houko.com 

診療放射線技師法の一部を改正する法律

  平成5・4・28・法律 29号  
診療放射線技師法(昭和26年法律第226号)の一部を次のように改正する。

目次中
「第4章 業務(第24条-第27条)」を
「第4章 業務等(第24条-第30条)
 第5章 罰則(第31条-第35条)」に改める。

第3条第2項を削る。

第4条中
「免許」を「前条の規定による免許(第20条第2号を除き、以下「免許」という。)」に改める。

第5条第2号中
「業務」の下に「(第24条の2に規定する業務を含む。同条及び第26条第2項を除き、以下同じ。)」を加える。

第9条第5項及び第11条第2項を削る。

第20条第2号中
「第3条第1項」を「第3条」に改める。

第21条第3項を削る。

「第4章 業務」を「第4章 業務等」に改める。

第24条第2項を削り、
同条の次に次の1条を加える。
(画像診断装置を用いた検査の業務)
第24条の2 診療放射線技師は、第2条第2項に規定する業務のほか、保健婦助産婦看護婦法(昭和23年法律第203号)第31条第1項及び第32条の規定にかかわらず、診療の補助として、磁気共鳴画像診断装置その他の画像による診断を行うための装置であつて政令で定めるものを用いた検査(医師又は歯科医師の指示の下に行うものに限る。)を行うことを業とすることができる。

第25条第2項及び第26条第3項を削る。

第27条第4項を削り、
同条を第28条とし、
同条の前に次の1条を加える。
(他の医療関係者との連携)
第27条 診療放射線技師は、その業務を行うに当たつては、医師その他の医療関係者との緊密な連携を図り、適正な医療の確保に努めなければならない。

第28条の次に次の2条及び1章を加える。
(秘密を守る義務)
第29条 診療放射線技師は、正当な理由がなく、その業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。診療放射線技師でなくなつた後においても、同様とする。
(経過措置)
第30条 この法律の規定に基づき命令を制定し、又は改廃する場合においては、その命令で、その制定又は改廃に伴い合理的に必要と判断される範囲内において、所要の経過措置(罰則に関する経過措置を含む。)を定めることができる。

第5章 罰 則
第31条 次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
一 第24条の規定に違反した者
二 虚偽又は不正の事実に基づいて免許を受けた者
第32条 第21条第1項の規定に違反して、故意若しくは重大な過失により事前に試験問題を漏らし、又は故意に不正の採点をした者は、6月以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。
第33条 次の各号のいずれかに該当する者は、30万円以下の罰金に処する。
一 第9条第2項の業務停止の処分に違反して業務を行つた者
二 第26条第1項又は第2項の規定に違反した者
三 第29条の規定に違反して、業務上知り得た人の秘密を漏らした者
 前項第3号の罪は、告訴を待つて、論ずる。
第34条 第25条の規定に違反した者は、20万円以下の罰金に処する。
第35条 次の各号のいずれかに該当する者は、20万円以下の過料に処する。
一 第11条の規定に違反した者
二 第28条第1項の規定に違反した者
附 則
 この法律は、公布の日から施行する。ただし、目次の改正規定(「第4章 業務(第24条1第27条)」を「第4章 業務等(第24条-第30条)」に改める部分を除く。)、第3条第2項を削る改正規定、第4条の改正規定、第9条第5項及び第11条第2項を削る改正規定、第20条の改正規定、第21条第3項、第24条第2項、第25条第2項、第26条第3項及び第27条第4項を削る改正規定並びに第28条の次に2条及び1章を加える改正規定(第30条に係る部分を除く。)は、公布の日から起算して1月を経過した日から施行する。
 この法律の施行前にしたこの法律による改正前の診療放射線技師法の規定に違反する行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。