houko.com 

船員法の一部を改正する法律

  昭和45・5・15・法律 58号  
船員法(昭和22年法律第100号)の一部を次のように改正する。
第1条第2項第3号を次のように改める。
三 政令の定める総トン数30トン未満の漁船

第12条を次のように改める。
(船舶に危険がある場合における処置)
第12条 船長は、自己の指揮する船舶に急迫した危険があるときは、人命の救助並びに船舶及び積荷の救助に必要な手段を尽くさなければならない。

第128条第1号を次のように改める。
一 削除
附 則
 この法律は、公布の日から施行する。ただし、第1条第2項第3号の改正規定は、昭和46年1月1日から施行する。
 この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。