houko.com 

特定繊維工業構造改善臨時措置法の一部を改正する法律

  昭和44・4・30・法律 21号  
特定繊維工業構造改善臨時措置法(昭和42年法律第82号)の一部を次のように改正する。
目次中
「特定織布業」を「特定織布業等」に改める。

第2条第1項中
「及び同表第2号」を「、同表第2号」に、
「をいう」を「、メリヤス生地又はメリヤス製品を製造する事業(以下「メリヤス製造業」という。)及び同表第3号に掲げる織物の機械染色整理業(以下「特定染色業」という。)をいう」に改め、
同条第3項中
「属するもの」を「属するものをいい、「メリヤス製造業商工組合連合会」とは、商工組合連合会であつてその会員たる商工組合の組合員の資格として定款で定められる事業がメリヤス製造業に属するものをいい、「特定染色業団体」とは、民法(明治29年法律第89号)第34条の規定により設立された社団法人であつて、その社員たる資格を有する者が営む事業として定款で定められる事業が特定染色業に属し、かつ、その事業を営む者が任意に加入し又は脱退することができるもの」に改める。

第3章の章名を
「特定織布業等の構造改善」に改める。

第17条の次に次の2条を加える。
(メリヤス製造業構造改善事業計画の承認等)
第17条の2 メリヤス製造業商工組合連合会は、その会員たる商工組合の組合員が営むメリヤス製造業に属する事業に係る設備の近代化及びこれに伴う設備の処理、生産又は経営の規模の適正化、取引関係の改善その他の構造改善に関する事業(以下「メリヤス製造業構造改善事業」という。)についてメリヤス製造業構造改善事業計画を作成し、これを通商産業大臣に提出して、そのメリヤス製造業構造改善事業計画が適当である旨の承認を受けることができる。
 第16条第2項第1号及び第2号並びに第3項並びに前条の規定は、前項のメリヤス製造業構造改善事業計画に準用する。
(特定染色業構造改善事業計画の承認等)
第17条の3 特定染色業団体は、その社員が営む特定染色業に属する事業に係る設備の近代化及びこれに伴う設備の処理、生産又は経営の規模の適正化、取引関係の改善その他の構造改善に関する事業(以下「特定染色業構造改善事業」という。)について特定染色業構造改善事業計画を作成し、これを通商産業大臣に提出して、その特定染色業構造改善事業計画が適当である旨の承認を受けることができる。
 第16条第2項第1号及び第2号並びに第3項並びに第17条の規定は、前項の特定染色業構造改善事業計画に準用する。

第18条第1項中
「特定織布業商工組合が承認計画に従つて特定織布業構造改善事業」を「特定織布業構造改善事業、メリヤス製造業構造改善事業若しくは特定染色業構造改善事業」に改め、
同条第2項中
「特定織布業」の下に「、メリヤス製造業又は特定染色業」を加える。

第40条第1項第4号中
「特定織布業構造改善事業」の下に「、メリヤス製造業構造改善事業又は特定染色業構造改善事業」を加える。

第42条第1項中
「特定織布業商工組合」の下に、「、メリヤス製造商工組合連合会又は特定染色業団体」を加える。

第59条第1項及び第2項中
「又は特定織布業商工組合」を「、特定織布業商工組合、メリヤス製造業商工組合連合会又は特定染色業団体」に改める。

附則第2条中
「昭和47年6月30日」を「昭和49年6月30日」に改め、
同条に次のただし書を加える。
ただし、この法律の規定中特定紡績業及び特定織布業に係る部分は、昭和47年6月30日までに廃止するものとする。

別表に次の1号を加える。
三 次に掲げる織物(幅が13センチメートル未満のもの及びタオル生地を除く。)
イ 綿織物
ロ スフ織物
ハ 麻織物
ニ 合成繊維織物(組成繊維中に毛を含むものを除く。)
ホ 人絹織物
ヘ 絹織物
附 則
この法律は、公布の日から施行する。