houko.com 

天災による被害農林漁業者等に対する資金の融通に関する暫定措置法及び激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律の一部を改正する法律

  昭和46・11・29・法律115号  
(天災による被害農林漁業者等に対する資金の融通に関する暫定措置法の一部改正)
第1条 天災による被害農林漁業者等に対する資金の融通に関する暫定措置法(昭和30年法律第136号)の一部を次のように改正する。
第2条第1項中
「この項、次項」の下に「、第4項」を、
「薪炭原木を含む。」の下に「以下次項及び第4項において同じ。」を加え、
同条第2項中
「(薪炭原木を含む。)」を削り、
同条第4項第1号中
「20万円」を「40万円」に、
「35万円」を「70万円」に、
「50万円」を「100万円」に、
「250万円」を「500万円」に改め、
同項第3号中
「(特別被害地域内において農業を営む特別被害農業者を除く。)」の下に「又は被害農業者で天災による農作物、畜産物及び繭の減収による損失額がその者の平年における農業による総収入額の100分の30以上である旨の市町村長の認定を受けたもの(特別被害地域内において農業を営む特別被害農業者を除く。)、被害林業者で天災による薪炭、木材、林業用種苗その他の林産物の流失等による損失額がその者の平年における林業による総収入額の100分の30以上である旨の市町村長の認定を受けたもの(特別被害地域内において林業を営む特別被害林業者を除く。)若しくは被害漁業者で天災による魚類、貝類及び海そう類の流失等による損失額がその者の平年における漁業による総収入額の100分の30以上である旨の市町村長の認定を受けたもの(特別被害地域内に住所を有する特別被害漁業者を除く。)」を加える。
(激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律の一部改正)
第2条 激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律(昭和37年法律第150号)の一部を次のように改正する。
第8条第1項中
「20万円」を「40万円」に、
「35万円」を「70万円」に、
「50万円」を「100万円」に、
「250万円」を「500万円」に、
「25万円」を「50万円」に、
「40万円」を「80万円」に、
「60万円」を「120万円」に改める。

第15条中
「100万円」を「200万円」に、
「300万円」を「600万円」に改める。
附 則
 この法律は、公布の日から施行する。
 この法律の施行前に天災による被害農林漁業者等に対する資金の融通に関する暫定措置法第2条第1項の規定による指定のあつた天災及びこの法律の施行前に激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律第2条第2項の規定により同法第8条第1項又は第15条に規定する措置が指定された災害に関しては、なお従前の例による。