houko.com 

自然公園法の一部を改正する法律

  昭和45・12・25・法律140号  
自然公園法(昭和32年法律第161号)の一部を次のように改正する。
目次中
「(第12条-第16条)」を「(第12条-第16条の2)」に改める。

第2条の次に次の1条を加える。
(国等の責務)
第2条の2 国、地方公共団体、事業者及び自然公園の利用者は、すぐれた自然環境が現代及び次代における国民の健康で文化的な生活の享受のため欠くことのできないものであることを認識し、すぐれた自然の風景地の保護とその適正な利用が図られるように、それぞれの立場において努めなければならない。

第2章第3節中
第16条の次に次の1条を加える。
(清潔の保持)
第16条の2 国又は地方公共団体は、国立公園又は国定公園内の道路、広場、キャンプ場、スキー場、水泳場その他の公共の場所について、必要があると認めるときは、当該公共の場所の管理者と協力して、その清潔を保持するものとする。

第17条第3項ただし書中
「着手していた行為」の下に「(第4号の2に掲げる行為を除く。)若しくは第4号の2に規定する湖沼若しくは湿原が指定された際既に着手していた同号に掲げる行為」を加え、
同項第4号の次に次の1号を加える。
四の二 厚生大臣が指定する湖沼又は湿原及びこれらの周辺1キロメートルの区域内において当該湖沼若しくは湿原又はこれらに流水が流入する水域若しくは水路に汚水又は廃水を排水設備を設けて排出すること。

第17条第4項中
「、又は」を「、若しくは」に改め、
「行為」の下に「(同項第4号の2に掲げる行為を除く。)又は同項第4号の2に規定する湖沼若しくは湿原が指定された際同号に規定する区域内において同号に掲げる行為」を加える。

第18条第3項ただし書中
「着手していた行為」の下に「(前条第3項第4号の2に掲げる行為を除く。)若しくは前条第3項第4号の2に規定する湖沼若しくは湿原が指定された際既に着手していた同号に掲げる行為」を加え、
同条第4項中
「、又は」を「、若しくは」に改め、
「行為」の下に「(前条第3項第4号の2に掲げる行為を除く。)又は前条第3項第4号の2に規定する湖沼若しくは湿原が指定された際同号に規定する区域内において同号に掲げる行為」を加える。

第18条の2第3項に次の1号を加える。
六 汚水又は廃水を排水設備を設けて排出すること。
附 則
 この法律は、公布の日から起算して6月をこえない範囲内において政令で定める日から施行する。
昭和46年6月24日(昭46政189)
 この法律の施行の際現に海中公園地区内において汚水又は廃水を排水設備を設けて排出している行為については、改正後の第18条の2第3項の規定は、適用しない。