houko.com 

農業機械化促進法の一部を改正する法律

  平成5・6・16・法律 69号  
農業機械化促進法(昭和28年法律第252号)の一部を次のように改正する。

目次中
「第1章の2 高性能農業機械導入基本方針等(第5条の2-第5条の4)」を
「第1章の2 高性能農業機械等の試験研究、実用化の促進及び導入(第5条の2-第5条の8)」に、
「(第17条)」を「(第17条-第19条)」に改める。

第1条中
「高性能農業機械」を「高性能農業機械等」に改め、
「計画的な」の下に「試験研究、実用化の促進及び」を加える。

第2条に次の3項を加える。
 この法律において、「高性能農業機械」とは、農作業の効率化又は農作業における身体の負担の軽減に資する程度が著しく高く、かつ、農業経営の改善に寄与する農業機械をいう。
 この法律において、「農業機械化適応農業資材」とは、肥料、農薬その他の農業資材のうち政令で定めるものであつて、農機具を使用した農作業を効率的に行うのに必要な性状を有することによつて農業機械化の促進に寄与すると認められるものをいう。
 この法律において、「高性能農業機械等」とは、高性能農業機械及び農業機械化適応農業資材をいう。

「第1章の2 高性能農業機械導入基本針等」を
「第1章の2 高性能農業機械等の試験研究、実用化の促進及び導入」に改める。

第5条の2を次のように改める。
(高性能農業機械等の試験研究、実用化の促進及び導入に関する基本方針)
第5条の2 農林水産大臣は、政令で定めるところにより、高性能農業機械等の試験研究、実用化の促進及び導入に関する基本方針(以下「基本方針」という。)を定めなければならない。
 基本方針においては、次に掲げる事項を定めるものとする。
一 生物系特定産業技術研究推進機構が行う高性能農業機械等の開発に関する試験研究の対象とすべき高性能農業機械等、その目標及びその実施方法に関する事項
二 高性能農業機械実用化促進事業(生物系特定産業技術研究推進機構が行う高性能農業機械の開発に関する試験研究の成果の実用化を促進するために必要な技術の確立並びに当該技術に係る設備及び情報の提供を行う事業をいう。以下同じ。)の対象とすべき高性能農業機械、その目標及びその実施方法に関する事項
三 特定高性能農業機械(高性能農業機械のうち農業経営の改善のために計画的に導入を促進する必要がある農業機械で政令で定めるものをいう。以下同じ。)の種類ごとの導入に関する目標及びその導入を効果的に行うために必要な条件に関する事項
四 その他高性能農業機械等の試験研究、実用化の促進及び導入に関し必要な事項
 農林水産大臣は、情勢の推移により必要が生じたときは、基本方針を変更するものとする。
 農林水産大臣は、基本方針を定め、又はこれを変更しようとするときは、第2項第2号に掲げる事項について通商産業大臣に協議し、かつ、農業機械化審議会の意見を聴かなければならない。
 農林水産大臣は、基本方針を定め、又はこれを変更したときは、遅滞なく、これを公表しなければならない。

第5条の3の見出しを
「(都道府県の導入計画)」に改め、
同条第1項中
「高性能農業機械に」を「特定高性能農業機械に」に、
「高性能農業機械導入基本方針」を「基本方針」に、
「高性能農業機械導入計画」を「導入計画」に改め、
同条第2項中
「高性能農業機械導入計画」を「導入計画」に改め、
同項第1号中
「高性能農業機械」を「特定高性能農業機械」に改め、
同項第3号中
「高性能農業機械」を「特定高性能農業機械を導入する者の備えるべき条件その他特定高性能農業機械」に、
「行なう」を「行う」に改め、
同項第4号中
「高性能農業機械」を「特定高性能農業機械」に改め、
同項第5号中
「高性能農業機械」を「特定高性能農業機械」に改め、
同号を同項第6号とし、
同項第4号の次に次の1号を加える。
五 特定高性能農業機械を使用した農作業の安全性の確保に関する事項

第5条の3第3項を次のように改める。
 導入計画の内容は、当該都道府県における農業経営の動向に即して特定高性能農業機械の適切な導入を促進することにより、農業構造の改善に資するものでなければならない。

第5条の3第4項中
「高性能農業機械導入計画を定めたときは」を「導入計画を定め、又はこれを変更したときは」に改める。

第5条の4の見出しを
「(導入計画と国の援助等)」に改め、
同条中
「高性能農業機械の」を「特定高性能農業機械の」に、
「行なう」を「行う」に、
「高性能農業機械導入計画」を「導入計画」に改める。

第1章の2中
第5条の4の次に次の4条を加える。
(実用化促進計画の認定)
第5条の5 基本方針に基づいて高性能農業機械実用化促進事業を実施しようとする者(基本方針に基づいて高性能農業機械実用化促進事業を実施する法人を設立しようとする者を含む。)は、高性能農業機械実用化促進事業に関する計画(以下「実用化促進計画」という。)を作成し、これを農林水産大臣に提出して、当該実用化促進計画が適当である旨の認定を受けることができる。
 実用化促進計画には、次に掲げる事項を記載しなければならない。
一 高性能農業機械実用化促進事業の内容及び実施時期
二 高性能農業機械実用化促進事業を実施するのに必要な資金の額及びその調達方法
 農林水産大臣は、第1項の認定の申請があつた場合において、その実用化促進計画が、次の各号に該当するものであると認めるときは、その認定をするものとする。
一 前項第1号に掲げる事項が基本方針に照らし適切なものであること。
二 前項第2号に掲げる事項が高性能農業機械実用化促進事業を確実に遂行するために適切なものであること。
 農林水産大臣は、第1項の認定をしようとするときは、通商産業大臣に協議しなければならない。
(実用化促進計画の変更等)
第5条の6 前条第1項の認定を受けた者(その者の設立に係る同項の法人を含む。以下「認定事業者」という。)は、当該認定に係る実用化促進計画を変更しようとするときは、農林水産大臣の認定を受けなければならない。
 農林水産大臣は、認定事業者が認定に係る実用化促進計画(前項の規定による変更の認定があつたときは、その変更後のもの。以下「認定計画」という。)に従つて高性能農業機械実用化促進事業を行つていないと認めるときは、その認定を取り消すことができる。
 前条第3項及び第4項の規定は、第1項の認定について準用する。
(指導及び助言)
第5条の7 国は、認定事業者に対し、高性能農業機械実用化促進事業の円滑な実施に必要な指導及び助言を行うものとする。
(報告の徴収)
第5条の8 農林水産大臣は、認定事業者に対し、高性能農業機械実用化促進事業の実施状況について報告を求めることができる。

第16条各号列記以外の部分中
「改良」を「改良等」に、
「調査並びに」を「調査等並びに」に改め、
同条第5号を同条第7号とし、
同条第4号中
「第1号」の下に「及び第3号」を加え、
同号を同条第6号とし、
同条中
第3号を第5号とし、
第2号を第4号とし、
第1号の次に次の2号を加える。
二 認定計画に係る高性能農業機械実用化促進事業の実施に必要な資金の出資を行うこと。
三 農業機械化適応農業資材の開発に関する試験研究及び調査を行うこと。

第16条に次の1項を加える。
 前項第1号に掲げる業務(高性能農業機械の開発に関するものに限る。)及び同項第3号に掲げる業務は、基本方針に従つて行うものとする。

第17条中
「20万円」を「50万円」に改め、
同条の次に次の2条を加える。
第18条 第5条の8の規定による報告をせず、又は虚偽の報告をした者は、20万円以下の罰金に処する。
第19条 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、前2条の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても、各本条の刑を科する。
附 則
(施行期日)
第1条 この法律は、公布の日から起算して3月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。
平成5年8月2日(平5政257)
(罰則に関する経過措置)
第2条 この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。
(地方税法の一部改正)
第3条 地方税法(昭和25年法律第226号)の一部を次のように改正する。
第73条の4第1項第6号の2中
「第16条第1号」を「第16条第1項第1号」に改める。

第349条の3第27項中
「第16条第1号又は第2号」を「第16条第1項第1号又は第4号」に、
「同法第16条第1号」を「同項第1号」に、
「同条第2号」を「同項第4号」に改める。

第586条第2項第27号の4及び第701条の34第3項第14号中
「第16条第1号」を「第16条第1項第1号」に改める。

第701条の41第1項の表第4号の2中
「第16条第2号」を「第16条第1項第4号」に改める。
(生物系特定産業技術研究推進機構法の一部改正)
第4条 生物系特定産業技術研究推進機構法(昭和61年法律第82号)の一部を次のように改正する。
第29条第2項中
「第16条」を「第16条第1項」に改める。