houko.com 

高圧ガス取締法の一部を改正する法律

  昭和40・5・1・法律 52号  
高圧ガス取締法(昭和26年法律第204号)の一部を次のように改正する。
第24条の2を次のように改める。
第24条の2 次の表の上欄に掲げる種類の高圧ガス(以下「特定高圧ガス」という。)を消費する者であつて、その消費する特定高圧ガスの貯蔵設備の貯蔵能力が同表の下欄に掲げる数量以上であるもの又はその消費に係る事業所以外の事業所から導管によりその消費する特定高圧ガスの供給を受けるもの(以下「特定高圧ガス消費者」と総称する。)は、事業所及び消費する特定高圧ガスの種類ごとに、消費開始の日の20日前までに、消費(消費に係る貯蔵及び導管による輸送を含む。以下同じ。)のための施設の位置、構造及び設備並びに消費の方法を記載した書面を添えて、その旨を都道府県知事に届け出なければならない。
種類数量
圧縮水素容積 300立方メートル
圧縮天然ガス容積 300立方メートル
液化酸素質量 3000キログラム
液化アンモニア質量 3000キログラム
液化石油ガス質量 3000キログラム
液化塩素質量 1000キログラム
 前項の貯蔵能力は、通商産業省令で定める基準に従つて算定するものとする。

第24条の3第1項中
「液化酸素消費者」を「特定高圧ガス消費者」に改め、
同条第2項及び第3項中
「液化酸素消費者」を「特定高圧ガス消費者」に、
「液化酸素」を「特定高圧ガス」に改める。

第24条の4第1項中
「液化酸素消費者」を「特定高圧ガス消費者」に改め、
同条第2項中
「液化酸素消費者」を「特定高圧ガス消費者」に、
「液化酸素」を「特定高圧ガス」に改める。

第27条第3項中
「液化酸素消費者」を「特定高圧ガス消費者」に改める。

第28条第3項中
「液化酸素消費者」を「特定高圧ガス消費者」に、
「液化酸素取扱主任者」を「特定高圧ガス取扱主任者」に、
「液化酸素」を「特定高圧ガス」に改め、
同条第4項中
「液化酸素消費者」を「特定高圧ガス消費者」に改める。

第32条第2項中
「液化酸素」を「特定高圧ガス」に改める。

第34条中
「液化酸素消費者」を「特定高圧ガス消費者」に改める。

第35条の2中
「第一種製造者」の下に「又は特定高圧ガス消費者」を、
「製造」の下に「又は消費」を加える。

第36条第1項中
「液化酸素」を「特定高圧ガス」に改める。

第37条第1項中
「第24条の2」の下に「第1項」を加え、
「液化酸素消費者」を「特定高圧ガス消費者」に改め、
同条第2項中
「液化酸素消費者」を「特定高圧ガス消費者」に改める。

第38条第2項中
「液化酸素消費者」を「特定高圧ガス消費者」に改め、
「第24条の3第3項」の下に「、第34条」を加える。

第39条第1号中
「液化酸素消費者」を「特定高圧ガス消費者」に、
「液化酸素」を「特定高圧ガス」に改め、
同条第2号中
「液化酸素消費者」を「特定高圧ガス消費者」に改める。

第48条第1項第3号中
「通商産業省令で定める規格に適合するバルブ」を「バルブ(通商産業省令で定める容器にあつては、バルブ及び通商産業省令で定める附属品)であつて、通商産業省令で定める規格に適合するもの」に改める。

第59条の9第3号を次のように改める。
三 特定高圧ガス消費者

第61条中
「液化酸素消費者」を「特定高圧ガス消費者」に改める。

第74条第1項中
「第24条の2」の下に「第1項」を加える。

第81条第7号中
「液化酸素」を「特定高圧ガス」に改める。

第83条第1号中
「第24条の2」の下に「第1項」を加える。
附 則
 この法律は、公布の日から起算して6月をこえない範囲内において政令で定める日から施行する。
昭和40年10月1日(昭40政305)
 この法律の施行の際現に特定高圧ガス消費者である者(次項に規定する者を除く。)に関する改正後の第24条の2第1項の規定の適用については、同項中「消費開始の日の20日前までに」とあるのは、「高圧ガス取締法の一部を改正する法律(昭和40年法律第52号)の施行の日から1月以内に」とする。
 この法律の施行の際現に、改正前の第24条の2の規定による届出をして、3000キログラム以上の液化酸素を貯蔵することができる設備に貯蔵して液化酸素を消費している者は、液化酸素について改正後の同条第1項の規定による届出をしたものとみなす。
 この法律の施行の際現に改正前の第28条第3項の規定により前項に規定する者が都道府県知事に届け出ている液化酸素取扱主任者は、液化酸素について改正後の第28条第3項の規定による特定高圧ガス取扱主任者として選任されたものとみなす。
 この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。