houko.com 

消防法及び消防組織法の一部を改正する法律

  昭和40・5・14・法律 65号  
(消防法の一部改正)
第1条 消防法(昭和23年法律第186号)の一部を次のように改正する。
消防法目次中
「第4章 消火の設備」を「第4章 消防の設備等」に改める。

第3条中
「消防長を置かない市町村においては市町村長をいう。以下同じ」を「消防本部を置かない市町村においては市町村長。第6章及び第35条の3の2を除き、以下同じ」に、
「又は消防署長」を「、消防署長その他の消防吏員」に、
「消防の活動に支障になると認める物件」を「火災の予防に危険であると認める物件若しくは消防の活動に支障になると認める物件」に改め、
同条第1号中
「たき火の禁止」を「たき火、溶接その他これらに類する行為の禁止」に、
「たき火の場合の」を「これらの行為を行なう場合の」に改め、
同条第3号及び第4号を次のように改める。
三 危険物又は放置され、若しくはみだりに存置された燃焼のおそれのある物件の除去その他の処理
四 放置され、又はみだりに存置された物件の(前号の物件を除く。)の整理又は除去

第3条に次の2項を加える。
  消防長又は消防署長は、火災の予防に危険であると認める物件又は消防の活動に支障になると認める物件の所有者、管理者又は占有者で権原を有するものの氏名及び住所を知ることができないため、これらの者に対し、前項の規定による必要な措置をとるべきことを命ずることができないときは、当該消防職員(消防本部を置かない市町村においては、消防団員)に、当該物件について同項第3号又は第4号に掲げる措置をとらせることができる。この場合において、物件を除去させたときは、消防長又は消防署長は、当該物件を保管しなければならない。
  災害対策基本法(昭和36年法律第223号)第64条第3項から第6項までの規定は、前項の規定により消防長又は消防署長が物件を保管した場合について準用する。この場合において、これらの規定中「市町村長」とあるのは「消防長又は消防署長」と、「工作物等」とあるのは「物件」と、「総轄する」とあるのは「属する」と読み替えるものとする。

第4条第1項中
「資料の提出を命じ」の下に「、若しくは報告を求め」を、
「消防職員」の下に「(消防本部を置かない市町村においては、当該市町村の消防事務に従事する職員。以下同じ。)」を加え、
「防火対象物」を「消防対象物」に改める。

第4条の2第1項中
「若しくは消防署長又は消防本部を置かない市町村においては市町村長」を「又は消防署長」に、
「防火対象物」を「消防対象物」に改める。

第5条中
「関係者」の下に「(特に緊急の必要があると認める場合においては、関係者及び工事の請負人又は現場管理者)」を加える。

第6条第4項中
「前条に」を「第5条に」に、
「前条の」を「同条の」に改める。

第9条の2中
「別表で定める数量」の下に「(以下「指定数量」という。)を加える。

第10条第1項中
「別表で定める数量」を「指定数量」に改め、
同項ただし書を次のように改める。
ただし、所轄消防長又は消防署長の承認を受けて指定数量以上の危険物を、10日以内の期間、仮に貯蔵し、又は取り扱う場合は、この限りでない。

第10条第2項を次のように改める。
  別表に掲げる品名を異にする二以上に危険物を同一の場所で貯蔵し、又は取り扱う場合において、当該貯蔵又は取扱いに係る危険物の品名ごとの数量をそれぞれの指定数量で除し、その商の和が一以上となるときは、当該場所は、指定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取扱つているものとみなす。

第11条の次に次の2条を加える。
第11条の2 製造所、貯蔵所又は取扱所の位置、構造又は設備を変更しないで、当該製造所、貯蔵所又は取扱所において貯蔵し、又は取り扱う危険物の種類又は数量を変更しようとする者は、変更しようとする日の10日前までに、その旨を市町村長等に届け出なければならない。
第11条の3 市町村長等は、製造所、貯蔵所又は取扱所においてする危険物の貯蔵又は取扱が第10条第3項の規定に違反していると認めるときは、当該製造所、貯蔵所又は取扱い所の所有者、管理者又は占有者に対し、同項の技術上の基準に従つて危険物を貯蔵し、又は取り扱うべきことを命ずることができる。

第12条第2項中
「権限」を「権原」に改める。

第12条の2中
第4号を第5号とし、
第3号を第4号とし、
第2号の次に次の1号を加える。
三 第11条の3の規定による命令に違反したとき。

第13条第1項中
「危険物取扱主任者を定め」の下に「、命令で定めるところにより」を加える。

第14条を次のように改める。
第14条 削除

第14条の次に次の2条を加える。
第14条の2 政令で定める製造所、貯蔵所又は取扱所の所有者、管理者又は占有者は、当該製造所、貯蔵所又は取扱所の火災を予防するため、予防規程を定め、市町村長等の認可を受けなければならない。これを変更するときも、同様とする。
  市町村長等は、予防規程が、第10条第3項の技術上の基準に適合していないときその他火災の予防のために適当でないと認めるときは、前項の認可をしてはならない。
  市町村長等は、火災の予防のため必要があるときは、予防規程の変更を命ずることができる。
第14条の3 同一事業所において政令でさだめる製造所、貯蔵所又は取扱所を所有し、管理し、又は所有する者で政令で定める数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱うものは、政令で定めるところにより、当該事業所に自衛消防組織を置かなければならない。

第16条の2第1項中
「(第14条第4項において準用する場合を含む。)」及び「及び映写技術者試験」を削り、
同項及び同条第2項中
「危険物取扱主任者等試験委員」を「危険物取扱主任者試験委員」に改める。

第16条の3中
「製造所、貯蔵所若しくは取扱所の設置」を「危険物を仮に貯蔵し、若しくは取り扱う場合の承認、製造所、貯蔵所若しくは取扱所の設置」に、
「危険物取扱主任者若しくは映写技術者」を「危険物取扱主任者」に改め、
「若しくは映写技術者免状」を削る。

第16条の4第1項中
「製造所、貯蔵所若しくは取扱所の」を「指定数量以上の危険物を貯蔵し、若しくは取り扱つていると認められるすべての場所(以下この項において「貯蔵所等」という。)の」に改め、
「資料の提出を命じ」の下に、「、若しくは報告を求め」を加え、
「製造所、貯蔵所若しくは取扱所に」を「貯蔵所等に」に、
「取扱が技術上の基準に適合しているかどうかを」を「取扱いについて」に、
「関係者」を「関係のある者」に、
「危険物を収去させる」を「危険物若しくは危険物であることの疑いのある物を収去させる」に改める。

第3章中
第16条の6を第16条の7とし、
第16条の5中
「第11条」を「第11条から第11条の3まで」に、
「及び第13条第2項」を「、第13条第2項、第14条の2第1項及び第3項並びに前条」に改め、
同条を第16条の6とし、
第16条の4の次に次の1条を加える。
第16条の5 市町村長等は、第10条第1項ただし書の承認又は第11条第1項前段の規定による許可を受けないで指定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱つている者に対して、当該貯蔵又は取扱いに係る危険物の除去その他危険物による災害防止のための必要な措置をとるべきことを命ずることができる。

「第4章 消火の設備」を「第4章 消防の設備等」に改める。

第17条の4の次に次の8条を加える。
第17条の5 消防設備備士免状の交付を受けていない者は、第10条第4項又は第17条第1項の技術上の基準に従つて設置しなければならない消防用設備等の当該設置に係る工事又は当該消防用設備等の整備(他人の求めに応じ、報酬を得て行なわれるものに限る。)のうち、政令で定めるものを行なつてはならない。
第17条の6 消防設備士免状の種類は、甲種消防設備士免状及び乙種消防整備士免状とする。
  甲種消防設備士免状の交付を受けている者(以下「甲種消防設備士」という。)が行なうことができる工事又は整備の種類及び乙種消防設備士免状の交付を受けている者(以下「乙種消防設備士」という。)が行なうことができる整備の種類は、これらの消防設備士免状の種類に応じて命令で定める。
第17条の7 消防設備士免状は、都道府県知事が行なう消防設備士試験に合格した物に対し、都道府県知事が交付する。
  第13条の2第4項から第6項までの規定は、消防設備士免状について準用する。
第17条の8 消防設備士試験は、消防用設備等の設置及び維持に関して必要な知識及び技能について行なう。
  消防設備士試験の種類は、甲種消防設備士試験及び乙種消防設備士試験とする。
  次の各号の一に該当する者でなければ、甲種消防設備士試験を受けることができない。
一 学校教育法による高等学校又は旧中等学校令(昭和18年勅令第36号)による中等学校において機械、電気、工業化学又は建築に関する学科を修めて卒業した者
二 乙種消防設備士免状の交付を受けた後2年以上消防用設備等の整備(第17条の5の規定に基づく政令で定めるものに限る。)の経験を有する者
三 命令で定めるところにより、都道府県知事が前各号に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認定した者
  前3項に定めるもののほか、消防設備士試験の試験科目、受験手続その他試験の実施細目は、命令で定める。
第17条の9 消防整備士試験又は消防整備士免状の交付、書換え若しくは再交付を受けようとする者は、政令で定めるところにより、手数料を納めなければならない。
第17条の10 消防設備士は、その業務を誠実に行ない、消防用設備等の質の向上に努めなければならない。
第17条の11 消防設備士は、その業務に従事するときは、消防設備士免状を携帯していなければならない。
第17条の12 甲種消防設備士は、第17条の5の規定に基づく政令で定める工事をしようとするときは、その工事に着手しようとする日の10日前までに、命令で定めるところにより、消防用設備等の種類、工事の場所その他必要な事項を消防長又は消防署長に届け出なければならない。

第21条第2項中
「前項」を「第1項」に改め、
同条第1項の次に次の1項を加える。
  消防長又は消防署長は、前項の規定により指定をした消防水利には、命令で定めるところにより、標識を掲げなければならない。

第21条の16中
「(昭和37年法律第160号)」を削る。

第26条第1項中
「通報に応じて」を削る。

第34条中
「資料の提出を命じ」の下に「、若しくは報告を求め」を加え、
「(消防長を置かない市町村においては、当該市町村の消防事務に従事する職員)」を削る。

第35条の3第2項中
「(消防長を置かない市町村においては、当該市町村の消防事務に従事する職員)」を削り、
同条の次に次の1条を加える。
第35条の3の2 消防庁長官は、消防長又は前条第1項の規定に基づき火災の原因の調査をする都道府県知事から求めがあつた場合において、特に必要があると認めたときは、第31条又は第33条の規定による火災の原因の調査をすることができる。
  第32条、第34条及び第35条の2の規定は、前項の場合について準用する。この場合において、第34条第1項中「当該消防職員」とあるのは、「消防庁の職員」と読み替えるものとする。

第40条第1項中
「5万円」を「20万円」に改める。

第41条第1項中
「25,000円」を「10万円」に改め、
同項第2号中
「又は第2項」を削る。

第41条の2中
「25,000円」を「10万円」に改める。

第42条第1項中
「12,000円」を「5万円」に改め、
同項第6号を次のように改める。
六 第14条の2第1項の規定に違反して危険物を貯蔵し、又は取り扱つた者

第42条第1項に次の1号を加える。
八 第17条の5の規定に違反した者

第43条第1項中
「5000円」を「2万円」に改める。

第44条中
「2000円」を「1万円」に改め、
同条第1号中
「第3条」の下に「第1項」を加え、
同条第2号を次のように改める。
二 第4条、第16条の4若しくは第34条(第35条の3第2項又は第35条の3の2第2項において準用する場合を含む。)の規定による資料の提出若しくは報告を求められて、資料の提出をせず、虚偽の資料を提出し、報告をせず、若しくは虚偽の報告をし、又はこれらの規定による立入り、検査若しくは収去を拒み、妨げ、若しくは忌避した者

第44条第3号中
「第8条第2項」の下に「、第11条の2」を加え、
「又は第15条第2項」を「、第15条第2項又は第17条の12」に改め、
同条第4号中
「第14条第4項」を「第17条の7第2項」に改め、
同条第8号中
「第21条」の下に「第3項」を加え、
同条第11号中
「通報」の下に「又は第2条第9項の傷病者に係る虚偽の通報」を加え、
同条第12号中
「第1項」の下に「又は第2項」を加える。

第44条の2中
「2000円」を「1万円」に改める。

第45条中
「第8条」の下に「第1項」を加え、
「乃至第3項」を「若しくは第3項」に、
「第13条、第15条」を「第13条第1項、第14条の2第1項、第15条第1項」に改める。

第46条中
「5000円」を「2万円」に改める。
第2条 消防法の一部を次のように改正する。
第14条を次のように改める。
第14条 政令で定める製造所、貯蔵所又は取扱所の所有者、管理者又は占有者は、危険物施設保安員を定め、命令で定めるところにより、当該製造所、貯蔵所又は取扱所の構造及び設備に係る保安のための業務を行なわせなければならない。
(消防組織法の一部改正)
第3条 消防組織法(昭和22年法律第226号)の一部を次のように改正する。
第4条第13号中
「映写技術者試験」を「消防設備士試験」に改める。

第18条の2中
第8号を第10号とし、
第7号の次に次の2号を加える。
八 市町村の消防の相互応援に関する計画の作成の指導に関する事項
九 市町村の行なう救急業務の指導に関する事項

第24条の2の次に次の2条を加える。
第24条の3 消防庁長官は、地震、台風、水火災等の非常事態の場合において、これらの災害が発生した市町村の消防の応援に関し、当該市町村の属する都道府県の知事から要請があり、かつ、必要があると認めるときは、当該都道府県以外の都道府県の知事に対し、当該災害が発生した市町村の消防の応援のため必要な措置をとることを求めることができる。
  都道府県知事は、前項の規定による消防庁長官の求めに応じ当該必要な措置をとる場合において、必要があると認めるときは、その区域内の市町村の長に対し、消防機関(第9条に規定する機関をいう。次条において同じ。)の職員の応援出動等の措置をとることを求めることができる。
第24条の4 消防機関の職員がその属する市町村以外の市町村の消防の応援のため出動した場合においては、当該職員は、応援を受けた市町村の長の指揮の下に行動するものとする。

本則中
第26条の2を第26条の3とし、
第26条の次に次の1条を加える。
第26条の2 消防職員及び消防団員には、消防に関する知識及び技能の習得並びに向上のために、その者の職務に応じ、消防大学校、消防学校又は消防職員及び消防団員の訓練機関の行なう教育訓練を受ける機会が与えられなければならない。
附 則
 この法律は、公布の日から施行する。ただし、第1条中消防法第10条第1項ただし書及び第13条第1項の改正規定、同法第14条の次に2条を加える改正規定、同法第16条の3の改正規定(危険物を仮に貯蔵し、又は取り扱う場合の承認に関する部分に限る。)及び同法第21条の改正規定並びに第2条の規定は昭和40年10月1日から、第1条中消防法第17条の4の次に8条を加える改正規定(第17条の6から第17条の9までに関する部分を除く。以下同じ。)は昭和41年10月1日から施行する。
 第1条中消防法第10条第1項ただし書の改正規定の施行の際、現に第1条による改正前の消防法第10条第1項ただし書の指定を受けている者は、当該指定を受けた日から起算して10日間(当該改正規定の施行の日前に経過した期間を除く。)に限り、この法律による改正後の消防法(以下「新法」という。)第10条第1項ただし書の承認を受けた者とみなす。
 この法律の施行の日の翌日から起算して10日以内の期間における新法第11条の2の規定の適用については、同条中
「変更しようとする日の10日前までに」とあるのは、「あらかじめ」と読み替えるものとする。
 第1条中消防法第17条の4の次に8条を加える改正規定の施行の日の翌日から起算して10日以内の期間における新法第17条の12の規定の適用については、同条中「その工事に着手しようとする日の10日前までに」とあるのは、「あらかじめ」と読み替えるものとする。
 この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。