houko.com 

下水道法の一部を改正する法律

  昭和42・6・21・法律 40号  
下水道法(昭和33年法律第79号)の一部を次のように改正する。
第4条中
「主務大臣」を「建設大臣」に改め、
同条に次の1項を加える。
 建設大臣は、前項の認可をしようとするときは、政令で定める場合を除き、あらかじめ、保健衛生上の観点からする厚生大臣の意見をきかなければならない。

第5条第1項中
「前条」を「前条第1項」に改め、
同条第2項中
「主務省令」を「建設省令」に改める。

第6条中
「主務大臣」を「建設大臣」に、
「第4条」を「第4条第1項」に改める。

第9条第1項中
「主務省令」を「建設省令」に改め、
同条第2項中
「読み替える」を「、「建設省令」とあるのは「厚生省令、建設省令」と読み替える」に改める。

第23条第2項中
「主務省令」を「厚生省令、建設省令」に改める。

第31条中
「読み替える」と「、同条第2項中「厚生省令、建設省令」とあるのは「建設省令」と読み替える」に改める。

第37条(見出しを含む。)中
「主務大臣」を「建設大臣」に改め、
同条第1項中
「第4条」を「第4条第1項」に改め、
同条の次に次の1条を加える。
(厚生大臣の終末処理場の維持管理に関する勧告)
第37条の2 厚生大臣は、終末処理場の維持管理が第21条第2項の規定に違反している場合又は終末処理場の放流水の水質が第8条の技術上の基準に適合していない場合においては、当該公共下水道管理者に対し、その是正のために終末処理場の維持管理上必要な措置をとるべき旨を勧告することができる。
 厚生大臣は、終末処理場の構造、能力及び使用状況と当該地域におけるくみ取屎尿の処理状況とを勘案して適当であると認める場合においては、公共下水道管理者に対し、当該終末処理場によるくみ取屎尿の処理について勧告することができる。

第39条中
「主務大臣は」を「建設大臣は、終末処理場の維持管理以外の事項に関し」に改め、
同条に次の1項を加える。
 厚生大臣は、終末処理場の維持管理に関し、この法律を施行するため必要な限度において、公共下水道管理者から必要な報告を徴することができる。

第40条中
「主務大臣」を「厚生大臣又は建設大臣」に改める。

第44条を次のように改める。
第44条 削除
附 則
 この法律は、公布の日から施行する。
 建設省設置法(昭和23年法律第113号)の一部を次のように改正する。
第3条第7号中
「終末処理場」を「終未処理場の維持管理」に改める。
 厚生省設置法(昭和24年法律第151号)の一部を次のように改正する。
第5条第36号及び第9条の2第14号中
「終末処理場」を「終末処理場の維持管理」に改める。