houko.com 

歯科医師法の一部を改正する法律

  平成8・6・21・法律 92号  
歯科医師法(昭和23年法律第202号)の一部を次のように改正する。

第11条中
「左の」を「次の」に改め、
同条第1号を次のように改める。
一 学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学(第16条の2第1項において単に「大学」という。)において、歯学の正規の課程を修めて卒業した者

第11条第2号中
「口くう衛生」を「口腔衛生」に、
「もの。」を「もの」に改め、
同条第3号中
「且つ」を「かつ」に、
「もの。」を「もの」に改める。

第3章の次に次の1章を加える。
第3章の2 臨床研修
第16条の2 歯科医師は,免許を受けた後も、1年以上大学若しくは大学の歯学部若しくは医学部の附属施設である病院(歯科医業を行わないものを除く。)又は厚生大臣の指定する病院若しくは診療所において、臨床研修を行うように努めるものとする。
 厚生大臣は、前項の指定をしようとするときは、あらかじめ、医療関係者審議会の意見を聴かなければならない。
 第1項の規定の適用については、外国の病院又は診療所で、厚生大臣が適当と認めたものは、同項の厚生大臣の指定する病院又は診療所とみなす。
第16条の3 前条第1項に規定する病院又は診療所の長は、当該病院又は診療所において同項の規定による臨床研修を行つた者があるときは、当該臨床研修を行つた旨を厚生大臣に報告するものとする。
 前条第3項の規定により同条第1項の厚生大臣の指定する病院又は診療所とみなされた病院又は診療所において同項の規定による臨床研修を行つた者は、当該臨床研修を行つた旨を厚生大臣に報告するものとする。
第16条の4 この章に規定するもののほか、第16条の2第1項の指定並びに前条第1項及び第2項の報告に関して必要な事項は、省令で定める。

第44条中
「(昭和22年法律第26号)」を削る。
附 則
(施行期日)
第1条 この法律は、公布の日から起算して60日を経過した日から施行する。
(経過措置)
第2条 この法律の施行前に歯科医師免許を受けた者については、この法律による改正後の歯科医師法第3章の2の規定は適用しない。この法律の施行前に行われた歯科医師国家試験に合格した者又は国民医療法施行令の一部を改正する勅令(昭和21年勅令第402号)附則第2項の規定に該当する者であって、この法律の施行後歯科医師免許を受けたものについても、同様とする。
(医療法の一部改正)
第3条 医療法(昭和23年法律第205号〉の一部を次のように改正する。
第35条第1項中
「左の」を「次の」に改め、
同項第2号中
「第16条の2第1項」の下に「若しくは歯科医師法第16条の2第1項」を加え、
「行なわせる」を「行わせる」に改める。
(公衆衛生修学資金貸与法の一部改正)
第4条 公衆衛生修学資金貸与法(昭和32年法律第65号)の一部を次のように改正する。
第7条第3項中
「第16条の2第1項」の下に「又は歯科医師法(昭和23年法律第202号)第16条の2第1項」を加え、
「行ない」を「行い」に改める。