に限り、技能検定員にその者についての技能検定を行なわせるものとする。この場合において、技能検定員は、当該技能検定に合格した者について、技能検定に合格した者である旨の証明をしなければならない。
 指定自動車教習所は、技能検定に合格した者であることを技能検定員が証明した者に限り、総理府令で定めるところにより、総理府令で定める様式の卒業証明書又は修了証明書を発行することができる。この場合において、当該卒業証明書又は修了証明書には、総理府令で定めるところにより、技能検定員の当該技能検定に合格した旨の書面による証明を付するものとする。
 公安委員会は、指定自動車教習所について、第1項に掲げる基準に適合しているかどうか、又は第3項、第5項若しくは前項の規定に従い運営されているかどうかを検査し、及び当該指定自動車教習所を設置し、又は管理する者に対し、必要な報告又は資料の提出を求めることができる。
 公安委員会は、技能指導員若しくは学科指導員又は技能検定員がその業務について不正な行為をしたときは、指定自動車教習所を管理する者に対し、これらの者の解任を命ずることができる。
 公安委員会は、前項の規定による命令をしようとするときは、当該指定自動車教習所を管理する者及び当該技能指導員若しくは学科指導員又は技能検定員に対し、あらかじめ、弁明をなすべき日時及び場所並びに当該処分をしようとする理由を通知して、当該事案について弁明及び有利な証拠の提出の機会を与えなければならない。
10 公安委員会は、指定自動車教習所が第1項に掲げる基準に適合しなくなつたとき、若しくは第6項の規定に違反して卒業証明書若しくは修了証明書を発行したとき、又は指定自動車教習所を管理する者が第3項若しくは第4項の規定に違反し、第5項前段に規定する者以外の者について技能検定を行なわせ、若しくは第8項の規定による命令に違反したときは、その指定を解除し、又は6月をこえない範囲内で期間を定めて当該指定自動車教習所が当該期間内における教習に基づき第6項に規定する卒業証明書若しくは修了証明書を発行することを禁止することができる。
11 公安委員会は、前項の規定により卒業証明書又は修了証明書の発行を禁止したときは、当該指定自動車教習所を設置し、又は管理する者に対し、当該指定自動車教習所を第1項に掲げる基準に適合させるため必要な措置をとるべきことを命ずることができる。
12 公安委員会は、第10項の規定による卒業証明書若しくは修了証明書の発行の禁止の処分を受けた指定自動車教習所が当該禁止に違反して卒業証明書若しくは修了証明書を発行したときは、その指定を解除し、又は指定自動車教習所を設置し若しくは管理する者が前項の規定による命令に違反したときは、その指定を解除し、若しくは6月をこえない範囲内で卒業証明書若しくは修了証明書を発行することを禁止する期間を延長することができる。

第98条の次に次の1条を加える。
(罰則の適用)
第98条の2 前条第1項第2号に規定する技能検定員は、刑法その他の罰則の適用については、法令により公務に従事する職員とみなす。

第99条第1項中
「第一種免許の」を削り、
同項第1号を次のように改める。
一 第98条第6項に規定する卒業証明書(同項後段に規定する技能検定員の書面による証明が付されているものに限る。)を有する者で当該卒業証明書に係る技能検定を受けた日から起算して1年を経過しないもの又は同項に規定する修了証明書(同項後段に規定する技能検定員の書面による証明が付されているものに限る。)を有する者で当該修了証明書に係る技能検定を受けた日から起算して3月を経過しないもの

第103条第1項中
「免許を受けた者が第88条第1項第2号、第3号又は第4号」を「免許(仮免許を除く。以下第106条までにおいて同じ。)を受けた者が第88条第1項第2号から第4号まで」に、
「同項第2号、第3号又は第4号」を「当該各号」に改め、
同条第4項中
「第88条第1項第2号、第3号又は第4号」を「第88条第1項第2号から第4号まで」に改める。

第106条の次に次の1条を加える。
(仮免許の取消し)
第106条の2 仮免許を受けた者が第88条第1項第2号から第4号までのいずれかに該当する者になつたときは、その者が当該各号のいずれかに該当する者となつた時におけるその者の住所地を管轄する公安委員会は、その者の仮免許を取り消さなければならない。
 仮免許を受けた者が第103条第2項第1号又は第2号のいずれかに該当することとなつたときは、その者が当該各号のいずれかに該当することとなつた時におけるその者の住所地を管轄する公安委員会は、政令で定める基準に従い、その者の仮免許を取り消すことができる。

第110条第1項中
「高速自動車国道」の下に「及び政令で指定する自動車専用道路」を加え、
同条第2項中
「高速自動車国道」の下に「及び前項の規定に基づく政令で指定する自動車専用道路」を加える。

第112条第5項中
「1000円」を「1500円」に改める。

第114条の2第1項中
「を警視総監」を「並びに仮免許を与えること及び仮免許の取消しに関する事務を警視総監」に改める。

第118条第1項に次の1号を加える。
六 第87条(仮免許)第2項後段の規定に違反して自動車を運転した者

第119条第2項中
「第2号」の下に「(第43条後段に係る部分を除く。)」を加える。

第120条第1項第9号中
「第5号」の下に「、第5号の3」を加え、
同項第10号の2中
「前条」を「第119条」に改め、
同項第14号中
「よらないで自動車を運転した」を「違反した」に改め、
同条第2項中
「又は第8号」を「、第8号又は第14号」に改める。

第121条第1項第9号の2の次に次の1号を加える。
九の三 第71条の2(初心運転者の遵守事項)の規定に違反した者

第121条第2項中
「前項第10号」を「前項第9号の3又は第10号」に改める。

別表中
「第119条第1項第1号の2、第2号、第2号の2」を「第119条第1項第1号の2から第2号の2まで」に、
「又は第119条の2」を「又は第119条の2」に、
「第5号又は」を「第5号、第5号の3又は」に、
「、第9号の2若しくは第10号」を「若しくは第9号の2から第10号まで」に改める。
附 則
 この法律は、次の各号に掲げる規定ごとに、それぞれ当該各号に掲げる日から施行する。
一 目次の改正規定、第71条の改正規定(第2号及び第3号に係る部分を除く。)、第71条の2を第71条の3とし、第71条の次に1条を加える改正規定、第110条の改正規定、第120条第1項第9号の改正規定、第121条の改正規定、別表の改正規定(「第5号又は」及び「、第9号の2若しくは第10号」を改める部分に限る。)及び次項の規定 昭和47年10月1日
二 第84条に1項を加える改正規定、第85条第5項の改正規定、第87条の改正規定、第88条の改正規定、第90条第1項の改正規定、第92条第3項を削り、同条の次に1条を加える改正規定、第96条第1項、第2項及び第4項の各改正規定、同条の次に1条を加える改正規定、第97条の改正規定、第98条の改正規定、同条の次に1条を加える改正規定、第99条第1項の改正規定、第103条第1項及び第4項の各改正規定、第106条の次に1条を加える改正規定、第112条第5項の改正規定、第114条の2第1項の改正規定、第118条第1項に1号を加える改正規定、第120条第1項第14号及び第2項の各改正規定、別表の改正規定(「第119条第1項第1号の2、第2号、第2号の2」を改める部分に限る。)並びに附則第3項から第7項まで及び第9項の規定 昭和48年4月1日
三 その他の規定 この法律の公布の日
 昭和48年3月31日までの間は、前項第1号に掲げる改正規定による改正後の道路交通法第71条第5号の3中「第87条第3項」とあるのは、「第87条第4項」とする。
 附則第1項第2号に掲げる改正規定の施行の際現に当該改正規定による改正前の道路交通法(以下「旧法」という。)の規定により仮運転免許(以下「仮免許」という。)を受けている者は、当該仮免許について指定されている自動車の種類が大型自動車であるときは当該改正規定による改正後の道路交通法(以下「新法」という。)の規定により大型自動車仮免許を受けたものと、当該仮免許について指定されている自動車の種類が普通自動車であるときは新法の規定により普通自動車仮免許を受けたものとみなす。
 附則第1項第2号に掲げる改正規定の施行の現に旧法の規定により受けている仮免許の有効期間は、前項及び新法第87条第5項本文の規定にかかわらず、なお従前の例による。
 附則第1項第2号に掲げる改正規定の施行の際現に運転免許(以下「免許」という。)を受けている者の当該免許に係る運転免許証(以下「免許証」という。)の有効期間については、新法第92条の2の規定にかかわらず、なお従前の例による。この場合において、新法第101条第2項又は第101条の2第3項の規定によりその者の免許証の有効期間が当該改正規定の施行後最初に更新された場合における当該更新された免許証の有効期間は、新法第92条の2第2項又は第3項の規定にかかわらず、当該更新に係る新法第101条第1項又は第101条の2第2項の規定による適性検査を受けた日の後のその者の4回目の誕生日(その者の誕生日が2月29日であるときは、その者の誕生日は2月28日であるものとみなす。)が経過するまでの期間とする。
 附則第1項第2号に掲げる改正規定の施行の際現に旧法の規定により普通自動車免許(以下「普通免許」という。)の申請をしている者の当該申請に係る運転免許試験の受験資格及びその者に対して新法第97条第1項第2号に掲げる事項について行なう普通免許の運転免許試験の方法については、新法第96条の2及び第97条第2項の規定にかかわらず、なお従前の例による。
 附則第1項第2号に掲げる改正規定の施行の際現に旧法の規定により指定自動車教習所として指定されているものは、新法の規定により指定自動車教習所として指定されたものとみなし、その際現に当該自動車教習所において自動車の運転に関する技能若しくは知識の教習又は自動車の運転に関する技能についての技能検定に従事している者(新法第98条第1項第3号の規定に基づく政令で定める要件又は同条第2項各号に掲げる要件を備えていない者を除く。)で、当該改正規定の施行後も引き続き当該自動車教習所において当該教習又は当該技能検定に従事するものは、新法第98条第1項第3号又は第2項の規定により、当該自動車教習所の技能指導員若しくは学科指導員又は技能検定員に、それぞれ選任された者とみなす。
 この法律の各改正規定の施行前にした行為に対する罰則の適用については、それぞれなお従前の例による。
 附則第1項第2号に掲げる改正規定の施行前にした旧法第24条の規定に違反する行為については、新法第9章及び別表の規定は、適用しない。