日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法
[最初]
第1条(目的)
第2条(定義)
第3条(法定特別永住者)
第4条(特別永住許可)
第5条
第6条(特別永住許可書の交付)
第7条(特別永住者証明書の交付)
第8条(特別永住者証明書の記載事項等)
第9条(特別永住者証明書の有効期間)
第10条(住居地の届出)
第11条(住居地以外の記載事項の変更届出)
第12条(特別永住者証明書の有効期間の更新)
第13条(紛失等による特別永住者証明書の再交付)
第14条(汚損等による特別永住者証明書の再交付)
第15条(特別永住者証明書の失効)
第16条(特別永住者証明書の返納)
第17条(特別永住者証明書の受領及び提示等)
第18条(本人の出頭義務と代理人による申請等)
第19条(本人の出頭義務と代理人による届出等)
第20条(上陸のための審査の特例)
第21条(在留できる期間等の特例)
第22条(退去強制の特例)
第23条(再入国の許可の有効期間の特例等)
第24条(事務の区分)
第25条(政令等への委任)
第26条(罰則)
第27条
第28条
第29条
第30条
第31条
第32条
第33条(過料)
第34条
附 則
第1条(施行期日)
第2条(特別永住許可の申請に関する経過措置)
第3条(退去強制に関する経過措置)
第4条(旧日韓特別法に基づく永住の許可を受けて在留していた者に関する特例)