houko.com 

水難救護法

【目次】
  明治32・3・29・法律 95号  
改正平成5・11・12・法律 89号--
改正平成11・7・16・法律 87号--
改正平成14・7・31・法律100号--
改正平成17・10・21・法律102号--(施行=平19年10月1日)
改正平成24・5・8・法律 30号--(施行=平24年10月1日)

第1章 遭難船舶

第1条 遭難船舶救護ノ事務ハ最初ニ事件ヲ認知シタル市町村長之ヲ行フ
第2条 遭難船舶アルコトヲ発見シタル者ハ遅滞ナク最近地ノ市町村長又ハ警察官吏ニ報告スヘシ
 警察官吏ニ於テ報告ニ接シタルトキハ市町村長ニ通知スヘシ
第3条 遭難船舶アルコトヲ認知シタルトキハ市町村長ハ直ニ現場ニ臨ミ救護ニ必要ナル処分ヲ為スヘシ
第4条 警察官吏ハ救護ノ事務ニ関シ市町村長ヲ助ケ市町村長現場ニ在ラサルトキハ之ニ代リ其ノ職務ヲ執行スヘシ
第5条 救護ハ船長ノ意ニ反シテ之ヲ為スコトヲ得ス
 前項ノ規定ハ市町村長ニ於テ船長ノ人命ヲ保護スル手段ヲ不充分ナリト認メ又ハ船長ニ悪意アリト認メタル場合ニハ之ヲ適用セス
第6条 市町村長ハ救護ノ為人ヲ招集シ船舶車馬其ノ他ノ物件ヲ徴用シ又ハ他人ノ所有地ヲ使用スルコトヲ得
 前項ノ規定ニ依リ招集セラレタル者ハ市町村長ノ指揮ニ従ヒ救護ニ従事スヘシ
第7条 市町村長ハ救護ニ際シ必要ナラスト認ムル者、妨害ヲ為シタル者又ハ不正ノ行為ヲ為シタル者ヲ退去セシムルコトヲ得
 市町村長ハ救護ニ際シ暴行ヲ為シタル者ノ身体ヲ拘束スルコトヲ得
 市町村長前項ノ処分ヲ為スニ当リ助力ヲ命セラレタル者ハ之ヲ拒ムコトヲ得ス
第8条 市町村長ハ救護ニ際シ遭難物件ヲ隠匿シタル者アリト認ムルトキハ其ノ物件ヲ捜索シ又ハ之ヲ差押フルコトヲ得
第9条 市町村長ハ遭難船舶其ノ他救上ケタル物件及前条ノ規定ニ依リ差押ヘタル物件ヲ保管スヘシ
 前項ノ物件中ニ郵便物又ハ民間事業者による信書の送達に関する法律(平成14年法律第99号)第2条第3項ニ規定スル信書便物アルトキハ市町村長ハ遅滞ナク最寄ノ日本郵便株式会社ノ事業所(郵便ノ業務ヲ行フモノニ限ル)又ハ同条第6項ニ規定スル一般信書便事業者若ハ同条第9項ニ規定スル特定信書便事業者ノ事業所ニ引渡スヘシ
《改正》平14法100
《改正》平17法102
《改正》平24法030
第10条 船長ハ遭難後遅滞ナク船難報告書ヲ作リ市町村長ニ差出スヘシ但シ船舶国籍証書ノ交付ヲ申請スルコトヲ要セサル船舶又ハ湖川港湾ノミヲ限リ航行スル船舶ノ遭難ニ付テハ此ノ限ニアラス
 市町村長ハ報告書ノ事実ヲ審査シ相当ト認ムルトキハ船長ノ請求ニ依リ認証ヲ与フヘシ
 市町村長ハ報告書ノ事実ヲ審査スル為船内書類ノ提出ヲ命シ又ハ船員、旅客其ノ他船中ニ在リタル者ヲ呼出シ訊問ヲ為スコトヲ得
第11条 市町村長ハ救上ケタル物件左ニ掲クル事項ノ一ニ該当スト認メタルトキハ之ヲ公売シ其ノ代金ヲ保管スヘシ
一 物件久ニ耐ヘ難キコト又ハ著シク其ノ価格ヲ減スル虞アルコト
二 爆発物、容易ニ燃焼スヘキ物又ハ其ノ他ノ物件ニシテ保管上危険ノ虞アルコト
三 保管ノ費用其ノ物件ノ価格ニ超過シ又ハ其ノ価格ニ比シ不相当ナルコト
 前項ノ規定ニ依リ公売ヲ為サントスル場合ニ於テ船長其ノ地ニ在ルトキハ市町村長ハ期間ヲ定メ其ノ期間内ニ市町村長ノ相当ト認ムル担保ヲ供シテ物件ノ引渡ヲ請求セサルトキハ公売ニ付スヘキ旨ヲ船長ニ告知スヘシ
 遭難船舶ノ所在地船籍港ナルトキハ前項ノ告知ハ船舶所有者ニ之ヲ為スヘシ
 船長又ハ船舶所有者ニ於テ第2項ノ規定ニ依リ物件ノ引渡ヲ請求シタルトキハ公売ヲ為スコトヲ得ス
第12条 救護ニ関係シタル者ハ市町村長ヨリ救護費用ノ支給ヲ受クルコトヲ得
 前項ノ規定ハ左ニ掲クル者ニハ之ヲ適用セス
一 救護セラレタル船舶ノ所有者又ハ其ノ船舶ノ船員
二 故意、懈怠又ハ過失ニ因リ遭難ヲ惹起シタル者
三 第5条ノ規定ニ違反シテ救護シタル者
四 救護ニ際シ妨害ヲ為シ又ハ不正ノ行為ヲ為シタル者
五 遭難物件ヲ持去リ又ハ其ノ引渡ヲ拒ミタル者
第13条 左ニ掲クルモノヲ以テ救護費用トス
一 救護ニ関係シタル者ノ労務ノ報酬
二 第6条ノ規定ニ依リ土地ノ使用又ハ物件ノ徴用ニ対スル補償
三 救上ケタル物件ノ運搬、保管又ハ公売ニ要シタル費用
第14条 救護費用ノ支給ヲ受ケントスル者ハ市町村長ノ指定スル期間内ニ其ノ金額ヲ申立ツヘシ
 前項ノ手続ヲ為ササル者ハ救護費用ノ支給ヲ受クルコトヲ得ス
第15条 救護費用ノ金額ハ命令ノ規定ニ依リ市町村長之ヲ定ム
 市町村長ハ救護費用ノ金額ヲ船長ニ告知シ期間ヲ定メテ之ヲ納付セシムヘシ
 遭難船舶ノ所在地船籍港ナルトキ又ハ船長在ラサルトキハ前項ノ告知ハ船舶所有者ニ之ヲ為スヘシ
第16条 船長又ハ船舶所有者ハ救護費用ヲ納付シテ市町村長ノ保管ニ係ル金銭其ノ他ノ物件ノ引渡ヲ受クヘシ
 船長又ハ船舶所有者ニ於テ市町村長ノ相当ト認ムル担保ヲ供スルトキハ前項ノ金銭其ノ他ノ物件ノ全部若ハ一部ノ引渡ヲ受クルコトヲ得
 左ニ掲クル物件ハ前2項ノ規定ニ拘ラス其ノ引渡ヲ受クルコトヲ得
一 船員ノ所持品
二 船員及旅客ノ食料
三 運送賃ヲ支払フコトナクシテ船中ニ携帯スル旅客ノ手荷物
四 第17条第2項ニ掲クル物件
 市町村長ノ保管スル船舶又ハ積荷ヲ売却シ抵当ト為シ又ハ質入セントスルトキハ市町村長ノ認可ヲ受クヘシ此ノ場合ニ於テ市町村長必要アルト認ムルトキハ之ニ立会フヘシ
 前項ノ処分ニ因リ取得シタル金銭其ノ他ノ物件ハ市町村長之ヲ保管スヘシ
 市町村長ニ於テ第11条又ハ前項ノ規定ニ依リ金銭ヲ保管スル場合ニ其ノ金銭救護費用ノ金額ニ達シタルトキハ直ニ其ノ金銭ヲ以テ救護費用ヲ支弁シ其ノ残額ハ保管ニ係ル他ノ物件ト共ニ船長又ハ船舶所有者ニ引渡スヘシ
第17条 船長又ハ船舶所有者ニ於テ市町村長ノ定メタル期間内ニ救護費用ヲ納付セサルトキハ市町村長ハ保管ノ物件又ハ担保トシテ差出シタル物件ヲ公売シ其ノ代金ヲ保管スヘシ
 前項ノ規定ハ市町村長ニ於テ公売ヲ為スモ其ノ代金ヲ以テ公売ノ費用ヲ償フニ足ラスト認メタル物件ニハ之ヲ適用セス
第18条 市町村長ハ納付ヲ受ケタル金額又ハ其ノ保管ニ係ル金銭ヲ以テ救護費用ヲ支弁スヘシ
第19条 船長又ハ船舶所有者救護費用ヲ納付セサル場合ニ於テ第17条ニ定ムル手続ヲ為シタル後市町村長ノ保管ニ係ル金額ヲ以テ救護費用ヲ支弁スルニ残余アルトキハ船長又ハ船舶所有者ニ之ヲ還付ス
《改正》平11法087
《1項削除》平11法087
第20条 本章ノ規定ハ市町村長ノ招集ヲ待タスシテ救護ニ従事シタル者ニ亦之ヲ適用ス但シ市町村長ニ於テ救護ニ干与セサルトキハ此ノ限ニアラス
第21条 本章中船長ニ関スル規定ハ船長ニ代リテ其ノ職務ヲ行フ者ニ亦之ヲ適用ス
第22条 第1条乃至第4条第5条第1項、第6条乃至第9条第12条乃至第14条第15条第1項第2項、第18条第20条第21条ノ規定ハ海軍艦船其ノ他官庁ノ所有スル船舶ニ亦之ヲ準用ス
《改正》平11法087
第23条 本章ノ規定ハ条約ニ別段ノ定アル場合ニハ之ヲ適用セス

第2章 漂流物及沈没品

第24条 漂流物又ハ沈没品ヲ拾得シタル者ハ遅滞ナク之ヲ市町村長ニ引渡スヘシ但シ其ノ物件ノ所有者分明ナル場合ニ於テハ拾得ノ日ヨリ7日以内ニ限り直ニ其ノ所有者ニ引渡スコトヲ得
 前項但書ノ場合ニ於テハ拾得者ハ所有者ヨリ河川ニ漂流スル材木ニ在リテハ其ノ価格ノ15分ノ1、其ノ他ノ漂流物ニ在リテハ其ノ物件ノ価格ノ10分ノ1、沈没品ニ在リテハ其ノ物件ノ価格ノ3分ノ1ニ相当スル金額以内ノ報酬ヲ受クルコトヲ得
第25条 市町村長ハ引渡ヲ受ケタル物件ヲ保管スヘシ
 市町村長ハ前項ノ物件ヲ所有者ニ引渡スヘキコトヲ公告スヘシ但シ其ノ所有者知レタルトキハ公告スヘキ事項ヲ直ニ其ノ所有者ニ告知スヘシ此ノ場合ニ於テハ公告ヲ須ヰサルコトヲ得
第26条 第11条第1項ノ規定ハ漂流物及沈没品ニ之ヲ準用ス
第27条 市町村長ニ於テ第25条ノ公告又ハ告知ヲ為シタル日ヨリ6箇月(沈没品中政令ヲ以テ定ムルモノニ在リテハ1箇年)以内ニ限リ所有者ハ河川ニ漂流スル材木ニ在リテハ其ノ価格ノ15分ノ1、其ノ他ノ漂流物ニ在リテハ其ノ物件ノ価格ノ10分ノ1、沈没品ニ在リテハ其ノ物件ノ価格ノ3分ノ1ニ相当スル金額並公告、保管、公売又ハ評価ニ要シタル費用ヲ市町村長ニ納付シテ物件ノ引渡ヲ受クルコトヲ得
 前項ノ場合ニ於テハ市町村長ハ拾得者ニ河川ニ漂流スル材木ニ在リテハ其ノ価格ノ15分ノ1、其ノ他ノ漂流物ニ在リテハ其ノ物件ノ価格ノ10分ノ1、沈没品ニ在リテハ其ノ物件ノ価格ノ3分ノ1ニ相当スル金額ヲ支給ス
 物件ノ価格ハ市町村長之ヲ定ム但シ鑑定人ヲシテ之ヲ評価セシムルコトヲ得
第28条 前条ノ期間内ニ所有者物件ノ引渡ヲ請求セサルトキ又ハ物件ノ引渡ヲ請求セサル意思ヲ表示シタルトキハ市町村長ハ期間ヲ定メ其ノ期間内ニ物件ノ引渡ヲ受クヘキコトヲ拾得者ニ告知スヘシ
 拾得者ハ前項ノ期間内ニ公告、保管、公売又ハ評価ニ要シタル費用ヲ市町村長ニ納付シ物件ノ引渡ヲ受クルニ因リテ其ノ所有権ヲ取得ス
 拾得者ニ於テ前項ノ期間内ニ物件ノ引渡ヲ受ケサルトキハ市町村長ハ其ノ物件ヲ公売シ其ノ代金ヨリ前項ノ費用ヲ控除スヘシ此ノ場合ニ於テ残余アルトキハ市町村ノ取得トス
《改正》平11法087
第29条 警察官吏ニ於テ鉱路、錨地又ハ建造物ニ障害ヲ為スト認メタル漂流物又ハ沈没品ヲ取除キタル場合ニ於テハ警察官吏ハ其ノ物件ヲ市町村長ニ引渡スヘシ
 前項ニ依リ市町村長ニ於テ引渡ヲ受ケタル物件ニ付テハ第11条第1項及第25条第2項ノ規定ヲ適用ス
第30条 前条ニ依リ公告若ハ告知ヲ為シタル日ヨリ6箇月以内ニ所有者物件ノ引渡ヲ請求シタルトキハ市町村長ハ所有者ヲシテ取除、保管及公告ニ要シタル費用ヲ納付セシム之ニ其ノ物件ヲ引渡スヘシ
 前項ノ期間内ニ物件ノ引渡ヲ請求スル者ナキトキハ市町村長ハ其ノ物件ヲ公売シ其ノ代金ヲ以テ取除、保管、公告及公売ニ要シタル費用ヲ支弁スヘシ此ノ場合ニ於テ残余アルトキハ市町村ノ取得トス
《改正》平11法087

第3章 雑 則

第30条ノ2 行政手続法(平成5年法律第88号)第3章ノ規定ハ第6条又ハ第7条第3項ノ処分ニハ之ヲ適用セズ
第30条ノ3 本法ニ定ムルモノノ外本法施行ニ関シ必要ナル事項ハ政令ヲ以テ之ヲ定ム

第4章 罰 則

第31条 遭難船舶救護ノ場合ニ於テ左ノ各号テ該当スル者ハ50円以下ノ罰金ニ処ス
一 正当ノ理由ナクシテ市町村長ノ招集ニ応セス又ハ物件ノ徴用若ハ土地ノ使用ヲ拒ミタル者
二 第6条第2項ノ規定ニ違反シタル者
三 第7条第3項ノ規定ニ違反シタル者
第32条 遭難船舶救護ノ場合ニ於テ妨害ヲ為シタル者ハ1月以上6月以下ノ重禁錮ニ処シ20円以下ノ罰金ヲ附加ス
第33条 第10条第1項ノ手続ヲ為スコトヲ怠リタル者ハ5円以上50円以下ノ罰金ニ処ス
第34条 詐偽ノ所為ヲ以テ船難報告書ニ認証ヲ受ケタル者ハ11日以上6月以下ノ重禁錮ニ処シ又ハ30円以上300円以下ノ罰金ニ処ス
第35条ノ1 刑法第385条第387条ノ規定ハ沈没品ニ亦之ヲ適用ス
第35条ノ2 漂流ノ物件ニ対シ現存スル記号ヲ塗抹毀損シ若ハ新ニ附記押捺シタル者ハ2円以上20円以下ノ罰金ニ処ス