houko.com 

国有鉄道運賃法の一部を改正する法律

  昭和44・5・9・法律 22号  
国有鉄道運賃法(昭和23年法律第112号)の一部を次のように改正する。
第2条第2項を削る。

第3条を次のように改める。
(鉄道の普通旅客運賃)
第3条 鉄道の普通旅客運賃の賃率は、営業キロ1キロメートルごとに、500キロメールまでの部分については4円20銭、500キロメートルをこえる部分については2円5銭とする。
 鉄道の普通旅客運賃は、営業キロの区間別に定めるものとし、その額は、各区間の中央の営業キロについて前項の賃率によつて計算した額とする。

第5条第2項中
「二等の」を削る。

第6条中
「客車及び船室の寝台その他」を「寝台料金、特別車両料金その他の客車及び船室」に改める。

第9条の2中
「運賃及び料金」を「運賃等」に改め、
同条第5号中
「寝台料金」の下に「、特別車両料金」を加え、
同条に次の1号を加える。
六 第3条第2項の営業キロの区間

別表第1を次のように改める。
別表第1  
第4条の規定による航路の普通旅客運賃表
航路運賃
 
青森--函館500
宇野--高松120
仁方--堀江300
宮島口--宮島50
大畠--小松港60
附 則
 この法律は、公布の日の翌日から施行する。
 民事訴訟費用法(明治23年法律第64号)の一部を次のように改正する。
第13条第1項中
「二等以下ノ船賃(鉄道連絡船ニ在リテハ一等又ハ二等ノ船賃)」を「船賃(船賃ニ付等級ノ区分ヲ設クル汽船ニ在リテハ二等以下ノ船賃)」に改める。
 刑事訴訟費用法(大正10年法律第68号)の一部を次のように改正する。
第4条中
「二等以下ノ船賃(鉄道連絡ニ在リテハ一等又ハ二等ノ船賃)」を「船賃(船賃ニ付等級ノ区分ヲ設クル汽船ニ在リテハ二等以下ノ船賃)」に改める。
 公職選挙法(昭和25年法律第100号)の一部を次のように改正する。
第197条の2第1項第1号(ろ)中
「二等又は三等運賃等(鉄道連絡船にあつては一等又は二等運賃等)」を「運賃等(運賃等について等級の区分を設けている船舶にあつては、二等又は三等の運賃等)」に改める。
 国家公務員等の旅費に関する法律(昭和25年法律第114号)の一部を次のように改正する。
第16条第1項中
「、一等特別座席料金及び一等指定座席料金」を「及び特別車両料金」に改め、
「含む。)」の下に「並びに座席指定料金」を加え、
同項第5号を次のように改める。
五 内閣総理大臣等及び指定職の職務又は七等級以上の職務にある者が第3号の規定に該当する線路で特別車両料金を徴する客車を運行するものによる旅行をする場合には、同号に規定する運賃及び前号に規定する急行料金のほか、特別車両料金

第16条第1項第6号中
「一等指定座席料金」を「座席指定料金」に、
「前号に該当する場合を除き、第2号」を「第2号又は第3号」に、
「及び第4号」を「、第4号」に改め、
「急行料金」の下に「及び前号に規定する特別車両料金」を加え、
同条第3項中
「一等指定座席料金」を「座席指定料金」に改める。

第17条第1項中
「特別船席料金その他船室の特別の設備を利用するための料金及び寝台料金」を「寝台料金及び特別船室料金」に改め、
「含む。)」の下に「並びに座席指定料金」を加え、
同項第4号を削り、
同項第5号中
「前各号」を「前3号」に改め、
「及び料金」を削り、
同号を同項第4号とし、
同項に次の2号を加える。
五 内閣総理大臣等及び指定職の職務又は七等級以上の職務にある者が第3号の規定に該当する船舶で特別船室料金を徴するものを運行する航路による旅行をする場合には、同号に規定する運賃及び前号に規定する寝台料金のほか、特別船室料金
六 内閣総理大臣等及び指定職の職務又は二等級以上の職務にある者が座席指定料金を徴する船舶を運行する航路による旅行をする場合には、前各号に規定する運賃及び料金のほか、座席指定料金